fbpx

英語の勉強法

ネイティブスピーカーのような発音になりたい人必見!~簡単に実践できる発音練習法~

海外ドラマや洋画の俳優や女優のような
ネイティブの発音に憧れている方も多いと思います。

しかし、「あんな感じには上手く発音できない」とお悩みではありませんか?

実は、ちょっと意識を変えるだけでネイティブのような発音ができるようになるのです。

この記事ではそんなあなたに、発音練習法をご紹介いたします。

 

~ネイティブの英語発音の仕組み~

具体的な練習方法に入る前に、英語の発音の仕組みを見てみましょう。

Accent (アクセント)

ネイティブの発音で非常に重要なのがアクセントです。
アクセントを意識するだけで、随分と変わってきます。
実はアクセントは日本語からでも十分に身につけることができます。

 

Linking(単語のつながり)

Linkingとは、英語のネイティブが発音する中で、単語と単語が文脈で続いている場合に、よりスムーズに発音するために、ふたつの単語を繋げて、全く異なるひとつの英単語のように発音するルールのことです。
基本的には、直前の単語の子音と直後の単語の母音をローマ字読みをすることで、ネイティブの発音に近づきます。

 

英語独特の発音

英語の発音で日本人が意外と苦手としている発音は、[a]の発音と[l]と[r]の発音です。

・[a]の発音
「エイ」と「ア」と「オー」という3種類あります。
このうち、文頭のa、つまり「ア」という発音が苦手な人が多いようです。
この発音記号は「ǽ」というもので、「ア」と「エ」の中間のような音です。
両ほほを左右に引っ張り、口を横にあけて「ア」と発音するイメージです。
「apple」が代表的な例で、その他の「オー」は「all」、「エイ」はmakeなどが典型的な例です。

☆CDなどで音がついている単語帳やアプリを使って、ネイティブの発音を聞きながら、何度もリピートすることが大切です。

・[l]と[r]の発音
lとrを正しく発音するためのポイントは舌の位置です。
lは舌を上の歯の歯茎に付けることがポイントです。
一方、rを発音する際は、舌をどこにもつけずに舌を丸めて発音するとよいでしょう

 

息継ぎ

アクセントをつけるためには、しっかりと息継ぎをすることが大切です。
そのため、英文を読む練習をする前に/(スラッシュ)を入れて文節を明確にしてから読むとよいでしょう。
慣れてきたら、スラッシュを入れずに、大きな意味単位で区切りながら読んでみてください。

 

Rhythm(テンポ)

リズム感覚を養うことで、どこにアクセントを付ければ良いのかが感覚的に分かるようになるので、ネイティブの英語を聞くときはリズムを意識してみましょう。
英語の場合、リズムは音楽だけでなく、普通の会話文にも存在しているのです。

ネイティブの英語発音にはこのような仕組みがあるのです。
そのため、ネイティブのような発音を目指すのであれば、これらのポイントを抑えていかなければならないのです。

 

スポンサーリンク

~効果的な練習方法~

それでは、次にネイティブのような発音になるための効果的な練習方法について解説していきます。

 

①洋画のセリフを真似する

映画好きの人には特におすすめです。
発音練習で洋画を見る際には、音声も字幕も英語にしましょう

できるだけ、登場人物が発音したあとについて、マネをしていきましょう。
ただし、発音がよく聞き取れなかったり、早さについていけないことも多いため、お気に入りの映画のセリフを聞けるCDやアプリを使って、スピードをコントロールし、聞き取れる速さまでゆっくりにして練習することをお勧めします。(※)

(※)これを英語教育の第一人者である池田和弘教授は「スローリスニング」と名付け、脳科学的な見地から提唱しています。
「超スローリスニング」も池田氏が名づけ、提唱している「発話(スピーキング)」のための独自の方法論です。
http://kazuhiroikeda.com/theory/post-1494.html

②英語の絵本を音読する

絵本というのがポイントです。
絵本は小さい子でも読みやすいように簡単な単語を使っているので、発音の練習には最適です。

また、絵本はストーリー性があるため、モチベーションを維持しやすく、自然と単語量が増えたり、英語の規則性(文法)を学ぶこともできます

☆ 発音が分からない場合は、辞書で調べてみてください。
ネイティブの発音を聞いて、正しい発音で練習しましょう。

③洋楽を聴く

洋楽を聴いて、耳から発音を覚えるのも効果的です。
ただし、音楽は、アーティストによってはなまりが強い人もいるため、最初のうちは、ビートルズのような奇麗な発音の曲や、オールディーズ、子ども用の曲で発音練習するのがよいでしょう。

洋楽の動画を見ながらの学習もお薦めです。
CarpentersやBruno Mars、Mar noon5などは、聞き取りやすい上に、分かりやすい単語が多く使われています。

洋楽で練習するメリットは、Linkingをしっかりと練習することができるという点です。
Linkingをより正確に勉強するためには、歌詞を見ながら聴いて歌ってみることをおすすめします。

④単語帳に付属でついているCDを聞く

普段の生活でも英語にできるだけ触れる習慣をつけておきましょう。
例えば通勤(通学)中に単語の音声を聴き、マネするだけでも発音がずいぶん良くなります。

⑤カラオケの精密採点を使う

意外に知られていないのですが、楽しく簡単にできる練習方法がこれです。
練習方法は、とても簡単で、精密採点機能でこぶし(水色の丸い輪のマーク)がたくさん出るように意識しながら歌うだけです。

☆コツは「どこに強弱をつけているか」に注目して曲を聴いて練習してみましょう。
また、Linkingを意識することで、リズムよく歌えるようになります。

 

~まとめ~

今回ご紹介した「ネイティブの英語発音の仕組み」を是非意識してみてください。

また、上記にあげた5つの効果的な学習方法を参考に、あなたなりの発音練習をしていけば、きっとネイティブスピーカーのような
発音で話せるようになるでしょう。

スポンサーリンク


関連記事

  1. 間違いだらけの英会話学習法 ~初心者が英会話を短期間で身につける秘訣は…

  2. いつから子どもは英会話を学べばよいのか?

  3. TOEICを勉強しながら実践のビジネス英語力を身につける方法とは?

  4. 「読み」が隠された秘訣だった!【コラム(2)】

  5. “気まま”に英会話を楽しみ最大の効果を上げる

  6. 英作文の得点アップ!豊かな表現を使いこなそう

PAGE TOP

世界のメンター

アップルの創業者、スティーブ・ジョブズのメンターたち

海外情報

世界各国の面白いクリスマス~変わったクリスマスがいっぱい!~

英語関連インフォ

スヌーピーの英語名言集~こころに響く一言から短文まで~

世界のメンター

Facebookの創設者、マーク・ザッカーバーグ(Mark Zuckerberg…

英語関連インフォ

【子供も歌える!】英語の有名なクリスマスソング 7曲

英語の勉強法

企業の人事部必見!社員の英会話力のつけ方!

世界のメンター

Googleの創業者、ラリー・ペイジ ”Larry PageR…

英語の勉強法

渡辺直美のNY(ニューヨーク)の軌跡と夢と英語!

英語関連インフォ

アメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリアなど人気10カ国への留学のための学生ビ…

海外情報

オーストラリア英語とアメリカ英語の違いは?オーストラリアの文化も知ろう!