fbpx

英語の勉強法

「社会人のあなたに」ビジネス英語の上達(1) ~あなたに合う学習スタイルを~

はじめに

今回のテーマは、学習スタイルです。
忙しい日々を過ごされている社会人にとっては、英語学習をどう取り組むか、
そしてどう継続していくかは、大きな課題です。

【広告】 “成果コミット型” 英会話ALUGO

学習スタイルを見直すことにより、一つのヒントを提供していきます。

スポンサーリンク

まずは、レベルチェックを

パブリックな英語テストといえば、
TOEIC, TOEFL、英検、IELTSなど様々、存在します。
すべてのテストは一般的に対象としている受験者は異なります。

TOEIC® (https://www.ets.org/jp/toeic) は、社会人の間で広く認知され、
多くの企業でも英語のレベルチェックで、
また昇進の基準として使用されています。
もし、あなたの企業でこのテストの受講を奨めているのであれば、
受験してみるのも良いのでは、ないでしょうか。

あなたが受験したListening and Reading テストの結果(スコアー)が、
あなたの手元に届きます。
英語の読み聞きに関してのあなたの英語力を客観的に示されていますので、
それを把握してください。
また別に、Speaking and Writing テストも実施されています。
もしあなたが中上級者であれば、このテストを受験し、
レベルをチェックされるとよいでしょう。

(国際ビジネスコミュニケーション協会:「TOEIC® Program DATA & ANALYSIS 2017 まとまる」2017年6月30日プレスリリースより)

【広告】 “成果コミット型” 英会話ALUGO

現在のあなたの英語力を客観的に把握することにより、
次で説明する目標設定へと進んでいってください。
(また定期的に受験することをお勧めします。
自分のレベル到達度や進捗度をチェックするのに、スコアーは目安となります。)

ギャップを埋めるために

あなたが到達したいレベルはどこでしょうか?
TOEIC®はあくまでもテストであり、スコアーというかたちで
英語力の到達点を教えてくれます。
企業の人事では、昇進や異動でも活用したりするケースがあります。

しかし、仕事現場で実際に求められている英語力は、
人によって、部署によって異なります。

リスニング、ライティング、スピーキング、リーディングなど様々な技能があり、
当然すべてが関連していて、すべてが揃って、はじめて総合的な英語力となります。

あなたはこの総合力をゴールとされているのではないでしょうか。
しかし、まずはこれらの4技能のどれを高めたいか、
フォーカスするものを決めてください

そして次に、各々の技能をどれくらいのレベルまで到達させたいかです。
これは、人によって様々です。
つまり、仕事(職場)で何ができるようになりたいかがポイントになるでしょう。
仕事、部署、役職など、あなたの置かれている状況によって、
当然求められるレベルも異なってきます。

例えば、ライティングの場合、社内外に対しての簡単なE-mailや
メモの作成から、レポート・パワーポイント資料の作成まであり、
リーディングの場合だと、英語メモの理解から、論文やレポートなどの読解まで、
かなり幅広い域で求める英語力のレベルが異なります。

あなたはどの辺りまで、出来るようになりたいですか?

まずは、どの英語技能をどれくらいに到達させたいか
の目標設定をしてみてください。

設定ができれば、次に今回のテーマである「学習スタイル」に注目していきます。

あなたにベストな学習スタイルは

毎日仕事に追われている社会人は、英語学習できる時間も限られています。
社会的な流れで、残業時間が少なくなったとは言え、
学習するのは週末や仕事の後が多いのではないでしょうか。

あなたにとって、場所(学習スペースやシチュエーション)と時間を上手に、
組み合わせて学習スタイルを構築してみてください

以下のチャートは、社会人で想定される英語活動の一般的なシチュエーションと、
各々の英語力に適しているかを表したものです。

*運動中:ウォーキング、ジョギング、ジムでの運動

自宅や英語スクールという場所では、すべての英語学習に適した空間と言えます。
自宅は自分だけの空間を作り出すことができますし、
スクールなどは、授業料の対価としてそれを提供してくれます。

しかし、ウォーキングやジョギングなどの運動中には、
限られた英語力(リスニング)のみにフィットしていると言えます。
また、通勤と運動時間は、それら自体が主目的であり、
英語学習は、その時間の活用という側面があります。

あなたの生活・仕事習慣にあわせて、英語学習に最適な可能な場所を選んでください
そしてぜひ、英語学習を習慣のなかに、組み込んでください。

次に、時間やタイミングを確認していきましょう。
時間というのは、日常どれくらいの時間を、
いつ学習に向けられるかをいうことです。

一般的な社会人は、忙しい平日を過ごしています。
8時間は会社勤務をし、そして往復の通勤時間もかかってきます。
当然、睡眠や食事など生活に必要な時間は存在します。
それ以外の自由な時間帯を英語学習に振り分けられるかを、
今一度、確認してみてください。
そして、一週間に5日ある平日を、有意義に学習時間に使ってください。

【広告】週末2日だけの短期集中英語!今すぐ英語が必要な方に!【 English Boot Camp 】

週末や休日は、家族の予定などに左右されるケースもありますが、
会社勤務はなく、比較的自由にスケジュールを組むことができるはずです。
その時に自分に最適な、またお好みの場所を選ぶことにより、
効率的に学習を進めることが可能となります。

例えば、ライティングに特化した英語スクールに
土曜日のある時間帯に、通学する。
お気に入りのカフェで、パソコンを使っての学習ソフトをやってみる。
自宅で気に入ったDVDソフトを、英語のサブタイトルで、鑑賞する。

時間と場所を上手に生活習慣に組み込むことにより、
それをスタイルとして、無理なく、継続できる学習を行いましょう。

まとめ

以下の手順で進めることをお勧めします。

1. 自分のレベルのチェック
2. どの英語技能(リスニング、ライティング、スピーキング)を
  上達させたいかの明解化
3. どのレベルまで到達させたいか(目標設定)
4. 学習スタイルの確立と生活習慣への組み込み

学習メディアや方法は大切になりますが、
今回のテーマである「学習スタイル」を生活習慣にどう組み込んでいくかが、
日々忙しい社会人にとって、最重要な課題かもしれません。

スポンサーリンク


関連記事

  1. 英語力がぐんぐん伸びる英語日記の書き方

  2. 人気女優、北川景子さんの英語力と英語学習法

  3. 英語力習得のために、英語の資格は必要か?最も有効な資格の取り方とは?

  4. 発音記号はもう卒業! 楽しく効率よく正しい発音を身に付ける方法は?

  5. 劇的に語彙を増やす方法!

  6. 中学英語から始めよう!効果的に英話を話せるようになる方法!

PAGE TOP

英語の勉強法

企業の人事部必見!社員の英会話力のつけ方!

世界のメンター

Googleの創業者、ラリー・ペイジ ”Larry PageR…

英語の勉強法

渡辺直美のNY(ニューヨーク)の軌跡と夢と英語!

英語関連インフォ

アメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリアなど人気10カ国への留学のための学生ビ…

海外情報

オーストラリア英語とアメリカ英語の違いは?オーストラリアの文化も知ろう!

海外情報

すぐわかる!入管法改正と外国人労働者問題

英語の勉強法

小さい頃から英語に触れるメリットと英語教育を始めるタイミングや教育方法

海外情報

日本と海外のハロウィンの違いは?世界のハロウィンを覗いてみよう!

世界のメンター

日本を代表する実業家・資産家の孫正義氏のメンター

英会話の基礎

これだけおさえればOK! 使える基本の接客英語フレーズ