fbpx

英語の勉強法

英作文の得点アップ!豊かな表現を使いこなそう

表現の豊かさが足りず、自分の書く英文はなんだか味気ないと感じている人は
多いのではないのでしょうか。
このような時に役立つのが副詞です。

副詞は形容詞や動詞、また文全体にさまざまな意味を加えることができるので、
使いこなすことでとても豊かな表現が可能になります。
IELTSなどの英作文でも副詞を巧みに使えることはとても重要です。
しかし英作文をする際に、どのような副詞をどこに入れて使ったらいいのか
迷ったことのある人は多いのではないでしょうか。

今回は英作文でよく使う副詞(または副詞の役割りをする副詞句)と
その使い方についてご紹介したいと思います。

 

●Manner 「どのようにか」

例えば
She ate the cake.
「彼女はそのケーキを食べた」

どのように食べたのかをより具体的に表したいとしたら
She ate the cake quickly.
「彼女は素早くそのケーキを食べた」

このようにquicklyを足すと「素早く」という意味が「食べた」に加えられます。
この「どのようにか」を表す副詞は文の最後、または文の途中で使います
文の途中に使う場合はShe quickly ate the cake. のように
主語と動詞の間に入ります。

「どのようにか」を表す副詞は他にも
slowly(ゆっくり)、happily(幸せそうに)、beautifully(美しく)などたくさんあります。

 

●Place 「どこでなのか」

例えば
She ate the cake here.
「彼女はここでそのケーキを食べた」

このように hereを付けると「ここで」という意味が「食べた」に付け加えられます。
この場所を表す副詞はたいてい文末に来ます

Here she comes! 「ほら、彼女が来たよ!」のように文頭に使うこともありますが、
この使い方はまれです。

「どこでなのか」を表す副詞は他にも
there(そこで)、over there (あっちで)、outside(そとで)などがあります。

 

●Time 「いつなのか」

例えば
She ate the cake yesterday.
「彼女はそのケーキを昨日食べた」

このように yesterdayを付けることで「昨日」という意味を付け加えることができます。
「いつなのか」を表す副詞は文末に来ることが多く、
「いつなのか」を強調したいときにのみ文頭につけます。

「いつなのか」を表す副詞は他にも
today(今日)、tomorrow(明日)、the day after tomorrow(明後日)、
the day before yesterday(一昨日)、on Monday(月曜日に)、
in 2017(2017年に)など
たくさんあります。

 

●「どのようになのか」「どこでなのか」「いつなのか」を
組み合わせてつなげて文末で使う場合

例えば
He played① beautifully ②in the match ③yesterday.
「彼は昨日試合でとても華麗なプレイを見せた」

このように①「どのようになのか」、②「どこでなのか」、③「いつなのか」の順番で
使われることが多いです。
この順番でなければいけないというよりも、ネイティブスピーカーにとって
これが自然な感じのする順番であると思うといいですね。

あるいは・・・
She happily ate the cake ①here ②the day before yesterday.
「彼女は一昨日幸せそうにここでケーキを食べた」

このように happilyは主語と動詞の前に入れて、後は文の最後につけることもできますね。
この場合の順番も①「どこでなのか」、②「いつなのか」の順で使われていますね。
IELTSなどで複雑な英文を書く際には、このように副詞を組み合わせて使うことが多いので、
より自然である順番を覚えておくととても便利です。

 

●Frequency 「どれくらいの頻度か」

例えば
She often visits me.
「彼女はよく私を訪ねてくる」

We don’t see him very often.
「彼にはあまり会わない」

Sometimes, he plays the piano for us.
「ときどき、彼はピアノを弾いてくれる」

She is always happy.
「彼女はいつも幸せです」

このようにoften「よく」、very often「とてもよく」、sometimes「ときどき」、always「いつも」を
付けることでどれくらいの頻度なのかを表すことができます。

