fbpx

英語検定

TOEICで点数が高い人でも英会話はできない?

 TOEICは日本で最もメジャーと言っても良いくらい知られた英語検定試験です。
試験時の難易度や置かれた状況(学生、社会人)などにもよりますが、平均点は大体500点台の半ばくらいです。
TOEIC800点以上のスコアをたたき出す人は就職にも有利とされ、周りからは英会話もかなりできると思われがちですが、実際は世間一般の印象とは異なり、TOEICの高得点保持者でも意外に英会話になると尻込みするケースが多いようです。

TOEIC高得点者=英会話が問題なくできる?

私自身海外で長期滞在していた経験がありますが、TOEIC高得点者で英会話が問題なくできる人の方がまれでした。
TOEIC高得点者自身も、TOEICで点数がとれる=英会話力があるとは思っていません。
むしろ、高得点なのに英会話が苦手であることに後ろめたさを感じている人が多いのが事実です。
では、なぜTOEICで点数が高くても、英会話が苦手という現象が起こるのでしょうか。

 

スポンサーリンク

TOEICの最大の弱点はSpeakingがないこと

TOEICの一般的な試験(L&R)にはSpeakingがありません
Speaking & Writingの試験もありますが、まだまだメジャーとは言えず、企業が評価する試験は未だにSpeakingなしのものでOKという場合がほとんどです。
単純に考えてSpeakingの練習をしていないのに、Speakingが上達するはずがありません
例えるならば、通信教育で空手を習っている人がいるとして、いきなり試合に出場しても、実戦で練習している人に勝てることがないのと同じです。

 

アウトプットが全くないこと

TOEICの試験対策をどれだけしても、Hearing(Listening)=インプットであって、アウトプットのトレーニングが全くありません
そのため、相手の言っていることが分かっても、それに対して答える(アウトプットする)習慣がないため、会話を成り立たせるのが困難です。

 

TOEIC高得点者はみんな英会話ができないの?

ここまでの話を聞くと、結局TOEICの高得点を持っていても、みんな英会話はできないんだ、という印象になりそうですが、決してそんなことはありません。
TOEICで高得点を取得したという事実よりも、TOEIC高得点に至った課程で、話せるか、話せないかが分かれるからです。

 

TOEICの高得点者は以下のように大きく分けて3タイプいます。

●タイプA:マニア型
資格取得が趣味の様になっていて、点数が上がることにステータスを感じる。
実生活や仕事で使う機会はないが、高得点をたたき出すことのみを目的に勉強に励んでいる。

●タイプB:帰国子女型
TOEICのテクニックや受験勉強をしたことはほとんどないが、海外に長く滞在していたことで自然に英語力が身についたタイプ。
海外の高校・大学卒業者や長期の語学留学経験者などがこのタイプに属する。

●タイプC:ビジネス型
仕事で使わざるを得ない形で英語力が伸びたタイプ。元々の英語力も日本人の平均より高い人が多く、基礎力があった上で、実践で力を伸ばしてきたタイプ。

 

このように、様々な課程でTOEICのハイスコアにたどり着いた人がいますが、この中でどのタイプが英会話が苦手かは、容易に想像がつくのではないでしょうか?

そう、皆さんの予想通り、タイプAのTOEIC高得点者は英会話が苦手な人が多く、中にはほとんど話せないという人すらいます
その理由は説明するまでもないでしょうが、学習過程において、アウトプットをほとんどしてこないからなのです。

タイプBはそもそも本当の英語力を身につけて帰国しているので、TOEICの高得点は難なく取得できるでしょう。TOEICの試験もネイティブからすれば、通常900点は取れるように作られている問題ですので、現地で英語だけで授業を受けてきた帰国子女にとっては簡単なはずです。

タイプCは後天的に実践で英会話をしなければいけない場面が多く、しっかり練習しながら試合をたくさんこなしてきたツワモノです。
インプットもアウトプットも実践で行ってきているため、英会話も問題ないでしょう。

では、なぜ日本人のTOEIC高得点者は英会話ができない人が多いのかと言いますと、タイプAが最も多いからなのです。
もちろん、ただの趣味で学習している人ばかりではなく、転職や就職のために必死に勉強している人もたくさんいますが、残念ながらアウトプットをほとんどしてきていないのが全員の共通点なのです。

 

英会話力をつけるのにTOEICの勉強は意味がないのか?

