fbpx

英語の勉強法

憧れの日常英会話を最短で確実に身につけるには?フィリピン留学のすすめ

「英語を勉強しよう!」
と思い立ったときに何を目的にしているかはその人次第です。
主には以下3つの目的であることが多いでしょう。

1、海外進学をしたい
2、仕事で使える様になりたい
3、日常英会話を身につけたい

ある程度英語力が身についている人は1、2かもしれませんが、
はじめの目的は3、日常英会話を身につけたいという人が多いのではないでしょうか。

では日常英会話はどれくらい勉強すれば身につけられるのでしょうか

英語習得に必要な学習時間は最低2,400時間?

もちろん人によって違いはあるかと思いますが、
Foreign Service Instituteの発表によるとアメリカの国務省のエリートが
日本語習得に要した平均時間は2,400~2,760時間だそうです。

ちなみに英語と似ているとされているドイツ語やフランス語は480時間。
学習時間にものすごい差がありますね。

英語と日本語はまったく異なる言語とされ、
英語圏の人が日本語を習得するのが難しいということは
私達日本人が英語を習得するのもなかなかに骨が折れる作業ということになります。

スポンサーリンク

中学・高校の英語学習は意味がないの?

よく中学・高校英語を学習してきたのに日本人はまったく英語ができないから、
英語学習の意味がないのではないか?という話を聞きます。

果たしてそれは本当なのでしょうか。

中学校で50分授業を週4回3年間、高校で同じく50分授業を
週5回3年間したとしても合計1,000時間にも満たないのです。

さらに大学や自己学習で学んだとしてもせいぜい500時間ほど。
日本の教育制度自体の問題もあるかもしれませんが、
合計1,500時間では圧倒的に学習時間が足りないということが言えます。

学習時間の不足を打破するには

圧倒的に足りない学習時間を打破するには学習方法を工夫して質を上げるか、
勉強時間(量)を増やすかしかありません。

質を上げるための学習方法は当サイトにも掲載しており、
ぜひ実践していただきたいと思いますが、
今回は勉強時間(量)を増やすための思い切った方法をお伝えいたします。

4週間で週1英会話教室の4年分!圧倒的な勉強量を誇るフィリピン留学

今留学先で注目されているのがフィリピンです。
海がきれいで物価が安く、スキューバーダイビングなどのアクティビティも豊富ですが、
注目されている理由はそれだけではありません。

注目される一番の理由は「スパルタ留学」と言われる徹底した英語学習です。
どれだけの学習量を誇るのかと言いますと、
フィリピンではレッスン時間が少ない学校でも1日6時間、
多い学校では1日10時間英語学習をします。

週1回1時間の英会話教室に1年通い続けたとして約50時間の学習時間。
フィリピン留学では週5日英語のレッスンを受講しますので、
1日10時間とした場合、1週間で50時間、4週間で200時間勉強することになります。
しかも、大半のレッスンはマンツーマン。

マンツーマンレッスンはグループレッスンの倍以上の学習効果がある
と言われていますので、実質400時間。

つまり4週間での実質学習効果は約8年分の週1英会話教室の効果があるとも言えます。

・週1回の英会話教室(1年間)
週1時間×50週=50時間

・1日10時間のフィリピン留学(4週間)
週50時間×4週×2倍(想定効果)=400時間

しかし、現実的なお話をするとなかなかお仕事を1ヶ月近くもお休みをとるのは
厳しいと思います。

フィリピン留学(4週間)の費用は?

一気に学習時間(量)を増やせるフィリピン留学の費用はいくらぐらいでしょうか。

留学国として人気の高いオーストラリア、カナダ、ニュージーランドなどは
1日約5時間(週25時間×4=100時間)の授業で(※10~15名のグループレッスン)
航空券・保険・語学学校の授業料・滞在費用(ホームステイ代や寮代)・現地での
交通費などのお小遣いを合わせて約60~70万円します。

フィリピン留学は1日約10時間(週50時間×4週=200時間)で、
(※マンツーマンレッスンもしくは2人~8人の少人数制レッスン)
フィリピン現地で支払う光熱費やSSPと呼ばれる費用など
細々した出費はありますが、それを合わせても総額約30~35万円が相場です。

他の留学国と比較すると約半分の留学費用で収まり、学習時間は倍くらい行います。
英語学習の効果で見ると、その費用対効果のすごさは群を抜いています。

勉強量を一気に増やす強い味方!オンライン英会話

現在日本の英語学習法で急成長にシェアを伸ばしているのがオンライン英会話です。
オンライン英会話は人件費が安いフィリピンの英会話講師と契約し、
24時間のうち1日約25分のマンツーマンレッスンをskypeを利用して行うものです。

こちらも英語学習の量を増やす方法としてはおすすめです。

以下は代表的なオンライン英会話です。
・DMM英会話
http://eikaiwa.dmm.com/
費用重視な方向け テレビCMでも知名度抜群。月5,500円~可能なマンツーマンレッスン

・hanaso
https://www.hanaso.jp/
毎年、顧客満足度ランキングで最上位に位置するオンライン英会話。月2900円~(初月)

・ジオスオンライン
質重視な方向け 講師倍率は約80倍!月7,980円~
http://geos.jp/online/

まとめ

英語習得にはある程度の学習量が必要ということが分かります。
なかなか学習時間がとれなければ、工夫と継続で乗り越えましょう!
継続は力なり、です。
もし覚悟を決めて「えいや!」と海外留学へ舵をきれるのであれば、
短期間・低予算で一気に学習時間を補えるフィリピン留学はおすすめです。

スポンサーリンク


関連記事

  1. ワーキングホリデーで英語を伸ばす方法

  2. 独学で英会話力を伸ばす勉強法!!

  3. MOOCを活用しよう!

  4. 間違いだらけの英会話学習法 ~初心者が英会話を短期間で身につける秘訣は…

  5. TOEIC400点からでも合格できるMBA留学勉強法

  6. 渡辺直美のNY(ニューヨーク)の軌跡と夢と英語!

PAGE TOP

英語の勉強法

企業の人事部必見!社員の英会話力のつけ方!

世界のメンター

Googleの創業者、ラリー・ペイジ ”Larry PageR…

英語の勉強法

渡辺直美のNY(ニューヨーク)の軌跡と夢と英語!

英語関連インフォ

アメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリアなど人気10カ国への留学のための学生ビ…

海外情報

オーストラリア英語とアメリカ英語の違いは?オーストラリアの文化も知ろう!

海外情報

すぐわかる!入管法改正と外国人労働者問題

英語の勉強法

小さい頃から英語に触れるメリットと英語教育を始めるタイミングや教育方法

海外情報

日本と海外のハロウィンの違いは?世界のハロウィンを覗いてみよう!

世界のメンター

日本を代表する実業家・資産家の孫正義氏のメンター

英会話の基礎

これだけおさえればOK! 使える基本の接客英語フレーズ