fbpx

英語検定

英語力検定試験の種類とCEFR(セファール)

いままで、日本国内では、英語力検定試験は数多く存在していたにもかかわらず、それらのスコアに著しい相関関係が見られず、英語力の判断基準としても信頼性が高くありませんでした。

ところが、近年、文部科学省が英語の4技能向上とそれらを判定することを小学校から大学までの英語の試験(受験を含む)で求める方向に舵を切ったことから、ひとつの指標が注目されるようになってきたのです。

その名もCEFR(セファール)といい、欧米を中心に、既に、外国語におけるコミュニケーション能力を測るものさしとして広く活用されています。

CEFR(セファール)とは?

CEFRとは、( Common European Framework of Reference for Languages)の略でヨーロッパ言語共通参照枠と言います。 これは、外国語のコミュニケーション能力を表す国際標準規格の指標で、言語の枠や国境を越えて、異なる試験を相互に比較することが出来るものです。

CEFR は欧州評議会によって、20年以上にわたる研究と実証実験の末に開発され、2001 年に公開されました。
現在は、英語を含め38の言語の参照枠が提供されており、外国語の熟達度を A1、A2 、B1、B2、C1、C2 の 6 レベルに分けて説明しています。

CEFR のレベルは、その言語を使って「具体的に何ができるか」を表している「can-do descriptor」を用い、コミュニケーションの状況や話題、タスク、目的に関する分析のほか、コミュニケーションに用いられる能力についてレベル別の解説が記載されています。

英語の教員研修や、教育課程の改革、さらには、教材の開発において、今後ますますこのCEFRが用いられるようになるでしょう。

また、CEFR は言語資格を承認する根拠にもなるため、国境や言語の枠を越えて、教育や就労の流動性を促進することにも役立っているようです。
そのため、今後は、単に英語力の指標としてだけではなく、日本での外国人の就労にも利用されていくのではないでしょうか。

スポンサーリンク

CEFRのレベル別に「何ができるか」を示した熟達度

「英語」のCEFR

日本ではあまり知られていなかったCEFRですが、2012年からNHKが語学番組のレベル表記に使用しはじめたことから、次第と国内でも認識されるようになりました。

特に、文部科学省が推し進めている2020年を大きな区切りとした英語改革。 この年には、小学校、中学校で英語授業の在り方が大きく変わります。 また、大学入試でも大幅な改定が行われるため、各大学が入試の指標としてCEFRを取り入れ始めています。

このCERFを日本国内で実施されている英語力認定試験に導入することで、どういうメリットがあるのかというと、各試験のスコアが国際基準に照らし合わされることで、受験者の英語力が世界でどのくらい通用するか、つまり、真の英語力を判断することができるのです。

そもそも、陸続きで移民の多いヨーロッパでこの指標が広まったのは、例えば、就労の際に履歴書に「私の英語力はCEFRでC1レベル」と書くことで、どの国でも、その人の英語力が容易に判断できるからであり、これからは日本人もCEFRの表記によって、世界のどこででも、入学や就労手続きが容易になるかもしれません。

日本国内の主な英語力検定試験とCEFR

日本国内で実施されている主な英語力認定試験について、CEFRを元に比較表にまとめたものです。 それぞれの比較は、各試験実施団体の最新情報を元に作成しています。
参照:英語4技能試験情報サイト

英語の4技能の指標のため、TOEICも今まで主流だったL&Rだけでなく、S&Wのスコアとの合計点での判断になってきています。

主な英語力検定試験の概要

現在、国内で受験できる主な英語力検定試験は以下のとおりです。

出展:文部科学省「全国学力・学習状況調査における中学校の英語の実施に関する最終報告」2017/03/30

英語力検定試験はキャリアに有利なものを受験すべし!

人生のキャリアを考える上で、自分の英語力を正確に知っておくことはとても大切です。
そのためには、CEFRに準拠した英語力検定試験を受験することで判断できます。

ただし、どの試験を受けるかは、今後進むべく道に最も有利なものを選ぶのが良いでしょう。

例えば、就活に最も有利に働くのは、現時点ではTOEICでしょうし、中学や高校受験には英検が有利だと思われます。

留学をするのなら、IELTSTOEFL iBTを受験すべきでしょうし、国内の大学入試では、TEAPGTEC CBTで良いかもしれません。 ただし、将来的な留学を視野に入れているのであれば、やはり、IELTSかTOEFLのどちらかの試験を受けるべきでしょう。

主な英語力検定試験の出題意図・語彙数・国際通用性

留学の判断目的を明確に打ち出しているTOEFL iBTですが、最近は、IELTSがTOEFLよりも人気を上回っており、受験者と受け入れ大学数が著しく増加傾向にあるようです。

また、各試験の語彙数を見てもらうと分かるように、およそ3000語以上あれば、90%以上の理解ができるような試験になっています。 ただし、この3000語は基準がコーパスであると思われるため、中学・高校で習う語彙力プラスαだと考えた方がよいかもしれません。

出展:文部科学省「全国学力・学習状況調査における中学校の英語の実施に関する最終報告」2017/03/30

スポンサーリンク


関連記事

  1. 中学受験に有利になる英検3級や準2級の勉強法【合格実証済み!】

  2. 2020年に向けて「英検」の人気上昇中! 各級の特徴とその対策は?

  3. 英検の学習は「授業」や「受験」に有利?

  4. オーストラリアの大学で医療職を勉強したい方の英語対策と学習方法

  5. 永久資格の英語検定 ケンブリッジ英検とは?

  6. 英語で英語を教える資格、TESOLとその必要性

PAGE TOP

海外情報

世界各国の面白いクリスマス~変わったクリスマスがいっぱい!~

英語関連インフォ

スヌーピーの英語名言集~こころに響く一言から短文まで~

世界のメンター

Facebookの創設者、マーク・ザッカーバーグ(Mark Zuckerberg…

英語関連インフォ

【子供も歌える!】英語の有名なクリスマスソング 7曲

英語の勉強法

企業の人事部必見!社員の英会話力のつけ方!

世界のメンター

Googleの創業者、ラリー・ペイジ ”Larry PageR…

英語の勉強法

渡辺直美のNY(ニューヨーク)の軌跡と夢と英語!

英語関連インフォ

アメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリアなど人気10カ国への留学のための学生ビ…

海外情報

オーストラリア英語とアメリカ英語の違いは?オーストラリアの文化も知ろう!

海外情報

すぐわかる!入管法改正と外国人労働者問題