ここまでの読んでみて、TOEICの高得点をとっても、英会話は身につかないので、全く意味がないのではと感じる人がいるかもしれませんが、そんなことはありません。

TOEICを学習して高得点を目指すことで、英語のインプット力は確実に身に付きますし、実用的なビジネス会話の語彙力も身につきます

「会話力」とは「インプット力」+「アウトプット力」であるため、TOEICを学習することでインプット力が上がり、理解するところまではできるようになるのです。

言ってみれば、筋トレやランニングで基礎体力をつける様なものです。
サッカーやバスケをやり始める際に、筋トレやランニングを一切せずに実践する人と、しっかりと基礎体力をつけてからそれらを始める人とでは、同じ初心者でも成長スピードが異なります

そのため、本当の英会話力をつけたい人は、TOEICという基礎体力をつけることのみに満足せず、外国人と交流するMeet upなどのSNSを駆使したり、オンライン英会話をしたりして、実践すべきです。
せっかく身についた基礎体力は無駄にすることなく、ぜひ実践で活かし、話すことにつなげてみてくださいね!

 

スピーキング力を短期間で身につける方法

「スピーキング力」を最短で効果的に身につける方法は、
ESP(English for Specific Purposes「特定の目的のための英語」)の学習法です。

この方法では言語習得において、短期間で効果をあげることができます。

また、「ビジネス」や「科学」、「医学」、「観光」、「芸術」、「スポーツ」など、
幅広いジャンルに対応できます

実は、英語だけでなく、母語(日本語)について考えても分かると思いますが、
「会話」とは一定の「話題」についてのやり取りが基本であり、
話題に応じて、よく使われる語彙や表現、文法までもが限定されるのです

だからこそ、ESPの学習法が最も効果的なのですが、
ほとんどの学習者は、そのことを知らず、
市販で販売されている一般的な「英会話」の書籍や教材、
または、オンライン英会話が提供するテキストに沿って、
(フリーカンバセーションはさらに非効率的です)
学習するため、なかなかスピーキング力が身につかないのです。

スポンサーリンク


関連記事

  1. IELTSを知り、IELTSを攻略しよう!~初級者向き IELTS学習…

  2. IELTSはネタ帳作りが鍵!

  3. オーストラリアの大学で医療職を勉強したい方の英語対策と学習方法

  4. 【2019年保存版】結果をだすためにTOEFL iBTの詳細を知ろう!…

  5. IELTSでハイスコアをとるための教材4選

  6. 英語講師として採用されるための絶対条件CELTAとは?

PAGE TOP

世界のメンター

アップルの創業者、スティーブ・ジョブズのメンターたち

海外情報

世界各国の面白いクリスマス~変わったクリスマスがいっぱい!~

英語関連インフォ

スヌーピーの英語名言集~こころに響く一言から短文まで~

世界のメンター

Facebookの創設者、マーク・ザッカーバーグ(Mark Zuckerberg…

英語関連インフォ

【子供も歌える!】英語の有名なクリスマスソング 7曲

英語の勉強法

企業の人事部必見!社員の英会話力のつけ方!

世界のメンター

Googleの創業者、ラリー・ペイジ ”Larry PageR…

英語の勉強法

渡辺直美のNY(ニューヨーク)の軌跡と夢と英語!

英語関連インフォ

アメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリアなど人気10カ国への留学のための学生ビ…

海外情報

オーストラリア英語とアメリカ英語の違いは?オーストラリアの文化も知ろう!