fbpx

英語の勉強法

日本にいながらでも身につけられる! スピーキング学習法

英語に限らず言語学習には大きく分けてリスニング、リーディング、ライティング
そしてスピーキングの4つの要素があります。

あなたは英語を学習している中で、どの分野がもっとも得意、または苦手でしょうか?

一般的に日本人はリーティングやライティングが比較的得意だと言われています。
そして、特に苦手だとされているのが、スピーキングです。
これは、4技能別にTOEFL ibtの日本人平均スコアを見れば一目瞭然です。

【広告】会員数50万人突破!25分129円~のマンツーマンレッスンなら「レアジョブ英会話」

日本人のほとんどは、義務教育から英語学習を長年やってきています。
本当は、その期間に、これらすべての4技能が同時に身につき、
総合的な英語力も高めていけるのが望ましいのですが、
実際は、そのような教育を受けられる学校はほとんどありません。

それはなぜかというと、
学校教育は、基本的に大人数で一緒に学習することが前提だからです。

その中でも、アウトプットの能力、つまり、ライティングやスピーキングは
集団で身につけることが最も難しい要素です。

今回はその2つの中で、「スピーキング」にフォーカスし、
「スピーキング力が向上しない原因」と「具体的な勉強法」について
段階的にご紹介したいと思います。

なぜ日本人はスピーキングが苦手なのか?

日本人がスピーキングを苦手としている理由をご存知でしょうか?

「だいたい、スピーキング練習なんてほとんどしていないし」
というごもっともな意見が聞こえてきそうですね。

そうなのです。
結論から言ってしまえば、
「英語を話す時間が圧倒的に少ない」からなのです。

それでは、もう少し具体的に見ていきましょう。

「総合的な英語力」を高めようとする場合、
あなたはどのような勉強を行いますか?

おそらくあなたを含め、多くの人は、まずは書籍や参考書を探し、購入し、
勉強を開始するのではないでしょうか。

その場合、学習効率の良し悪しはさておいて、
「文章を読む」ことで、リーディング力は向上するかもしれません。

また、「使用頻度の高い表現」の英文を暗記することで、
ライティング力も向上するでしょう。

さらに、おそらく付属されているであろうCDを何度も聞いては、
意味がすぐに浮かぶまで反復練習すれば、リスニング力も高まることでしょう。

ところが、書籍や参考書には、基本的にスピーキングの練習がほとんどないのです。
それは、スピーキングは、発音、アクセントなども含め、
英文を発した時に、相手や第3者がそれを理解できるかどうか
判断する必要があるのですが、
書籍では、そういった判定を組み込むことができません。

実は書籍だけではなく、学校教育を含めて、一般的な英語学習では
スピーキング要素を高めるための学習があまりされていないのが現状です。
特に、あなたも長年、英語を学習してきた「学校」という場所では、
先生1人に対しての生徒数が多すぎるため、
それぞれのスピーキング練習の結果を誰がチェックするのかという問題が生じます。
限られた時間内での授業と求められる学習の進行速度を守るため、
ひとりひとりをチェックするなんてことは、ほぼほぼできません。

でも、シンガポールなどを含むアジアの英語圏では、学校でも英語を
身につけられているじゃないかと思う人もいるでしょう。
しかし、それらの国々では、国家政策として、生活で普通に英語が使われており、
周りの人たちがみな、英語を流暢に使いこなせるため、
自然と英語で話す時間が多くなるからなのです。
つまり学校教育だけでなく、日常生活でもいつもスピーキング練習をしている
という恵まれた状況なのです。

【広告】会員数50万人突破!25分129円~のマンツーマンレッスンなら「レアジョブ英会話」

それに対して、日本は、自分の周りに、英語を流暢に話せる人が少ないのが問題で、
学校の英語教員でさえ英語をうまく話せない人が多い状況です。
そのため、どうしても、スピーキング力を高める機会がほとんどなく、
時間的に学習不足となってしまっています。
※近年、学校にはALTとして外国人が派遣されていますが、ひとりの生徒が
その先生と英語で話す時間はそんなに多くありません。

さて、困りましたね。
「日本にいながらでもスピーキング力を身につけられる方法」はないのでしょうか?

