fbpx

英語検定

TOEIC900点超えと英検1級、目指すならどっち?

日本人に馴染みのあるこの2つの英語力テスト。
両方受けるという事も出来ますが、お金もかかりますしそれぞれ対策も違います。
片方だけ受けるならどちらの方がいいのでしょうか。
また、どちらのレベルが上なのでしょうか。

テストの性質を理解した上で、自分のニーズに合った方を目指すことが重要です。
難易度・特徴・おすすめのケースについてまとめてみました。

 

TOEIC900点超えと英検1級。どちらが簡単?

「どちらでもいいから履歴書に書きたい!」なんて時、
取得しやすいのはどちらなんでしょうか。

ちまたでは同列に語られたり、酷いと英検1級の方が下、
なんてトンデモ意見を目にする事もありますが、これはどう考えてもTOEICが簡単です。

理由は以下の4つ。
・必要な語彙数が少ない
・完全マークシート
・ライティングとスピーキングがない
・特化した対策をすれば点が取れる

詳しく見て行きましょう。
TOEIC900点に必要とされる語彙数は10000語
対して英検1級に必要とされる語彙数は10000~15000語と言われています。

とはいえ「TOEIC900点に10000語も要らない」という意見も非常に良く見ますし、
「英検1級は10000語でもギリギリだった」という意見もあったり、
両者の間にはかなりの開きがあると思います。

英検1級の単語には日本語すら怪しいようなハイレベルなものも多く登場します。
これらをきちんと覚えるのはなかなか至難の業。
それぞれの参考書を手に取って頂けると分かると思うのですが、
英検1級の単語は本当に難しいです。

また、TOEICは完全マークシート制。
スペルの心配をしなくていいどころか、実はカンで答えた所がまぐれで正解、
なんて事も良く起こります。

さらに、TOEICが「聞く・読む」だけなのに対し、
英検はそこに自分の意見を瞬時に的確ににまとめ上げて表現する、
ライティングと英語面接が加わります

この2つの難易度はほかの分野とは桁違いです。
ライティングは繰り返し訓練すれば一人でも何とかできますが、
海外経験のない日本人にとってリスニングとスピーキングが
同時に必要とされる面接は対策も難しく、恐怖すら感じるものではないでしょうか。

英検1級保持者で全く話せない人というのはテストの性質上ありえませんが、
TOEIC900点以上でも英会話で全く使い物にならない、
という人がごろごろいるのはよく聞く話です。

そして「TOEICの満点は対策を取らないと無理」と言われるように、
TOEICには独特のクセが存在しており、
受験者の間で単に「英語力を上げる」とはまた違った対策が行われています。

これを利用してTOEICに特化した対策をすれば、
本来の英語力よりも上の点を取る事も可能なのです。

 

スポンサーリンク

個人的な体験では、簡単なのはTOEIC

8年前に、アメリカに留学して半年経った頃に
全く対策をせずにTOEICを受けてみた事があります。

その時の結果は、860点。  内訳はリスニング470点のリーディング390点でした。
(時間配分を考えていなくてリーディングの途中で時間が足りなくなってしまいました。)

900点超えていない私が言うのもなんですが、
就職にとても重要視されているという事からもっと難しいテストだと思っていたので、
対策なしの初受験でここまで取れてしまった事に拍子抜けしました。

860点って900点超え程ではなくても結構高得点扱いをされるんですが、
当時自分の英語力がネイティブの中で通用するものではない事を
ひしひしと実感していた時期だったので、
このテストがもてはやされていることに強い疑問を持ちました。

ちなみにこの時から海外生活8年、
私の英語力は比べ物にならない程上がっていますが、
未だに英検1級は受かる気がしないです。
語彙のレベルが違い過ぎます。

 

きちんとした英語が身に付くのはどっち?

筆者のカナダ人の夫に、TOEIC900点以上対策の本と、
英検1級対策の本を見せてみた事があります。

感想は、
英検1級:「イギリス英語の表現が多いけど、英語はしっかりしていて好感が持てる。
下手したらネイティブでも間違えそうな難しい単語が沢山あるね。」
TOEIC:(単語選択問題を見て)「…消去法でなんとか選べるけどこんな言い方普通しないよ。
英語が不自然。言いたい事はまぁ伝わるけど。」
というものでした。

「とりあえず、ビジネス英語をある程度聞き取れるようになりたい!」
ならTOEICでも十分ですが、
「実際にハイレベルな環境でネイティブと対等に渡り合えるくらいの英語力を身に着けたい」
なら英検一級だと思います。

