fbpx

英語の勉強法

幼児もできる!英語の発音練習法

(参照:(C)NHK)

日本に住むほとんどの子供は、まず、最初に日本語を習得します。
3、4歳の年少さんにもなると、その単語は爆発的に増えていきます。
ひらがなも読めるようになり、自分の言いたいことを、
拙いながらも一生懸命長文で話し始めます。

【広告】子供をバイリンガルに育てる【ハッピーイングリッシュ】

では、ひらがなをようやく覚え、「自分の言いたいこと」が
日本語で言えるようになった幼児に、どのように英語の発音を
教えるべきでしょうか?

英語の発音の中で立ちはだかる壁は「r」や「th」といった、
「日本語にない発音」です。
大人でも、正確に発音するのは難しいですね。

日本語を習得し始めたばかりの幼児が、これらの「英語特有の発音」を練習するのに、
よい教材としておすすめなのは、Eテレ「えいごであそぼ!」
(月~金17時10分より放送中)です。

今回は、この「えいごであそぼ!」をうまく活用した
発音練習法をご紹介します。

 

発音重視になった「えいごであそぼ!」

Eテレの「えいごであそぼ!」は、昔からある
幼児~小学校低学年向けの英語学習番組です

しかし、2017年4月に、これまでの番組構成から、
内容が大幅にリニューアルされました。
これまでは、「少しでも英話の語彙を増やす」ということが重視されていましたが、
それが大きく改変されました

新たな司会者は、お笑い芸人の「厚切りジェイソン」(通称、博士)です。
それに子役の子数名が出演します。
最も変わった点は「日本語英語の発音を、ネイティブの発音に正す」と、
「発音重視になった」点です。

このため、1回の放送で取り上げられる英語は、
なんと、たったの「1単語」です。
もちろん、途中で博士がさらりと英文を発したり、
英語の歌が流れたりしますが、
基本的にはその日の「テーマ発音」があり(「r」なら「r」)、
その発音が徹底的にできるように、博士が、丁寧かつ面白く教えてくれます。

 

スポンサーリンク

「えいごであそぼ!」番組の流れ

リニューアル後の「えいごであそぼ!」の番組は、このような流れです。

①テーマ単語の紹介

今回は、実際に放送された「rabbit」とします。
冒頭で「今日は『r』の発音が目標」、と紹介されます。

②博士のマシーンの紹介

博士が発明した、マシーンが紹介されます。
「マシーンを使い発音が上手くできると、中から何かが飛び出す…」
といった楽しいマシーンです。
たいていは紐や、紙でできており、口にくわえるものです。

③子役が「日本語英語」で発音

子役の子が、マシーンを使って「らびっと」と、
日本人がいかにも言いそうな発音で言います。
もちろん、マシーンには何も起こりません。

④博士がポイントを解説

「ん~「rabbit」の「ra」がちょっと違うんだな!」が決まり文句です。
そして、正しい発音を口をアップにして解説します。
「舌を口の中で、こんな風に、ちょっと上げるよ!」
などです。

⑤子役が「ネイティブらしく」発音

再び、子役の子がマシーンを使って、ネイティブらしく発音します。
そして、成功します。

⑥子役が、マシーンを使わずに発音にチャレンジ

子役の1人が、マシーンを使わずに、
「rabbit」
とカメラに向かって発音をチャレンジします。
よければ「Good job!」、今ひとつならば「Almost!」という音楽が流れます。

【広告】子供をバイリンガルに育てる【ハッピーイングリッシュ】

と、ここまで「rabbit」の「r」発音をするのに、
番組の半分くらいの時間が費やされます。
さらに、番組の最後に「rabbit」が正しく聞き取れる、
リスニングの3択クイズがあります。
「rabbit」「robot」「rocket」などと、紛らわしい単語が1回だけ発音され、
文字は一切表示されません。
そして、番組は終わります。

 

「日本語英語を直す」えいごであそぼ!に変わった!

