fbpx

英語の勉強法

小さい頃から英語に触れるメリットと英語教育を始めるタイミングや教育方法

いつから英語の学習をスタートしましたか?

あなたが英語の学習を始めたのはいつからですか?

おそらく、小学校の授業が最初だったのではないでしょうか。
その時に、授業でやることと言えば、英語の歌をみんなで歌うなど、学習と言うよりは、むしろレクリエーション中心のものだったと思います。

ご存じのとおり、今、世界ではグローバル化が進んでいます。
そのような中で他国の人たちと会話をすることができるツールこそが「英語」なのです。
このグローバル化の影響を受けて、英語を学ぶ必要性が高まり、小学校の低学年から英語学習を開始し、幼稚園などでも英語を教えようとする動きが活発になってきています。

幼児・小学生専門オンライン英会話ならハッチリンクジュニア

子供専門オンライン英会話【ハッチリンクジュニア】無料体験実施中!

今回は小さい頃から英語に触れることの「メリット」と、英語教育を始めるタイミングや教育方法についてご紹介します

スポンサーリンク

小さい頃から英語に触れることの「メリット」

①英語習得の容易さ

あなたもご存知のように、子どもは、学習スピードが速く、吸収力が高いため、英語を早期に開始すればするほど、当然、その時の習得スピードは速いのです。
この点は、より小さい頃から英語に触れることの大きなメリットだと言えます。

逆にいえば、大人になってから英語を習得しようとすると、子どもの頃の習得スピードに比べて遅くなります。
これはなにも英語に限った話ではなく、物事を学ぶとき全般に言えることです。

少し固い話になりますが、脳科学的にいうと、人間の脳の成長クリティカルエイジ(学習限界年齢)
と呼ばれる8~13歳で止まってしまうことが明らかになっています。
これは特に言語習得に強く表れ、必然的にこのクリティカルエイジを過ぎてからの習得は 「自然のままに学習する」という方法では難しさを増してくるのです。

子供専門オンライン英会話【ハッチリンクジュニア】無料体験実施中!

また、聞き取り能力(耳の発達)はこの時期よりも早い段階に決まってしまいます。
子どもに絶対音感を身につけたい時は、5歳までにトレーニングをしていないと難しい」という話を聞いたことがないでしょうか?
これと同じことが英語の聞き取り能力にも言えるのです。

日本人と英語で話したり、ノンネイティブの人たちと英語で話すときは英語がよく聞こえて理解できるのに、ネイティブの人と話したり、ネイティブ英語がオンパレードな洋画を観ると、途端に何を言っているのか聞き取れなくなるといったような経験はありませんか?

これはなぜかというと、ネイティブの英語は日本語と音の周波数が異なっていたり、 日本語にはない英語独特の音(例えばlやr、thなど)があったり、 リエゾン(リンキング)という音がつながることで新しい音を生み出したり、リダクションという音が消えることが起こったりするためです。

それを克服できるのは、出来るだけ早い幼児期から英語の音に親しんで、耳を作る必要があります
その意味では、吸収力が高く、習得が容易な子供の頃から英語に触れておくことは非常に大きなメリットとなります。

②英語に対する抵抗の低さ

次にご紹介したいのは英語に対する抵抗の低さです。
英語に限らず母語も含めてひとつの言語を自然に習得していくためには、多大な時間と労力を必要とします。

幼児・小学生専門オンライン英会話ならハッチリンクジュニア

24時間触れていられる母語に対しては、自然に習得できるのが当たり前の環境ですが、英語のような第2外国語の習得の際は、どっぷりとつかっていられる環境下にいることはほとんどあり得ません。

そのため、「勉強」という意識をもって学習しなければ、自然と身につくことはないため、それが、学習者にとって大きな障壁となっています。 英語はその最たる例です。

また、日本人は単一国家であり、外国人に触れながら育つ環境が当たり前ではなく、英語を知らなくてもほとんど問題なく生活できるため、突然、知らない言語で話しかけられたりすると、苦手意識や強い抵抗感を持つ傾向があります。

しかし早期の英語学習を行うことによって、これは解消され得るのです。
なぜなら、年齢が低い子供ほど、固定概念ができていないため、例えば英語で話されても、 それを日本語だとか英語だとかという認識をせず、この人にはこの言葉で、 あの人にはあの言葉で話せば通じるという自分なりの判断で、 自然と会話を試み、言葉を吸収していけるからです。

子供専門オンライン英会話【ハッチリンクジュニア】無料体験実施中!