 

日本企業への就職に使いたいなら、TOEIC一択

ですが、資格試験を受ける動機なんて「自分の実力を試したい!」という半ば趣味の人を除けば、
「○○に必要だから」「○○に有利だから」という物ですよね。

相手側から指定がある場合はそれを取得するしかありませんが、
どちらでも良いなら、より簡単で見栄えのする方がいいと思うのは当然です。

現在、日本のビジネスシーンではTOEIC信仰が強いですし、
高得点も取りやすいのでわざわざ英検1級を目指す必要はないと思います。
サクッとTOEICの対策をして、高得点を取ってしまいましょう

 

まとめ

いかがでしたか?
こんなに難易度が違うのに、英検1級が軽視されているのが不思議です。
これからどちらを目指せばいいか迷っている方は、
・純粋に英語の上達を目指したい・本当に使える英語を身に着けたいなら英検1級
・一般的な就職で有利になりたいならTOEIC900点
と上手に使い分けて下さいね。

ライター:ごまさく

 

【必見】英会話の基礎、日常英会話を効果的に習得したいなら

あなたが、身につけるべき英語のスキルは、
英語とどうかかわるか(かかわりたいか)によって異なってきます。

例えば、映画を字幕なしで見れるようになりたいのであれば、
基本的にはリスリング力と語彙力を鍛えればよいのです。

また、ビジネス会話を習得したいような場合は、
まずは実際に現場で使う表現を収集し、
それに対してリスング力、スピーキング力、語彙力を
高めていく方法を取るのがベストです。

これは、ESP(English for Specific Purposes「特定の目的のための英語」)
のための学習法で、この方法で学ぶことで、
非常に短期間で効果をあげることができます。

このESPの学習は「ビジネス」だけではなく、
「技術」や「科学」、「医学」、「観光」、「芸術」、「スポーツ」など、
幅広いジャンルでも応用できます

特定の目的によって、よく使われる語彙や表現、文法までもが限定されるため、
実は市販で販売されている「ビジネス英語」や「おもてなしのための英語」
などの書籍や教材を購入しても、なかなか学習の効果はでにくいのです。

そして、実は、習得するのがなによりも難しいのが「日常会話」です。
ビジネス会話の方が難しいと思っていたかもしれませんが、
実は「日常会話」の方がトピック(話題)が多岐にわたり、
使われる語彙や表現の数も圧倒的に多いのです。
また、新しい言葉が流行と共に次々と生まれてくるため
習得するのが難しくなっています。

では、「日常英会話」を効果的に習得するためにはどうすればよいのでしょうか?

それは、「基礎」+「ESP」という学習方法をとることです。

つまり、まずは日常会話の基礎(通常の会話で頻繁に使用される表現や語彙)を
先に短期間で確実に習得し、
その後、自分の興味のある分野について
(ビジネス、ゲーム、ファッション、食べものなど)、
ESPの学習を繰り返し、話せる分野を広げていくのが最も効率的なのです。


 

スポンサーリンク


関連記事

  1. IELTS Academic Writing テスト対策

  2. IELTSを知り、IELTSを攻略しよう!~初級者向き IELTS学習…

  3. オーストラリアの大学で医療職を勉強したい方の英語対策と学習方法

  4. 英語で英語を教える資格、TESOLとその必要性

  5. 今からでも小学校の英語の先生を目指せる!民間資格J-SHINEとは?

  6. 中学受験に有利になる英検3級や準2級の勉強法【合格実証済み!】

PAGE TOP

英語の勉強法

企業の人事部必見!社員の英会話力のつけ方!

世界のメンター

Googleの創業者、ラリー・ペイジ ”Larry PageR…

英語の勉強法

渡辺直美のNY(ニューヨーク)の軌跡と夢と英語!

英語関連インフォ

アメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリアなど人気10カ国への留学のための学生ビ…

海外情報

オーストラリア英語とアメリカ英語の違いは?オーストラリアの文化も知ろう!

海外情報

すぐわかる!入管法改正と外国人労働者問題

英語の勉強法

小さい頃から英語に触れるメリットと英語教育を始めるタイミングや教育方法

海外情報

日本と海外のハロウィンの違いは?世界のハロウィンを覗いてみよう!

世界のメンター

日本を代表する実業家・資産家の孫正義氏のメンター

英会話の基礎

これだけおさえればOK! 使える基本の接客英語フレーズ