fbpx

英語の勉強法

企業の人事部必見!社員の英会話力のつけ方!

企業の「英会話の目標設定」の現状は?

著しいグローバル化にともない、現在、多くの日本企業が『社員への英会話研修』に、コストと時間をかけています。

そして、よく耳にするのが「TOEIC○○点以上」という目標設定です。
会社も社員も、多くのコストと時間をかけ、その目標に到達しようとしています。

ところが、その目標にようやく到達できた人に、「TOEIC 何点取れたの?」と尋ねると、不思議とこのような答えが返ってくることが往々にあるのです。

「 一応、800点は取れたんだけど、(もっているんだけど)… 」
( … だからって、英会話ができるとは思わないで! )

つまり、TOEICの点数と実際の英会話力には著しい相関関係が成りなっていないため、ようやく頑張って高得点を取った人でさえ、英会話には自信がないのです。
(実際に、TOEICの高得点を持っていても、あまり会話ができない人が多いのです。)

そのため、仕事で使える英会話力を判断する上で、TOEICの点数を目標設定にすることは企業にとって決して良い選択だとは言えないのです。

スポンサーリンク

日本企業にとっての「英会話ができる」意味とは?

日本企業にとって、社員の英会話研修に「コストと時間」をかける本来の目的は何だと思いますか?

それは、社員が「日本語でやっている仕事を、英語でも支障なく、通常にやれるようになること」ではないでしょうか。

しかし、TOEICに限ったことではなく、既存のテストのスコアを目標にしても、本来の目的を達成することはほとんどできません。

なぜなら、業務を円滑に行ったり、交渉を正確に行ったりする英語力を測れるテストは現在のところ、存在していないからです。

それでは、どうすれば、「本来の目的」を達成できる英会話力を身につけることができるのでしょうか。

日本企業の抱える『英会話の呪縛』

グローバル化したい。(海外市場への進出や、国内での外国人労働者の受け入れから)
「社員には仕事上で問題ないレベルの英会話ができるようになって欲しい。」

TOEICや社内テストでの点数を目標設定にして、昇給などの条件としてプレッシャーを掛け、同時に多大なコストをかけ、社員には強制的に勉強させる。
(企業によっては学習者に費用を全面負担させるところもある。)

なんとか点数は出たとしても、実際には英会話ができるようにはなっていない。

再度、コストをかけ(かけさせ)、評判の良い英会話学校に行かせる。
(法人契約でのネイティブ講師を派遣したり、フィリピンへの短期留学に行かせることも含む)

期待していたほど、効果が上がってこない。
(多少の英会話力はつくが、仕事を卒なくできたり、交渉ができるレベルにはなかなかならない)

しかたなく、「英会話ができる人材」(帰国子女や完全なバイリンガル)を採用する。

ところが、英会話はできるが、仕事ができないケースが多発。

それではいったい、どうすれば良いのだろう…
悩むけれど、良い解決策が見つからない!

このような流れと状態こそが、企業にとっての『英会話の呪縛』なのです。

この『呪縛』から解放されない限り、企業としてのポテンシャルも、個人としてのポテンシャルも発揮できないため、英会話が必須な大手企業は必死に解決策を探しているのです。

私たちはどうやって日本語を話しているの?

まず、私たちは日本語(母語)をどう話しているのかわかりますか?
なんとなくでも想像できますか?

話したいことをイメージする ➡ 声に出す(言語化)

こうは分かっても、どのようにイメージを言語化しているのかを説明することはできないのではないでしょうか。

これは、例えば「あなたはどう歩いているの?」という質問に近いのです。
いつも何気なく、歩いていますが、どう歩いているか説明できますか?

「右足を出して、つぎに左足を出して、その繰り返し」ということくらいはイメージできるかもしれません。

しかし、実際に「歩く」という動作は、まず、左右どちらかに体を傾けることで、体重が片方の足に移動し、それを倒れないように足で支え、次に反対側に体を傾けることで、今度は反対の足に体重が移動し、それを反対の足でささえる。
その繰り返しの動作が「歩く」ということなのです。

では、もとに戻りますが、あなたは日本語を話す時、どう話しているのでしょうか?

例えば、頭の中に「友人と」、「新宿で」、「昨日」、「食事をした」というそれぞれのイメージがあるとします。

それらのイメージを日本語として言語化するには以下のような簡単なルールがあるのです。

① 述語である「食事をした」だけを頭の片隅に取っておく。
② それ以外のイメージを思いつく順番に声に出して並べていく。

友達と、新宿で、昨日、食事をした
新宿で、昨日、友達と、食事をした
昨日、友達と、新宿で、食事をした

上記を声に出して読んでみてください。
不思議ですが、日本語は、動詞さえ最後に置けば、あとはどの順番から言葉を出していっても、意味が通じるのです。

※日本語を聞き手が理解できるのも、「最後に動詞がきて、それが重要であり、あとはどの順番から話されても、一つ一つの言葉を聞き取ることができれば、相手の言っていることは理解できる」という法則を無意識に身につけているからなのです。

どうやって英語を話せばいいの?

