fbpx

英語の勉強法

効果が数倍上がる「スピーチ型」英会話のススメ

日本語を活用した英会話習得法
「効果が数倍上がる英会話学習方法」 頭を使えば、英語が近くなる
著者:池田和弘

英会話には、大きく分けて「スピーチ型」「日常コミュニケーション型」の2つがあります。

スピーチ型というのは、特定の話題について話す会話で、これには質疑応答の入ったもの、つまりディスカッションなども含みます。

日常コミュニケーション型というのは、日々の生活や仕事をこなすのに必要なコミュニケーションのための会話で、日常会話もしくは社会生活会話とでも言うべきものです。

もちろん、この2つは全く別の会話という訳ではなく、話の中で混ざることがよくあります。例えば、だれかと簡単なあいさつをしているうちに、時事の出来事や趣味などの会話になって、気が付くとかなり長話しをしていたという経験はだれにでもあるはずです。

さて、では、この2つのうち、みなさんはどちらがやさしいと思いますか?

答えは、圧倒的にスピーチ型です。一般には、スピーチというとかなり高度に感じられ、日常会話の方がやさしいと思われがちですが、実際には逆です。なぜかというと、スピーチ型の会話の場合には、テーマ(話す内容)が決まっているので先の展開が読みやすく、“頭の準備”ができるからです。

また、質問を振られても、バックグランドの知識がしっかりしているので、多少詰まることがあっても、取りあえずは答えることができます。同じ理由で、リスニングについても、多少聞き取れない点があっても、足りない部分を知識で補って理解できます。図解するとつぎのような感じになります。

この図の矢印の中に、点線のものがあるのに気付いたでしょうか。ここが、英語の語彙や表現が不足していて聞き取れないところです。しかし、このような場合でも、日本語で「知識」として情報を持っていると、“バックグランド”で話をつなげて会話を続けることができます。日本語を活用することにはいくつかの大きな利点がありますが、これもその1つなのです。

ネイティブに教えることさえできる!

このようなわけで、スピーチ型の会話は学習の方法さえ間違えなければ、だれでも確実に身に付けることができます。私自身の経験をお話しすると、私はリスニングの「リ」の字もないような時代に英語を勉強しましたので、実用英語の学習方法が全く分からず、英検1級のパブリック・スピーチに合格するまでは大変苦労しました。

しかし、コツをつかんだ後は、自分の興味のある分野については特に大きな問題もなく話せるようになり、ネイティブに「勉強になった」と感謝されたこともありました。「あなた」も(テストは少し脇に置いて)自分の興味のある分野、得意な分野から攻めるようにすると、短期間で同じことができるようになります。

スポンサーリンク

スピーキング・テスト対策はこうする!

最近は、スピーキング・テストの需要が高まっているせいか、“対策方法”について聞かれることが多いのですが、テストの場合に注意するべき点は、まず(当たり前ですが)出題される傾向のあるテーマに合わせて素材を選ぶということ、そして、つぎに普段以上にしっかりと日本語を活用し、頭をフルに起動した状態にするということです。テストでは、自分の興味のある分野や、得意な分野が出題されるとは限りませんので。

あとは、徹底的に音声を真似て、口に出して練習します。ちょっと気を抜くと、電車の中でも思わず口から英語が出てしまう・・・そのぐらいになれば合格です。

質疑応答については、予想される質問と答をできるだけたくさん作って、実践さながらに練習します。

これをいくつかの英文について行っていると、英文の中の語彙や表現だけでなく、例えば、What do you think about ~? (~ついてどう思いますか?)とか、Where do you stand on this issue? (この問題について、あなたはどういう立場ですか?)のように、質問のパターンについても慣れていきますので、会話力が総合的に伸びていきます(※)。

(※)複数で一緒に学習し、音読の速さや正確さ、質問に対する応答の的確さについて、だれかと競い合うと、自分1人で練習するのに比べて数倍の効果が期待できます。集中力が全く違ってきますし、相手からもたくさんのことを学ぶことができるからです。

なぜ日常会話は難しい?

さて、スピーチ型の会話は、このようにテーマを絞り、“完全没入方式”で攻めるとかなり短期間で成果を出していくことができるのですが、頭の痛いのは、もう一方の方、つまり日常コミュニケーション型(日常会話)です。

私自身も、ここで大きくつまずきました。はじめは、日常的な表現なのだから難しくないだろうなどとタカをくくっていたのですが、本格的にやり出すと、とんでもなくやっかいな代物であることに気付いたのです。

どうして日常会話は難しいのでしょうかそれは、スピーチ型の会話の場合には、上記のように、はじめから一定の枠組みがあって、その枠の中で話せば良いのに対して、日常会話にはそういった枠組みが全く無く、「何が飛び出すか分からない」からです。

英語にかんする限り、私たちの能力は30%程度しか引き出されていません。これはとても残念なことです。このコラムでは、どうすれば残りの70%の能力を発揮できるかについて、日本語を活用するという手法を中心にさまざまな観点からお話していきます。

参照: 日本語を活用した英会話習得法
「効果が数倍上がる英会話学習方法」
https://business.nikkeibp.co.jp/atcl/skillup/15/093000004/031700013/

 

著者: 池田 和弘(いけだ かずひろ)
大阪観光大学国際交流学部教授
京都大学卒業後、通訳養成学校を経て、専門学校や予備校での教鞭、執筆活動を行う。
ベストセラーを記録した著書は数々。その後、大阪大学大学院言語文化研究科にて、
理論的ベースを固め、同大学工学部工学研究科で原子力、ナノフォトニクスの
ESPプログラムを開発・実施。「学習者に優しい」をコンセプトに、認知言語学、
レキシカル・グラマー、エマージェント・グラマー、並列分散処理など
最新の知見を駆使して、「言語学×脳科学」の視点から学習教材を開発できる
日本有数の英語学習法のスペシャリストである。

スポンサーリンク


関連記事

  1. TOEIC600点への最短・最楽学習法【コラム(9)】

  2. 英語力習得のために、英語の資格は必要か?最も有効な資格の取り方とは?

  3. 遊びながら英語を上達させた2人の実例【コラム(6)】

  4. 幼児もできる!英語の発音練習法

  5. 間違いだらけの英会話学習法 ~初心者が英会話を短期間で身につける秘訣は…

  6. 多読を楽しもう!

PAGE TOP

英語の勉強法

企業の人事部必見!社員の英会話力のつけ方!

世界のメンター

Googleの創業者、ラリー・ペイジ ”Larry PageR…

英語の勉強法

渡辺直美のNY(ニューヨーク)の軌跡と夢と英語!

英語関連インフォ

アメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリアなど人気10カ国への留学のための学生ビ…

海外情報

オーストラリア英語とアメリカ英語の違いは?オーストラリアの文化も知ろう!

海外情報

すぐわかる!入管法改正と外国人労働者問題

英語の勉強法

小さい頃から英語に触れるメリットと英語教育を始めるタイミングや教育方法

海外情報

日本と海外のハロウィンの違いは?世界のハロウィンを覗いてみよう!

世界のメンター

日本を代表する実業家・資産家の孫正義氏のメンター

英会話の基礎

これだけおさえればOK! 使える基本の接客英語フレーズ