また、子どもたちにとっては、「英語学習」もゲームに近い感覚かもしれません。
音と文字を暗号として自然に覚え、正しい組み合わせができれば褒められる、それが楽しいのです。
そのため、小さい子どもほど、英語学習に抵抗感を覚えることなく、 スムーズに学習することが出来るのです。

幼少からの英語学習は母語(日本語)の学習に影響を与えないの?

幼少期から英語学習を行うと、母語(日本語)の発達に影響をあたえるのではないかと心配する方もいると思います。
「日本語も完全に出来ない頃から、英語を学習したら、 日本語と英語が頭の中で混乱してしまうのではないか?」と思う人もいるでしょう。

その点について少しお話したいと思います。

実は数十年前からアメリカなどの先進国では子どもの言語獲得プロセスについての研究が進んでおり、教育機関に反映されてきています。

その研究結果では、「幼児は言葉を理解できていなくても文のまとまりを理解している」ことや、「胎児の段階でも耳が聞こえる」などが判明しています。

また、幼少期からの多言語の同時習得が直接的に知的発達に悪影響をもたらすことはなく、 むしろ良い影響をもたらすと言われています。

つまり、日本語と英語の同時習得によって、頭の中に混乱をきたすことはほとんどないのです。

「英語の早期学習」のよい方法は?

数年前までは、英語は中学校から学習し始めるものでした。
しかし、近年、学習開始時期が益々早まり、今は小学生からは強制で、幼稚園や保育園からも始めようとする動きがあります。

その理由は、今回ご紹介したように、「英語の早期学習」には とても大きなメリットがあると考えられているからです。

しかし日本の現状では、正直、英語を使いこなし、正確な英語を生徒に教育出来る教師や、 が不足しており、国家レベルで英語の早期学習を進めていくのは非常に困難です。

そのため、学校まかせにするのではなく、ご家庭で出来ることから始めてみてはいかがでしょうか。

文法や学問的な要素の強い学習塾ではなく、音の大切さや楽しさを追及している英語学校も、あなたの住む街にあるかもしれませんので、探して通わせることも一つの方法です。

また、金銭的、時間的な余裕がないということであれば、例えば英語のフラッシュカードなどを購入し、毎日お風呂の中や、寝る前にでも単語を覚える練習をしたり、NHK、ケーブル放送、Netflix、DVDなどで、興味のある楽しい英語番組を見せることはできると思います。
そういった小さな積み重ねによって、子どもは英語に親しみ、好きになり、興味を持つのです。
そして、その結果は、歳を重ねていくごとに、大きな差となって現れてくることでしょう。

子供にネイティブ並みの英語力をつけさせる英語教育を始めるタイミングと教育方法

あらゆる分野での国際化が進み、英語力の必要性がますます高まっているグローバル社会において、多くの親が子供の早期英語教育について高い関心を持っています
「子供の英語力をネイティブレベルにしたい」「英語を自由自在に使いこなせる子供に育てたい」、そんなふうに思っている親は少なくはありません。
また、2020年より、小学3年生から始まる英語の授業や、4技能の評価制度による英語試験への移行に伴って、英語熱はさらにヒートアップしてきています
それでは実際、子供の英語力を上げるためには一体どうしたらいいのでしょうか?
いつから、どのような方法で英語学習を始めるのが最も効果の高い英語教育なのでしょうか? 

英語教育を始めるベストな時期

英語教育を始める年齢。これについては結論から言えば早ければ早いほうがいいといえます。
というのも、一般的に人間は0歳から10歳位までが言語感受性期といわれ、この頃の脳は非常に柔らかく、言語を吸収しやすくかつ忘れにくい時期と言われているからです。この時期を逃さないためにもできるだけ早めに英語に触れたほうが効果的といえます。

幼児・小学生専門オンライン英会話ならハッチリンクジュニア

もちろん、この時期を絶対に逃してはいけないというわけではありませんが、できるだけ「臨界期前」に英語に触れさせた方が、特に音に関して(リスニングとスピーキング)はより高い効果が期待できます。「臨界期」とは、ある一定の年齢を過ぎると技術の習得が難しくなってくる年齢を言います。言語ですと、それは大体10歳前後と言われています。この時期より前に英語を始め、そして継続させることが、子供をネイティブレベルの英語力まで引き上げることを可能とする絶対条件なのです(※)。(※あくまでもネイティブレベル、つまり母語としての言語習得に限ります。

また、できるだけ早い年齢から英語環境を作って、たくさんの語彙をインプットすることが英語脳育成の重要な鍵となります。0歳~10歳くらいまでの脳が非常に柔らかい時期、この時期はまるでスポンジのように情報を吸収します。特に言語の面でも苦労なく吸収していける時期ですので、是非この時期からなるべく積極的に英語環境に身を置かせ、容易に言語を吸収しやすい時期に少しでも多くの基礎を詰め込んでいきたいものです。

子供にどのように英語を学ばせればいいの?

