fbpx

英語検定

TOEICの性質を知ればスコアだけでなく使える英語力がつく!

問題を解く= 英語力がつく?

あなたは、TOEICの学習に関して、
「問題を解かないとスコアアップできない」と思っていませんか?

「問題を解いて英語力をつける」というのは当たり前のことのように思えます。

しかし、実はこれが落とし穴なのです。

受験勉強を経験していると、「問題を解く= 力がつく」と思いがちです。
しかし、英語に関して言えば、「問題を解く= 英語力がつく」とはなりません

どちらかというと使える英語力を身につけるためには、
無用な苦労をして遠回りすることになります。

なぜかというと、テストとトレーニングは全く異なるものだからです。
本来、テストはトレーニングによって身に付けた力を「測定する」ツールでなければなりません。
そして、そのトレーニングこそが、英語力そのものを「養う」ツールであるべきなのです。

スポンサーリンク

問題を解かずにTOEIC600点

さて、ではTOEICがどのようなテストになっているかというと、受験英語とは真逆です。
つまり、受験のような、細々として、ときに奇怪な問題は出題されません。
そのため極端な話、TOEICの過去問などを1問も解かなくてもTOEICでは高得点を取ることが可能です。

例えば、TOEICの問題を解かずに、高校生でTOEIC 600点以上を取ってしまった人もいます。
その人は、学校の英文法の授業で英語が分からなくなってしまい、
文法書や問題集から離れてしまったのですが、
いつか海外に行きたいという気持ちと、海外の映画やドラマが好きだったため、
英日の字幕を参照したり、辞書を引いたり、
また好きな役者のセリフをそっくり真似て暗唱したりして学習したのです。
そして、この方法で楽しみながら勉強して、難なく600点をクリアーし、
そのまま英語の強い大学入試にも合格したのです。

TOEICというテストの性質について理解できると、十分に有り得る話です。
しかも、この人は、大学に合格したにもかかわらず、文法についてはほとんど知りません。

テストの性質を知れば道は開ける!

では、なぜTOEICでは、このようなことが可能なのでしょうか?
それは、日本の受験英語のテスト類と異なり、
TOEICは「英語への慣れ具合」を測定するように作られているからです。

TOEICが、速読・速聴を求めるのはそのためです。
また、とくに重要な点として、TOEICでは文法・語法についても、このコンセプトが貫かれており、
こまかい点については問いません。
ごく基本的な文法と語彙力が必要なテストなのです。

そのため、映画やドラマで学習しようと、
また海外に住もうと、
英語に慣れてさえいれば、問題を解かなくても高いスコアが取れるのです。

まず英語を大きくつかむ力を養い、そこから徐々に精密な英語力を養う
―これがTOEICの発想なのです。

実は、この発想は、人間の頭の働き方によく合っています。
また、世界の語学教育の流れとも合致しているのです。

TOEICのメッセージ

なぜTOEICは「慣れる」ということにこだわり、
直観的に英語をとらえる力を見ようとするのでしょうか。

その理由は、そのような力こそが使える英語力に直結しているからです。

ルールを覚え、ルールを使えるようにするという発想では、実践的な英語力は身に付きません。

私たちが、国文法についての詳しい知識なしに、日本語を直観的に使うことができるように、
英語においても「慣れ」を養うことで、直観的に言葉を使う能力につなげるべきだ。

それが、TOEICが私たちに送っているメッセージなのです。

「英語に慣れる」の意味を理解する

では、「英語に慣れる」というのはいったいどういう意味なのでしょうか。

まずは、以下の問題に挑戦してみてください。

【問題】
下の文章の( )の中に、選択肢からもっとも適切なものを選んで入れて下さい。急な事で申し訳ございませんが、私は明日京都に出張(  )。①するかもしれません
②することがあります
③するつもりです
④することになりました


さて、どうですか?