それでは、英語はどうやって話されるのでしょうか。
当然、英語にも話者と聞き手には暗黙のルールがあります。

英語は主語、述語、修飾語(部)の順で並んでいるのです。
(修飾語の部分も実は、場所、時間、曜日などで順番が決まっています。)

英語は理路整然と非常にシンプルなルールだと思いませんか?
それなのに、このようなシンプルで論理的な言語である「英語」を日本人の多くは聞けず、話せないのです。

それは何故なのでしょうか?

理由は、頭の中のイメージを言語化する際に、英語化するのと、日本語化するのでは、それぞれのルールがあまりにも違いすぎる、つまり、言語同士の距離があまりにも離れすぎているため、スピーキングはもとより、リスニングでさえも頭がうまく動かないのです。
(言語の大きな乖離)

例えば、

「昨日、部長がはなしていたこと、ちゃんとわかった?」

この日本語を英語化するには英語のルールである「主語」と「述語」が必要になってきます。

では、主語はなんでしょうか?
部長でしょうか?

述語はなんでしょうか?
「はなしていた」?
それとも「わかった?」

本当の答えは、主語は「あなた」で、述語は「わかった?」です。

これを瞬時に判断して、発話する際には、主語、述語、修飾語の順で並べて音声化しなければならないのです。

「あなた わかった? 部長がはなしていたことを 昨日」

これを瞬時に頭の中で組み立てられなければなりません。
これができる脳のことを、通常、「英語脳」と呼んでいます。

英語脳をつくるのに?

では、この英語脳を作るためには、どのくらい時間がかかるのでしょうか?

(参照:https://www.bogol.jp

上記の赤の曲線で示したように、国内で、通常の英会話学習法(英会話スクール、書籍、一般的なアプリ、コーチングなど)で、毎日1時間1年ほど学習した場合はなかなか英語力は上達しません。 それは、教材の良さや質なども関係していますが、やはり日本語の環境下で学習するとどうしてもすぐに日本語脳に戻ってしまう(引っ張られてしまう)からです。

では海外で完全な英語のみの環境下で学習した場合はどうかというと、1年間で約2000時間を英語学習に費やしたとしたら、青の曲線で示したような英語力の上昇が見られます。

しかし、留学をして、そんな英語だけの環境下で学べる機会を誰もが持てるとは限りませんよね。

(参照:https://www.bogol.jp

そこで、海外で2000時間費やした時の傾向である、「急に英語力が伸びていくターニングポイント」に焦点をあて、それまでの間に、学習者の頭の中で何が起きたのかを研究し、ロジックに落とし込んで、日本人にとって最も効率的に、最短で、2000時間と同じ成果を出すことができる学習システムを開発した企業があります。

BOGOL(ボゴル:https://www.bogol.jp)という企業です。

サイトには、彼らのロジックの詳細が書かれておりますので、ご興味のある方は読まれると面白いと思います。

特に、企業としてビジネス英会話力の向上が必要なところの人事部の方や、中小企業の社長さんは必見です!

スポンサーリンク


関連記事

  1. 独学で英会話力を伸ばす勉強法!!

  2. 効果が数倍上がる「スピーチ型」英会話のススメ

  3. 「社会人のあなたに」ビジネス英語の上達(2)~学習メディアとの付き合い…

  4. <英文ライティング>英語らしい文章を書けるようになるには

  5. SNSで英語学習! 世界中から「いいね!」をもらっちゃおう 

  6. 「社会人のあなたに」ビジネス英語力の上達への道(7) ~教材/通信教育…

PAGE TOP

海外情報

世界各国の面白いクリスマス~変わったクリスマスがいっぱい!~

英語関連インフォ

スヌーピーの英語名言集~こころに響く一言から短文まで~

世界のメンター

Facebookの創設者、マーク・ザッカーバーグ(Mark Zuckerberg…

英語関連インフォ

【子供も歌える!】英語の有名なクリスマスソング 7曲

英語の勉強法

企業の人事部必見!社員の英会話力のつけ方!

世界のメンター

Googleの創業者、ラリー・ペイジ ”Larry PageR…

英語の勉強法

渡辺直美のNY(ニューヨーク)の軌跡と夢と英語!

英語関連インフォ

アメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリアなど人気10カ国への留学のための学生ビ…

海外情報

オーストラリア英語とアメリカ英語の違いは?オーストラリアの文化も知ろう!

海外情報

すぐわかる!入管法改正と外国人労働者問題