では、子供にとって、どのような方法で英語を学び始めれば効果が上がりやすいのでしょうか。 これは非常にシンプルで、「子供にとって、楽しく継続できる方法で」学べば良いのです。

英語学習をするにあたり、「Reading」「Listening」「Speaking」そして「Writing」という基本的な4つの分野に分かれています。幼児期の英語の初動学習においては、このうちの「Listening」と「Speaking」を中心に学習を進めていくのが良いでしょう。

そもそも言語とはコミュニケーションをとるために、音声として生まれたものであり、「文字」はそれを記録するために生まれたものですので、音声学習が最も学習障壁が低いのです。

また、前述しましたように、子供が楽しいと思える勉強法を行うことが重要ですので、子供の得意分野や興味のある分野に的を絞って進めるのがポイントです。 一般的に子供は、「Listening」と(絵や写真を見ながらの)視覚からの学習に興味を持ち、聞いた音を真似して繰り返すことで「Speaking」が得意になってきます。 そのため、何よりも英語を学ぶ楽しさを引き出すことが最も重要であり、学習効率の鍵になるのです。

それでは、「Reading」や「Writing」は、いつからどのように行えば良いのでしょうか。 まず、「Listening」と「Speaking」から入り、英語に慣れ、興味をもって得意になってきた子供たちには、次に「Reading」の学習を入れてあげると良いでしょう。
ただし、「Reading」といっても例えば、幼児の初動学習において、単語を覚える時でさえ、犬の絵や写真の下に”dog”というスペルは書いてある状態で学習するはずですので、既に「Reading」の学習も自然とやってきていることになります。
ここからの「Reading」はそれらの知っている単語を使って、簡単なフレーズ(7語未満)を読めるように練習することです。

こうした短文を読む練習をすることで、視覚で言葉を認識し、自然と文章の規則性(文法)を身につけていくことができます。 そうすることで、自然と文を読めるようになり、理解することができるようになるのです。
また、短くても文を読めるようになれば、その延長に本を読むことが可能となります。そうすれば、その後は読書によって、様々な知識を急速に吸収していくことができるようになるのです。

そこで、まずは、興味のある単語からでよいので、どんどん音読して、その音から単語の意味を覚えていくことが重要です。 ちなみに、「Writing」(単語のつづりを含めて)の学習開始は、まだまだ先で問題ありません。それこそ、「Speaking」のレベルがついてくれば、それに合わせて、「言いたいことを文字に表したい」という欲求が生まれ、誰かに手紙を書きたいと、自然に自ら書き始めますので焦らなくても大丈夫です。

さて、幼児から「Listening」と「Speaking」を中心に英語学習を続けていく大きな利点ですが、大人から学習を始めると聴き取ることが難しいようなネイティブ同士のナチュラルスピードの会話でも、苦なく理解することができるようになることや、よりネイティブに近い発音ができるようになることです。 そのため、子供に、もしネイティブに少しでも近い英語能力を身につけさせたいのであれば、まずは「Listening」と「Speaking」から始めて、楽しみながら英語学習を継続していくことが大切なのです。

具体的な年齢と適切な学習法!

では具体的に、年齢別による英語学習の内容や方法についてですが、例えば、0歳~2歳位の乳幼児には、とにかく英語に触れられる環境作りを行ってあげればよいのです。 この頃は母語力ですら全く固まっていませんので、第二外国語に関しても、「学習」という意識ではなく、むしろ「遊び」に近い形で楽しみながら脳に刺激を与え続けることが重要です。 歌やダンスをしながら、楽しく英語に触れたり、フラッシュカードを使って、発音のマネをしたり、英語を使うゲームなどをして「英語って楽しい」と思わせることが重要です。

次に、3歳~5歳位の学習ですが、日本語での会話がある程度確立してきた子供には、母語で既に知っている単語を、英語ではどのように発音するのかということに興味を持たせてあげると良いでしょう。 たとえば「犬」は“dog”、「タコ」は“octopus”など、日常で使う日本語からの英語インプットをどんどん行っていきましょう。 そして、5語前後の短い挨拶文なども少しずつ入れていきます。 ほんの短い会話でも、英語でコミュニケーションが取れたという実感は、学習の意欲につながるため非常に重要です。

何度も言いますが、どの年齢においても、どんな学習方法だとしても、とにかく楽しんでやらなければなかなか身につきません。 楽しんでやるからこそ継続ができるわけで、それが、語学習得においては最も大切なことだと言えます。

小学生からは、「英語で会話する」感覚を身につけるべき!

