fbpx

英語の勉強法

ワーキングホリデーで英語を伸ばす方法

ワーキングホリデーとは

ワーキングホリデーという言葉を聞いたことがある人も多いかもしれませんが、
ワーキングホリデーとはそもそも何なのでしょうか。

【広告】日本最大級の留学総合サイト【School With】

通常海外へ滞在するには「ビザ」という滞在許可証がいります。
日本人の場合3ヶ月までの滞在であればビザを免除される場合が多いのですが、
長期滞在の場合は何らかの目的が必要です。

18歳以上30歳未満であれば、文化交流という目的のもと1年間滞在でき、
語学学校にも一定期間通え、合法的に働くこともできる
というのがワーキングホリデービザです。

主な提携国はオーストラリア、カナダ、ニュージーランド、イギリスなど。
1980年にオーストラリアと協定を結んだことを皮切りに、現在では20ヶ国と協定しています。

スポンサーリンク

最強ビザ・ワーキングホリデーの弱点

1年間滞在でき、語学学校にも通う事ができ、働くこともできる。
学校で英語を学んで、ホームステイで英語を使い、英語を使って仕事をする。
まさに英語漬けの毎日で英語力がすごく伸びる、
という幻想を抱く方も多いかもしれません。

しかし、まったく英語力が伸びなかった、という人も多いのです。
これだけ英語の環境に浸かれるのに、なぜ英語力が伸びないのでしょうか?

答えは広がりすぎたワーキングホリデー制度と自由すぎる特長にあります。

今や主要国にいけばどこに行っても日本人がいて、
いざとなったら日本語で何とかなってしまいます。
また、勉強を目的とする学生ビザと違い、
ワーキングホリデーは語学学校に通学してもしなくても良いのです。
学生ビザは出席率が悪ければ国から強制退去命令がでますが、
ワーキングホリデーはさぼっても大丈夫です。

人間は弱い生き物ですので、日本語でコミュニケーションがとれるのであれば
日本語では不自由しないので、だんだんと英語を使わなくなってしまいます。
気がついたら周りは日本人の友人ばかり、
英語の勉強習慣よりも遊びの習慣がついてしまい
英語力が伸びないまま帰国というケースもよくある話です。

ワーキングホリデーで英語力は伸びるのか?

なかには「ワーキングホリデーで英語力は伸びないのではないか」
という人もいますが、それは違うかもしれません。
もちろん英語力が伸びない人がいるのも事実ですが、過ごし方や事前の準備で
ワーキングホリデーでも英語力を伸ばせるチャンスはたくさんあります。

ワーホリで英語力を伸ばす方法① 事前準備

日本人同士固まってしまう原因のひとつに
「英語ができないことへの不安」があります。

英語ができない者同士、言葉が通じる日本語で話すのは
慣れない海外ではものすごく安心感があります。

英語を不安に感じる人の多くは
「日本で英語の準備をしていなかった」という共通点があります。

英語ができないからどうしよう、と思っていたけど準備できなかった人もいれば、
何とかなるでしょ、と楽観的に考えた人もいてその理由は様々ですが、
現地についた途端に周りは英語環境です。

当然不安は押し寄せてきますので、近くに日本人がいたら頼りたくなります。
しかし、現地で英語を話すと気がつくと思いますが、
現地ではそれほど難しい英文法や単語を使うことは多くありません。

もちろん、たまには「あれ。」と思うこともありますが、
中学レベルの英語をしっかり日本で勉強していれば
コミュニケーションをとるくらいであれば問題ないはずです。

中学英語は近くの本屋さんで簡単なテキストを買えば復習できます。
好きな映画や洋楽でもリスニングは十分学習できます。
こちらのサイトには様々な英語勉強法が載っていますので、
自分に合う勉強法を探して、簡単なものから一日30分で構わないので
英語学習を始めましょう。

ワーホリで英語力を伸ばす方法② 日本人の少ない国へ渡航

治安、物価、仕事の探しやすさなどからワーキングホリデーで人気のある国は
オーストラリア、カナダ、ニュージーランド、イギリスに絞られています。

20ヶ国の協定国のうち約9割はこの4ヶ国に集中しているのです。
逆を言えば、残り16ヶ国は日本人が非常に少ないということです。

【広告】日本最大級の留学総合サイト【School With】

例えばイギリスのすぐ近くにあるアイルランドは毎年400人の募集をかけていますが、
今まで満員になったことはありません。
(イギリスは毎年1,000人の募集に対して10,000人以上が応募していると言われています)

もし自分を日本人のいない環境に置いてしまいたいのであれば、
お勧めはアイルランドです。
アイルランド人は人懐っこく、アイリッシュパブで仲良くなった人と
英会話する機会も多いでしょう。

しかし、日本人が少ないということは日本語で勝負できる仕事が少ないという意味にもなります。
しっかりと日本で英語学習に励まないと、せっかくのワーキングホリデーなのに
仕事が見つからないということにもなりかねません。

まとめ

働くことで費用を抑えて、1年間英語環境に身を置くことができるワーキングホリデーは
低予算で一気に英語力を伸ばすチャンスがあるビザです。

【広告】日本最大級の留学総合サイト【School With】

反面、自由で自分次第なところがあるため、
英語力を伸ばすために必要なのが事前準備と環境作りです。

しっかりとした準備と到着後すぐの環境作りを意識して、
今しかできないワーキングホリデーで英語力を伸ばしましょう!

スポンサーリンク


関連記事

  1. 「素読」を知らない? 英語がペラペラな偉人たちの学習法!

  2. 4倍早く英語力を習得!? 英語レッスン法「カランメソッド」とは?

  3. リスニングを爆発的に伸ばす秘訣「答えを攻める」【コラム(3)】

  4. 羽生結弦選手に学べ!金メダリストの英語勉強法

  5. TOEICを勉強しながら実践のビジネス英語力を身につける方法とは?

  6. 英語の発音(リエゾン)習得で伸び悩みリスニングを克服!!

PAGE TOP

英語の勉強法

企業の人事部必見!社員の英会話力のつけ方!

世界のメンター

Googleの創業者、ラリー・ペイジ ”Larry PageR…

英語の勉強法

渡辺直美のNY(ニューヨーク)の軌跡と夢と英語!

英語関連インフォ

アメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリアなど人気10カ国への留学のための学生ビ…

海外情報

オーストラリア英語とアメリカ英語の違いは?オーストラリアの文化も知ろう!

海外情報

すぐわかる!入管法改正と外国人労働者問題

英語の勉強法

小さい頃から英語に触れるメリットと英語教育を始めるタイミングや教育方法

海外情報

日本と海外のハロウィンの違いは?世界のハロウィンを覗いてみよう!

世界のメンター

日本を代表する実業家・資産家の孫正義氏のメンター

英会話の基礎

これだけおさえればOK! 使える基本の接客英語フレーズ