fbpx

英語の勉強法

映画「アルマゲドン」から学ぶ使える英文法

日本語を活用した英会話習得法
映画「アルマゲドン」から学ぶ使える英文法 仮定法のエッセンス
著者: 池田和弘(大阪観光大学教授)
 
今の時代では、それこそ海外のニュースサイトや動画、学習サイトに簡単にアクセスできます。それなのに、英語を使えるようになる人はほとんどいません。それどころか、途中であきらめてしまう人たちがたくさんいます。つまり、これまでとそれほど事情は変わっていません。

その理由はいくつか考えられますが、一つはやはり文法だろうと思われます。これまでの文法の解説方法はあまりにも複雑だからです。

たとえば、「I will make him help you.」のような、ごくやさしい英文でも、あっという間に難解になってしまいます。SVOC、第5文型、使役動詞、目的語、補語、OをCする、原形不定詞、代名詞の主格・目的格――といった解説がなされるからです。

このように複雑になるのは、「英文を作る」という発想に立っているからで、そのためは、正しいルールを学び、それを使えるようにしないといけない、だから文法を精密にしっかりと理解しようとなるからです。

それも、その解説が本当に精密で正確であれば良いのですが、そうとも言えない点が多々あります。例えば上の「使役動詞」という解説ですが、たとえば、「This present will make her happy.」などの場合のmakeも、やはり「使役」動詞なのでしょうか。

ところが、以前にもお話した通り、英語をとらえる方法はもう1つあります。それは、「作る」とは逆の発想、つまり、「受け取る」という視点に立った文法(受信文法)です。この文法を使うと、必要な解説が激減します。なぜなら、初めから“正しい英文”を使って、その意味を取ろうとするからです。正しい英文には、正しい文法だけでなく、正しい語法も含まれているため、無闇に頭を悩ませる必要がなくなるのです(※)。

(※)昨年、この文法を使って、中学1年生20数人にたいして進行形、動名詞、分詞構文、独立分詞構文までを45分で教えましたが、大変好評で、今年も20人ほどがやって来てくれました。アンケートには“Perfect!”と書いてくれた生徒もいて、大いに盛り上がりました。

素材にこだわる!

さて、文法の発想を変えるとして、つぎに重要なのは素材です。学習者によっては、どのような素材を使っても、自らそこに面白さを発見して前向きに取り組んでいく人もいますが、どちらかというとそれは少数派で、大半の人は素材を「つまらない」(面白くない)と感じます。つまり、「英語以前」のところでつまずいてしまうのです。

これは、ある意味でとても素直な感覚で、実際問題として世の中にはつまらない内容の素材が結構あります。また、たとえば、いくら基礎からやり直すと言っても、大学生や社会人にたいして中学の教科書を使おうとすると、気分が萎えてやる気が起こらないという事も十分に有り得ます(※)。

(※)実は、この点については、大学生や社会人に限らず、高校生たちもとても鋭敏な感覚を持っていて、つまらない英文を即座に見抜きます。彼らの大半は、問題集・教科書の英文や文法書の例文を面白いとは思っていません。
私も、英語を苦手とする学生たちを教え始めたとき、この点に大いに頭を悩ませました。そして、それこそ懸命にあれこれと試行錯誤してみました。その結果、「ほぼ100%うまくいく」と確信を持てる素材にたどり着くことができたのですが、それが映画や洋楽でした。

これは本当に不思議なもので、たとえばUSAフォー・アフリカの「We are the world」などを素材として扱うと、内容も文法もかなり高度ですが、普通なら授業が始まって3分で寝てしまうような学生が目をランランと輝かせて懸命についてきます。また、質問を振っても、何とかして答えようとします。

そこで、今回は映画の主題歌を使って、文法の中でも難解でかつ解説が不十分になりがちな文法ポイント「仮定法」の“肝”の部分を、シンプルに説明したいと思います。

アルマゲドンで英語を斬る!

素材は、映画「アルマゲドン」の主題歌の「I don’t wanna miss a thing」です。好き嫌いはあるでしょうが、取りあえず出だしの歌詞は次のようになっています。

I could stay awake just to hear you breathing.
Watch you smile while you are sleeping while you’re away and dreaming.