位置としては主語と一般動詞の間、be動詞の後に来ることが一番多く、
文末に使うこともあります。
文頭につけるのは頻度を強調したいときです。
ただしalwaysやneverなどは通常文頭に使いません。

 

●Degree「どれくらいの程度なのか」

例えば
She really enjoyed talking with my sister.
「彼女は私の姉と話すのを本当に楽しんだ」

このように really「本当に」を付けることで、どれくらい楽しんだのか
程度を表すことができます。

英語はこの程度を表す表現を使うことが多く、この他にも・・・
I like the cookie very much.
「そのクッキーがとても好きです」

このように、単に I like the cookie.「そのクッキーが好きです」と言うよりも
「とても好きです」のように程度を表すvery muchなどを使う方が自然です。

really「本当に」、very「とても」、quite「かなり」などは主語と一般動詞の間、
be動詞の後に使うことが多いです。

これに対して
He ate the cake a bit.
「彼はそのケーキを少しだけ食べた」のように
a bit 「少し」や a lot「とても」は文末に使われることが多いです。

 

●Certainty or obligation 「確信度合い」

例えば
He will probably come to the meeting tomorrow.
「彼はおそらく明日会議に来るだろう」

このように probably「おそらく」を付けることで確信度合いを表すことができます。

確信度合いが高い順に並べてみると・・・
definitely「確実に」→almost certainly「ほぼ間違いなく」→probably「十中八九」→
perhaps/maybe「ひょっとすると」→ possibly「ことによると」

このように細かく表現することができるので、
表現したいことに合わせて使い分けるといいですね。

probably, possibly, certainlyは主語と一般動詞の間、be動詞の後に来て、
maybe, perhapsはコンマと共に文頭で使い
Maybe, he will come to the meeting.
「ひょっとすると、彼は会議に来るかもしれない」
のように使うことが多いです。

 

●Evaluative 「評価」

物事や出来事に対する評価を表す表現として、例えば
Unfortunately, he couldn’t come to the meeting.
「残念なことに彼は会議に来られなかった」

Apparently, he didn’t want to come to the meeting.
「彼が会議に来たくなかったのは明らかです」

このような副詞は辞書には「文修飾」のように書いてあり、文全体を修飾します。
そのため位置も文頭に置かれることが多いです。

この評価を表す副詞は他にも、fortunately/luckily「幸運なことに」や
actually「実のところ」、obviously「明らかに」などがあります。
(参考:Cambridge Dictionary Adverbs and adverb phrases)

 

まとめ

She enjoyed the cake.
「彼女はそのケーキを楽しんだ」
だけではとても味気ないのですが、これに副詞をつけることで

She really enjoyed the cake.
「彼女は本当にケーキを楽しんだ」

She probably enjoyed the cake.
「彼女はおそらくケーキを楽しんだ」

Obviously, she enjoyed the cake.
「明らかに彼女はケーキを楽しんだ」

このようにさまざまな表情を加えることができます。
文のどの位置に入る傾向にあるのかを覚えるのは大変なので、
使いやすい例文をそのまま覚えて、英作文や英会話をする際に
使いながら慣れるといいですね。

 

【必見】英会話の基礎、日常英会話を効果的に習得したいなら

あなたが、身につけるべき英語のスキルは、
英語とどうかかわるか(かかわりたいか)によって異なってきます。

例えば、映画を字幕なしで見れるようになりたいのであれば、
基本的にはリスリング力と語彙力を鍛えればよいのです。

また、ビジネス会話を習得したいような場合は、
まずは実際に現場で使う表現を収集し、
それに対してリスング力、スピーキング力、語彙力を
高めていく方法を取るのがベストです。

これは、ESP(English for Specific Purposes「特定の目的のための英語」)
のための学習法で、この方法で学ぶことで、
非常に短期間で効果をあげることができます。