答えは、もちろん④です。
これは“外国人”にとってはかなり難しい問題だと言えます。
しかし、今あなたは瞬時に正解することができたはずです。

なぜでしょうか?
文法が分かるからでしょうか?

もし、あなたがこの問題について「文法を使って解説してください」と言われたら、
あなたはできるでしょうか?
考えるだけでもぞっとしますね。

実際には、教える方にとってだけでなく、教えられる方にとっても、非常に大変なことになります。

つまり、この問題もあなたがすぐに正解を選べた理由は、
「文法」を学習したからではなく「慣れ」にあるのです。

それでは、具体的に、私たちはどのようにして英語に慣れていけば良いのでしょうか。

英語に慣れる方法

英語に慣れるための効果的な学習方法はひとつしかありません。

英文を、その和訳とともにどんどんと耳で聞き、目で見て、声にも出して読み上げることです。

英→日、日→英と何度も聞いて読み上げます。
こうすると、英文の中に含まれている規則性(つまり文法)が自然と吸収されていきます。
映画・ドラマや洋楽の好きな人が、夢中になって英語(+その和訳)を聞いたり、
読み上げたり、暗唱したりしているうちに、
高度なリスニング力や会話力を身に付けてしまうのは、その典型例です。
とくに映画・ドラマの場合には映像もあり、ストーリー性もありますのでさらに効果的です。

1つだけ気をつけないといけない点があります。
この方法はあくまでも“夢中で”というのが大切なポイントなのです。
そのため、「テストのために」というスタンスでいると、なかなか成果が出せません。

また、中途半端な段階でテストに手を出すと、痛い目に遭うことになります。
(学習量とスコアが確実に比例するわけではないため、伸びていない状況に落胆したり、
精神的にショックを受けたりします。)

自分で判断して、最近何だかセリフが良く聞き取れるようになってきたかな?と思え始めたところにTOEICを受けると、450~500点程度は確実に取れるはずです。
そして、そのまま「心から楽しんでいるだけ」で、600点、700点とスコアを伸ばすことができます。

この方法の圧倒的な利点は、まず学習が「この上なく楽しい」ことなのですが、
その他にも大きな利点があります。

それは、テスト対策の詰め込み勉強を行うわけではないので、
「800点を取ったのにロクに話せない+書けない」というようなことにはならず、
「使える英語が身に付く」ということです。

ある意味で理想の学習法と言えるでしょう。

映画を使った英語学習にご興味がある方は、こちらの記事をご覧ください。
「映画で英語学習をするコツ!」

スポンサーリンク


関連記事

  1. 中学受験に有利になる英検3級や準2級の勉強法【合格実証済み!】

  2. 【2019年保存版】結果をだすためにTOEFL iBTの詳細を知ろう!…

  3. IELTSを知り、IELTSを攻略しよう!~初級者向き IELTS学習…

  4. TOEIC900点超えと英検1級、目指すならどっち?

  5. 今からでも小学校の英語の先生を目指せる!民間資格J-SHINEとは?

  6. 永久資格の英語検定 ケンブリッジ英検とは?

PAGE TOP

英語の勉強法

企業の人事部必見!社員の英会話力のつけ方!

世界のメンター

Googleの創業者、ラリー・ペイジ ”Larry PageR…

英語の勉強法

渡辺直美のNY(ニューヨーク)の軌跡と夢と英語!

英語関連インフォ

アメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリアなど人気10カ国への留学のための学生ビ…

海外情報

オーストラリア英語とアメリカ英語の違いは?オーストラリアの文化も知ろう!

海外情報

すぐわかる!入管法改正と外国人労働者問題

英語の勉強法

小さい頃から英語に触れるメリットと英語教育を始めるタイミングや教育方法

海外情報

日本と海外のハロウィンの違いは?世界のハロウィンを覗いてみよう!

世界のメンター

日本を代表する実業家・資産家の孫正義氏のメンター

英会話の基礎

これだけおさえればOK! 使える基本の接客英語フレーズ