この英文はたった2行ですが、重要な文法ポイントがいくつも含まれています。今回は1行目の英文を使って解説したいと思います――と言っても、不思議に思う人もいるかも知れません。どこにも“If”がないからです。

どうして無いかと言うと、実は一般に言われる「仮定法」というのは、いわば枝葉末節の部分で、本当に重要な点は他にあるからです。そこを理解すると、英語の本質に関わる、より大きく深い枠組みの中で、無理なく仮定法を理解し、使えるようになれます。

では、早速つぎの英文の意味を「受け取って」見ましょう。分かりやすいように、まず「意味の塊」で区切っておきます。

I could stay awake / <just> to hear you breathing.

(※)stay awake:起きたままでいる breathe:息をする(ここでは「寝息をする」)
justを< >に入れているのは、to hearをクリアーにつかむためです。to形(不定詞)の意味については過去のコラムスピーキングが英語学習を変える」を参照して下さい。
ヒントとしては、過去形にはつぎの2つの意味があるという点を押さえて下さい(これについては過去のコラム「中学英語で英会話は十分にできる」を参照して下さい)。

①「過去」を表す=「~した」(時間の過去形)
②「想像」を表す=「想像しているだけのことだけど~」(想像の過去形)

(※)②については、「今想像した」の方が分かりやすいという人はそれでも構いませんが、あくまでも「今想像している」です。詳しくは拙著「英語がスラスラ分かるようになる魔法の本」を参照して下さい。

『英語がスラスラ分かるようになる魔法の本』

①の意味は容易に分かりますね。②の意味については、「これは、今私が心の中で想像しているだけなのですが…」という前振りを入れて考えるようにすると、うまく理解することができます。

さて、ではこの英文のcouldはどちらの意味でしょうか――正解は②です。

この文章は、若者が恋人に対する想いを語っている言葉で、直訳すると「(これは今僕が心の中で想像しているだけのことだけど)僕は君が寝息をしているのを聴くだけのためにずっと起きていることだってできる」になります。

これではあまりも直訳過ぎますので、もう少し柔らかく訳すと、「君の寝息を聴くためだけに、ずっと起きていることだってできる」という感じになります。

 恋人がすぐそばで目を閉じて寝ている。その静かな息遣いをいつまでも聴いていたい。ただ聴くためだけのために、ずっと起きていることさえできる。そのぐらい君のことを深く想っている…つまり、couldによって、恋人に対する優しく、深い想いが表現されているわけです。

これを①の意味、つまり「起きていることができた」と「過去」の意味に取ると、この歌詞の伝えるニュアンスを正しく「受け取る」ことはできません。

さて、過去形のこのような使い方は、何もロマンチックな歌詞だけに限られるものではありません。日常会話やビジネス会話においても頻繁に使われます。でも、残念なことに、私たちは大抵の場合、「If+動詞の過去形=仮定法過去=事実に反する仮定」というところから入り、演習を繰り返すため、そのまま頭が固まってしまい、「想像の過去形」の微妙なニュアンスが理解できず、また使うこともできません(※)。

(※)今このコラムを読んでいる人の中にも、英会話をしていて、「このIfがついていない過去形は何を意味するのだろう」とか、「今言おうとしていることは、事実に反する内容だろうか?それだと仮定法過去にしないといけない…」などと悩んだ経験のある人がいるはずです。

会話に応用する!

「想像の過去形」が理解できると、つぎのような英文の意味も正確に「受け取れ」ます。

Could you lower the price?
(価格を下げていただくことは可能でしょうか)

この例では、「今私が想像しているだけのことですが…」という前振りが入ることで、全体の意味がぼやけて、「丁寧な表現」になっています

さらに、Ifを使ったつぎのような文の意味も正確に理解できます。

If we could launch the product by May, / that would give us a major advantage.
(もし製品を5月までに発売できると、私たちにとってとても有利になると思われます)

この例でも、「私が想像しているだけのことですが」という前振りが入ることで、(断定的でない)「控え目な表現」になっています。後ろに続く文でも、それに合わせて「想像の過去形」が使われています。