このESPの学習は「ビジネス」だけではなく、
「技術」や「科学」、「医学」、「観光」、「芸術」、「スポーツ」など、
幅広いジャンルでも応用できます

特定の目的によって、よく使われる語彙や表現、文法までもが限定されるため、
実は市販で販売されている「ビジネス英語」や「おもてなしのための英語」
などの書籍や教材を購入しても、なかなか学習の効果はでにくいのです。

そして、実は、習得するのがなによりも難しいのが「日常会話」です。
ビジネス会話の方が難しいと思っていたかもしれませんが、
実は「日常会話」の方がトピック(話題)が多岐にわたり、
使われる語彙や表現の数も圧倒的に多いのです。
また、新しい言葉が流行と共に次々と生まれてくるため
習得するのが難しくなっています。

では、「日常英会話」を効果的に習得するためにはどうすればよいのでしょうか?

それは、「基礎」+「ESP」という学習方法をとることです。

つまり、まずは日常会話の基礎(通常の会話で頻繁に使用される表現や語彙)を
先に短期間で確実に習得し、
その後、自分の興味のある分野について
(ビジネス、ゲーム、ファッション、食べものなど)、
ESPの学習を繰り返し、話せる分野を広げていくのが最も効率的なのです。

このESPの学習の専門家として、大学や大学院、企業から多数依頼され、
特別な分野で必要な英語能力を短期間で身につけるための教材を数々開発し、
依頼者の予想をはるかに越える実績を出してきた
英語教育のスペシャリストこそが池田和弘先生です。

池田先生は、日本人誰もが、「日常英会話の基礎」を最短で習得できるための
システムを長年研究開発してきました
そしてついに完成した「究極な英会話教材」こそが
「スピークエッセンス」「リッスントーク」なのです。

言語学×脳科学という見地から多くの斬新な理論、
「超スローリスニング」(※1)や「マイクロ会話」(※2)、「日本語の利用」など
を生み出し、教材に組み込んでいます。

(※1)(※2)両理論とも、池田和弘先生が命名し世間に発表しているものです。

これらの「スピークエッセンス」と「リッスントーク」は、
ふたつとも日常英会話のための教材です。(※3)

(※3)「スピークエッセンス」と「リッスントーク」の違い

両者とも高い確率で成果が実証され、多くの方から喜びの声をもらっています。

 

参考:「脳が教える究極の英会話システム(文法のない世界)」

 

関連記事

  1. 劇的に語彙を増やす方法!

  2. 「読み」が隠された秘訣だった!【コラム(2)】

  3. 遊びながら英語を上達させた2人の実例【コラム(6)】

  4. 黙読の効果を知ろう!英語学習に上手く活用する方法

  5. 英語超初心者が独学で英会話ができるようになる勉強法とは?

  6. 「英語初心者」にむいている英会話勉強法 ~中学英語レベルにおすすめ~

PAGE TOP

英語関連インフォ

夏の短期留学!メリットや気をつけるポイント/おすすめの留学先や英会話の準備の方法…

英語関連インフォ

米国のLL.M.というプログラムを知っていますか?小室圭さんはなぜLL.M.から…

英語教材の選び方

絶対おすすめ!英語を学べるネイティブのユーチューブ(YouTube)チャンネルを…

英語関連インフォ

海外駐在するときに必須な英語学習法と駐在のための豆知識!

英語検定

【2019年保存版】結果をだすためにTOEFL iBTの詳細を知ろう!

英語関連インフォ

高校生・大学生よ、英語を学ぶ利点を知り、給付型の奨学金制度で海外留学の夢をつかも…

英語関連インフォ

留学で英語力を伸ばしたい!(留学先や学校選び、留学中の過ごし方が違いを生む)

英語関連インフォ

英語教育が変わる「2020年英語教育改革」って?英語環境の未来と私たちができるこ…

海外情報

フィリピン(セブ)留学の利点や知っておきたいお役立ち情報

英語関連インフォ

Queen(クイーン)の名曲から英語を学ぶ ~ボヘミアン・ラプソディほか~