fbpx

英語の勉強法

「社会人のあなたに」ビジネス英語力の上達への道(5) ~英語スクール活用による英語力向上のヒント(後編)~

はじめに

前回は、英語・英会話スクールの特徴や活用の仕方から、
英語力向上のヒントを探してみました。

今回はその続編で、もう少し深く探ってみましょう。

 

スポンサーリンク

英語スクールのメリットとデメリット

まずは、各スクール・タイプの長所と短所をもう一度押さえておきます。

どのタイプのスクールも専門の講師や先生がいます。
スクールの評判や実績は、とても重要になってきますので、
日々クラスの改善や、メソッドの再確認などを行っているのが普通です。

講師レベルもスクールとしては、とても気にしています。
例えば、TOEIC専門のスクールでは、講師に定期的にテストを受験させ、
スコアーを提出させたりしているスクールもあります。

【広告】 “成果コミット型” 英会話ALUGO

しかし、英会話スクールの外国人講師については要注意かもしれません。
一昔前に、駅前を含めスクールが乱立していた時代がありました。
当時のスクールは外国人講師が不足していましたので、
「英語が話せるネイティブの人」であれば、即採用していた
ということも一部でありました。

今日、多くのスクールで評判や口コミを重要視していますので、
十分に教育を受けた言語的能力の高い外国人講師が多数、
在籍しているとは思われます。

まずは、ネットやカタログで十分にプロフィールなどを
確認されると良いでしょう。

独学でやるよりも、当然上達のスピードが上がる反面、
費用も掛かることは十分に認識しなければなりません。
とくにマンツーマンは、一般クラスやグループクラスとは違い、
費用もかなり高くなりますので、そのあたりも十分に考慮してください。

前回、お伝えしました「一時間当たりの授業料」もよく考えて、
経済的に払えるか、何年継続できるかなども、注意してください。
スクール授業料を値引き交渉することは、ほぼありませんが、
入学金免除などのキャンペーン期間を設けているところは多いです。
タイミングがあえば、それを利用されると良いでしょう。

 

スクール学習を最大限に活用するために

せっかく高い授業料を支払うわけですから、
最大限にスクール学習を活用したいものです。

以下に、いくつか重要なポイントを上げますので、参考にしてください。

<予習・復習は大切です>

英語および英会話スクールも学校ですので、やはり予習および復習は必須です。
英語力向上には欠かせません。
スクールによっては、宿題というかたちで、自宅学習を促すところもありますが、
明確な目的をもって通学していると思いますので、進んで予・復習を行ってください。

忙しい日々を送られている社会人ですので、
できれば時間のある週末に行うのがポイントです。
たとえば土曜日クラスの場合、
復習は当日もしくは翌日の日曜日までに完了させましょう。

復習内容はレッスンの見直しや、宿題があれば行ってください。
また、単語や重要フレーズなどは再度チェックされことをおすすめします。

【広告】 “成果コミット型” 英会話ALUGO

また予習ですが、週末にできればベターですが、
大変な場合は平日のどこかの時間で行うのも方法です。
以下の予習ステップを参考にしてください。

<講師の活用>

スクールのメリットは専門でプロの講師が英語を教えてくれることです。
やはり、積極的に活用してください。 上達の早道です。

では具体的に、何をどうすれば良いのでしょうか。

* 英語に関するすべての疑問解消; 例えば、英文の構造や単語・フレーズの使い方など、
様々な語学疑問をぶつけて、解消してください。
* 学習の取り組み方について: カウンセリング的なサポートもお願いしてみましょう。
学習方法や注意点などアドバイスをもらいましょう。「目からうろこ」的な情報ももらえるかもしれません。

その他、なんでも疑問点は聞いてください。
クラス終了後に時間を取ってもらうのが、良いでしょう。
本当に良いスクールはそういうサポートやフォローも真剣に向き合ってくれるはずです。

 

学習スタイルとスクール学習を考える

以前お話ししました学習スタイルを覚えていますでしょうか。
忙しい社会人の方々には、ぜひスクール学習をそのスタイルに組み込むことにより、
より無理なく効率よく英語学習を進めていってください。

先ほど取り上げました予習・復習ですが、
これをあなた自身の学習スタイル(時間と場所)に組み込んでみてください。
きっと無理なく学習に取り組めるはずです。

自宅以外の場所も活用するということで、以下の例では、カフェを選んでみました。
声に出して、練習することはできないですが、
それ以外であれば、他のお客さんに迷惑が掛からないでしょう。

平日は仕事で疲れているでしょうから、集中して学習は大変かもしれません。
平日のなかである曜日は、短くても良いので、自宅で時間を取ってみては如何でしょうか。
もしくは、頭の元気な早朝に、可能であれば「朝学習」もやる価値あるでしょう。

まとめ

1.スクールのメリットとデメリットを再認識し、ベストなスクールで学習・レッスン。
2.予習復習も怠らず、スクールや専門講師を英語力向上に最大限の活用。
3.学習スタイルに合った無理のないような、スケジュールを立てて学習。

スポンサーリンク


関連記事

  1. 何が目的で英会話を習うのか?

  2. スピーキングが英語学習を変える【コラム(11)】

  3. 劇的に語彙を増やす方法!

  4. 英語の発音(リエゾン)習得で伸び悩みリスニングを克服!!

  5. 黙読の効果を知ろう!英語学習に上手く活用する方法

  6. サッカーワールドカップでも大活躍!吉田麻也選手の英語力と勉強法

PAGE TOP

英語の勉強法

企業の人事部必見!社員の英会話力のつけ方!

世界のメンター

Googleの創業者、ラリー・ペイジ ”Larry PageR…

英語の勉強法

渡辺直美のNY(ニューヨーク)の軌跡と夢と英語!

英語関連インフォ

アメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリアなど人気10カ国への留学のための学生ビ…

海外情報

オーストラリア英語とアメリカ英語の違いは?オーストラリアの文化も知ろう!

海外情報

すぐわかる!入管法改正と外国人労働者問題

英語の勉強法

小さい頃から英語に触れるメリットと英語教育を始めるタイミングや教育方法

海外情報

日本と海外のハロウィンの違いは?世界のハロウィンを覗いてみよう!

世界のメンター

日本を代表する実業家・資産家の孫正義氏のメンター

英会話の基礎

これだけおさえればOK! 使える基本の接客英語フレーズ