このように、徹底的に発音重視になったのが、現在の「えいごであそぼ!」です。
「r」、「th」、「m」、「x」、「ng」…など「英語独特の発音」をマスターするだけでなく、
これらのリスニングもしっかりできるように工夫されています。

 

「えいごであそぼ!」の効果的な発音練習法

では、この「えいごであそぼ!」の、より効果的な発音練習方法を紹介します。

 

①テレビの音量を上げる

赤ちゃんや幼児は、日本語も、まず音から覚えます。
「えいごであそぼ!」を観るときは、テレビの音量を
いつもの1.5倍くらいに上げましょう
英語が少しでもうやむやに聞こえると、
子供はそのまま頭にインプットしてしまいます

また、番組最後のリスニング3択クイズは、大人が聞いても紛らわしく、
迷ってしまうクイズです。
しっかり音量を上げ、正しい発音をインプットしましょう。

 

②親も一緒に発音する

博士が丁寧に発音を解説してくれますが、
テレビを「見せっぱなし」にしておくよりは、
親も一緒になって発音の練習をすることで、
子供はより楽しく、正確に学べます。

また、大人がサンプルになって近くで発音してくれることにより、
子供には、より口の動きや音が、理解しやすくなります。

 

③博士のおもちゃを作ってみる

「LET’S MAKE IT!」のコーナーで、博士の作るマシーンを、
家庭にあるもの(ふせんや牛乳パックなど)を代用して作る方法が紹介されます。
子供と一緒に、作ってみましょう。

自分で作った物なので、なおさら子供は興味を持ち、
意欲的に発音の練習をすることができます。

 

④日常生活に取り入れる

普段の生活で、「えいごであそぼ!」で学んだ発音を復習しましょう。
例えば、以前「th」の発音が、「thunder(雷)」の単語とともに取り上げられました。
家でも、例えば「Thank you.」と言うとき
「Thank you.の『th』は、『thunder』の『th』だよ!」
と声かけをし、他の単語にも応用していきましょう。

子供が間違えたとき、親がダメ出しをすると、子供は嫌がることが多いです。
そんなとき
「博士はこうやってたよ」
と博士のことを思い出させて注意すると、子供もすんなり受け入れますよ。

 

まとめ

リニューアル後の「えいごであそぼ!」は「日本語英語の発音を正す」ということが、
主軸となりました。
これから迎えるコミュニケーション重視の英語教育に合うよう、
大きくシフトしたようです。
幼児だけでなく、大人にもよい発音練習になりますよ。

【広告】子供をバイリンガルに育てる【ハッピーイングリッシュ】

また、Eテレの教育番組は、「えいごであそぼ!」も含め、
ちょうど子供が忘れてきたころに、定期的に再放送されます。
これが、よい復習の機会となります。
そして「前にやったときより簡単に発音できた!」という感覚が、
子供の自信に繋がります。
「えいごであそぼ!」を使って、ぜひ英語の発音を練習してみましょう!

スポンサーリンク


関連記事

  1. スマホでどこでもできる4つの英語学習法

  2. 日本人でも英語ペラペラ!必要な英単語数と学習法は?

  3. スピーキングが英語学習を変える【コラム(11)】

  4. 英語のリスニングは海外ドラマよりも映画の方が効果的?ネイティブの会話を…

  5. 多読を楽しもう!

  6. 「社会人のあなたに」ビジネス英語力の上達への道(4)~英語スクール活用…

PAGE TOP

英語の勉強法

企業の人事部必見!社員の英会話力のつけ方!

世界のメンター

Googleの創業者、ラリー・ペイジ ”Larry PageR…

英語の勉強法

渡辺直美のNY(ニューヨーク)の軌跡と夢と英語!

英語関連インフォ

アメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリアなど人気10カ国への留学のための学生ビ…

海外情報

オーストラリア英語とアメリカ英語の違いは?オーストラリアの文化も知ろう!

海外情報

すぐわかる!入管法改正と外国人労働者問題

英語の勉強法

小さい頃から英語に触れるメリットと英語教育を始めるタイミングや教育方法

海外情報

日本と海外のハロウィンの違いは?世界のハロウィンを覗いてみよう!

世界のメンター

日本を代表する実業家・資産家の孫正義氏のメンター

英会話の基礎

これだけおさえればOK! 使える基本の接客英語フレーズ