いや、ないことはないのですが、いくらか学習法を工夫する必要があります。
それでは見ていきましょう。

スポンサーリンク

1.基本的な重要表現を音読して暗記する

まずは、基本的な英語表現を「音読する」です。
スピーキング力を鍛えるといって、いきなりネイティブと英語で話しても
効果的な学習にはなりません。
なぜなら、表現をあまり知らないので、話したくても話せないからです。
そんな時間があれば、まずは基本表現をどんどん覚えて
頭にインプットすべきです。

そこで、まずは自分の仕事や生活で使う頻度の高い基本文を抽出し、
それを覚えていってください。

その方法ですが、CDなどから、ネイティブの正確な音声を聞き、
それを何度もマネします。
そして、最終的には、文字からでも音読できるようにしてください。

このような感じで自分が使うだろう表現をどんどん覚えていくことが
大切になります。

ただし、市販の書籍などにはめったに使わない表現も多く収録されていますので、
そこは取捨選択して、いらないものはためらわず飛ばして学習していきましょう。

また、自分の言いたいことが書籍や表現集に載っていない場合は、
ネイティブやバイリンガルに尋ねて、表現を書き出し、それを覚えていきましょう。
その際には、正確な発音で一度英文表現を読んでももらい、
それを録音して、あとから何度も聞いて練習できるようにすると良いでしょう。

2.独り言を言う

次のステップは、少し奇妙に聞こえるかもしれませんが、
非常に重要なトレーニングで、「独り言を言う」です。
上記の学習内容を頭の中に定着させて、とっさに口から英語が出るための
トレーニングです。

ここで注目していただきたいのが、「独り言」という点です。

日本人が英語を話せない原因として、「英語を話す機会(時間)の不足」を
指摘しましたが、それをカバーできる方法がこのステップなのです。

一旦、頭にインプットした表現をアウトプットするという単純な練習なのですが、
これを何度も繰り返す一連の動作こそが、実は「スピーキング」であるため、
このトレーニングをすることでスピーキング力は格段に向上します。

しかも、英語を話す相手を必要としないため、いつでもどこでも
効率的に学習ができるのです。

例えば道を歩いている時や、自転車に乗っている時にでも。
頭の中にあるシチュエーションを想像し、
言いたいことを英語で声に出してみてください

少し慣れて来て、インプットの量が増えてくると、
目の前の景色やふとした出来事をすぐに英語で表現する練習もできます。

このステップこそが、日本にいながらスピーキング力を伸ばすために、
とても重要なのです。

3.実際に会話をしてみる

最後の仕上げは、「実際に会話をしてみる」ことです。
ここで初めて自分以外の人が必要となります。

つまり、ここまでは、全て自分一人で学習することができるため、
英語を話す「機会」に左右されず、
学習する「時間」を自分でコントロールすれば良いのです。

実は、スピーキング力の向上において、ほとんどが
ここまでの学習で身につきます。

それでは、このステップはどんな意味があるのかといいますと、
相手の言うこと、トピックの切替えなどに瞬時に対応するための練習と、
「話せる」を実感し、自信と学習のモチベーションを維持するために必要なのです。

このステップにおいて最も難しいことは、やはり会話の相手を見つけることで、
友達にネイティブがいれば、非常に簡単な話なのですが、いない場合は、
外国人が多く集まるバーや、観光地にぶらっと出向き、
自らすすんで外国人に声をかけるのも良いでしょう。

【広告】会員数50万人突破!25分129円~のマンツーマンレッスンなら「レアジョブ英会話」

このステップにおいて、最も一般的で、学習効率も良いのが、オンライン英会話です。
また、英会話スクールに通う何十分の1という費用で済みますし、経済的です。

是非、オンライン英会話を有効に活用してみてください。

【おすすめ】顧客満足度の高い「hanaso」https://www.hanaso.jp/

スポンサーリンク


関連記事

  1. TED TALKSの人気の理由と学習方法!

  2. 「遊び心」がないと英語力は身に付かない【コラム(5)】

  3. 幼児もできる!英語の発音練習法

  4. 企業の人事部必見!社員の英会話力のつけ方!

  5. 憧れの日常英会話を最短で確実に身につけるには?フィリピン留学のすすめ

  6. 英語超初心者が独学で英会話ができるようになる勉強法とは?

PAGE TOP

英語の勉強法

企業の人事部必見!社員の英会話力のつけ方!

世界のメンター

Googleの創業者、ラリー・ペイジ ”Larry PageR…

英語の勉強法

渡辺直美のNY(ニューヨーク)の軌跡と夢と英語!

英語関連インフォ

アメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリアなど人気10カ国への留学のための学生ビ…

海外情報

オーストラリア英語とアメリカ英語の違いは?オーストラリアの文化も知ろう!

海外情報

すぐわかる!入管法改正と外国人労働者問題

英語の勉強法

小さい頃から英語に触れるメリットと英語教育を始めるタイミングや教育方法

海外情報

日本と海外のハロウィンの違いは?世界のハロウィンを覗いてみよう!

世界のメンター

日本を代表する実業家・資産家の孫正義氏のメンター

英会話の基礎

これだけおさえればOK! 使える基本の接客英語フレーズ