ちなみに、この文は「未来」について予想しています(※)。

(※)そもそも、英語では、「未来」のことはまだ分からないので、現在からの推測という形で表現します。じつに論理的でクールだとは思いませんか。

もちろん、つぎのような文の意味も理解できます。

I wish / I could speak English well.
(英語がうまく話せたらいいのになぁ)

詳しく見ると、この英文の意味は「反事実」(事実と反対)ですが、それは文脈からそういう意味になるだけのことに過ぎません。つまり、結果的にそうなっているだけのことです。

「受け取る」という発想で考える場合には、意味だけを追いかければ良いので、いちいち事実かどうかを判断する必要がありません。ですので、会話において理解しやすくなるだけでなく、格段に使いやすくなります。

最後に、一般的に教えられている典型的な「仮定法」のケースを見て見ましょう。

If I had enough time and money, / I would enjoy travelling the world by a luxury liner.
(もし十分な時間とお金があれば、豪華客船で世界を旅するのだけれど)

「想像の過去形」が理解できると、英語を深くつかむことができるようになり、英語にたいする感覚自体が大きく変わります。「作る文法」から「受け取る文法へ」。ぜひ「受信文法」(インターフェース・グラマー)の考え方を身に付けて、英語を一気に身近なものにして下さい。

英語にかんする限り、私たちの能力は30%程度しか引き出されていません。これはとても残念なことです。このコラムでは、どうすれば残りの70%の能力を発揮できるかについて、日本語を活用するという手法を中心にさまざまな観点からお話していきます(※)。

(トップ画像 参照:https://hima-cinema.com)

参照: 日本語を活用した英会話習得法
映画「アルマゲドン」から学ぶ使える英文法
https://business.nikkeibp.co.jp/atcl/skillup/15/093000004/042900016/

 

著者: 池田 和弘(いけだ かずひろ)
大阪観光大学国際交流学部教授
京都大学卒業後、通訳養成学校を経て、専門学校や予備校での教鞭、執筆活動を行う。
ベストセラーを記録した著書は数々。その後、大阪大学大学院言語文化研究科にて、
理論的ベースを固め、同大学工学部工学研究科で原子力、ナノフォトニクスの
ESPプログラムを開発・実施。「学習者に優しい」をコンセプトに、認知言語学、
レキシカル・グラマー、エマージェント・グラマー、並列分散処理など
最新の知見を駆使して、「言語学×脳科学」の視点から学習教材を開発できる
日本有数の英語学習法のスペシャリストである。

◇関連リンク
池田和弘オフィシャルブログ
(https://kazuhiroikeda.com)

関連記事

  1. 3つの目的別・隙間時間にスマホで英語学習!

  2. 日本語の中に“カタカナ英語”を混ぜる【コラム(1)】

  3. 英語学習と集中力を高める方法

  4. 英語のスピーチコンテストで勝つための練習法!

  5. 英語のライティングとスピーキングの違いと学習法

  6. 英語のスピーチコンテスト ~「スピーチのコツと心構え」と「勝つための練…

PAGE TOP

英語関連インフォ

夏の短期留学!メリットや気をつけるポイント/おすすめの留学先や英会話の準備の方法…

英語関連インフォ

米国のLL.M.というプログラムを知っていますか?小室圭さんはなぜLL.M.から…

英語教材の選び方

絶対おすすめ!英語を学べるネイティブのユーチューブ(YouTube)チャンネルを…

英語関連インフォ

海外駐在するときに必須な英語学習法と駐在のための豆知識!

英語検定

【2019年保存版】結果をだすためにTOEFL iBTの詳細を知ろう!

英語関連インフォ

高校生・大学生よ、英語を学ぶ利点を知り、給付型の奨学金制度で海外留学の夢をつかも…

英語関連インフォ

留学で英語力を伸ばしたい!(留学先や学校選び、留学中の過ごし方が違いを生む)

英語関連インフォ

英語教育が変わる「2020年英語教育改革」って?英語環境の未来と私たちができるこ…

海外情報

フィリピン(セブ)留学の利点や知っておきたいお役立ち情報

英語関連インフォ

Queen(クイーン)の名曲から英語を学ぶ ~ボヘミアン・ラプソディほか~