日本人にとって、英会話を本格的に始めるのは、小学3年生くらいからがベストです。
その理由は、母語(日本語)がほぼ固まるからと、学習に対する集中力がそのあたりから一気に増すからです。

さて、考えてみると当たり前のことなのですが、「会話」とは、「Listening」と「Speaking」で成り立っています。 そして、一般的な構成は、Q(質問)とA(返答)の組み合わせになっています。

そう言われてもピンとこないかもしれませんが、例えばあなたが、会話をスタートさせる時、どうはじめますか?

幼児・小学生専門オンライン英会話ならハッチリンクジュニア

もし、相手があまり面識のない人だったら、基本的には、まずは相手から返事をもらえるように会話を組み立てるでしょう。つまり、何かを質問するのです。

「今日はいい天気ですね」という言葉でさえも、この後にコメントをもらえることを期待しているため、ある意味で質問のようなものです。 このような言葉に対して、相手は「そうですね。」とか「雲ひとつない晴天ですね。」といったコメントを返すかもしれません。

その返答に対して、今度はあなたが、更にその話題を続けて、「晴れているのに蒸し暑いですよね」というように話を進めるか、話題を切り替えて、「何かする予定はあるのですか?」というような質問をしていくでしょう。

このような一連のやり取りの繰り返しで、通常「会話」は進んでいくのです。

これをもう少し詳しくいいますと、例えば、相手と共通認識が何もない初対面の人には、まず何かを「質問する」のが普通です。

例えば、「どこから来たのですか?」などです。
そして、質問に対して、きっと相手は答えてくれるはずです。
昨日、京都から来たんです。」という具合に。

この、

「どこから来たのですか?」
「昨日、京都から来たんです。」

という対話のブロックこそが、「会話」の最小単位(※)です。
(※)池田和弘先生(言語学と脳の情報処理の専門家)はマイクロ会話と呼んでいます。

通常、「会話」とは、このブロックが何回も繰り返される、つまり、誰かの質問に対してその答えを他人が発話するということの繰り返しです。
これを世間では「言葉のキャッチボール」と表現したりしています。

それこそが「会話」のシンプルなメカニズムであり、そこに自動的に付随してくる要素が、「Listening」と「Speaking」なのです。

つまり、もし私が会話を始めるために、相手に質問をするならば、必然的に「Speaking」をしなければなりませんし、相手はその質問を「Listening」して理解しなければなりません。
そして、今度は相手方が返答してくるでしょうから、相手は「Speaking」を行い、私がその言葉を「Listening」して、理解する必要があるのです。

スポンサーリンク


関連記事

  1. 苦手な英語の「ライティング」にメスを入れよう!ライティング力をアップさ…

  2. 幼児もできる!英語の発音練習法

  3. 「英語即興ディベート」とは?「英語ディベート」の魅力

  4. 日本にいながらでも身につけられる! スピーキング学習法

  5. 脳科学的に英語学習では「音読」がいいの?

  6. 何が目的で英会話を習うのか?

PAGE TOP

英語関連インフォ

アメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリアなど人気10カ国への留学のための学生ビ…

海外情報

オーストラリア英語とアメリカ英語の違いは?オーストラリアの文化も知ろう!

海外情報

すぐわかる!入管法改正と外国人労働者問題

英語の勉強法

小さい頃から英語に触れるメリットと英語教育を始めるタイミングや教育方法

海外情報

日本と海外のハロウィンの違いは?世界のハロウィンを覗いてみよう!

世界のメンター

日本を代表する実業家・資産家の孫正義氏のメンター

英会話の基礎

これだけおさえればOK! 使える基本の接客英語フレーズ

英語の勉強法

TOEICを勉強しながら実践のビジネス英語力を身につける方法とは?

英語関連インフォ

海外駐在するときに必須な英語学習法と駐在のための豆知識!

世界のメンター

【海外で活躍する日本人の愛読書とは?!】柳井正氏 編