fbpx

英語検定

英語で英語を教える資格、TESOLとその必要性

英語学習は一回はまると楽しくなって、どんどんその魅力にはまっていきます。
そしてある程度のレベルまで達すると、今度は英語を教えてみたいと思う人も
いるのではないでしょうか。
現時点ではそのレベルに達していなくても、いつかは誰かに英語を教えてみたい、
と思う人もいるかもしれません。

日本では中学生以上に英語を教える場合、英語の教員免許が必要です。
小学校は以前まで英語がなかったため、小学生用の英語資格はありませんでした。
しかし、2011年より小学校5年生からの英語教育を必修化が始まり、
2020年には小学校3年生からの必修化も決定しています。
その様な背景のなか、民間資格のJ-SHINEが小学校で英語を教えられる資格として
登場しました。

J-SHINEについては以下の記事に詳しく掲載しています。
「今からでも小学校の英語の先生を目指せる!民間資格J-SHINEとは?」

しかし、当然ですがJ-SHINEで英語を教えられるのは日本人に限られます
私たち日本人が、日本人以外の人たちに英語で英語を教える
ということはできるのでしょうか?

 

世界で認められた英語教授法 TESOL

世界中を見渡すと、英語を英語で教える語学学校が数千とあり、
教える先生は、英語が母国語ではない人向けの英語教授法に関する資格
取得する必要があります。

その資格がTESOLです。

TESOLとは、Teaching English to Speakers of Other Languagesの略です。
ちなみに、子供用の教授法は間にC(Children)が入り、
TECSOLという資格になります。

また、TESOLには段階があり、一括りにはできません。
certificate、diploma、master、doctorと後になればなるほど取得するまでの期間も長く、
内容も深くなります。

内容に関しては主に、第二言語習得理論、4技能(読み、書き、聞く、話す)の教授法、
プレゼンテーションの方法など非ネイティブに関して英語を学ぶ上でのポイントを学びます。

英語を教える立場として学ぶため、求められる英語力は高いです。
通常はIELTS7.0以上、TOEICであれば900くらいのレベルを求められます。
しかし、TOEFLiBT61、TOEIC 650、IELTS 5.5程度でもcertificateを習得できる
語学学校のコースもあります。
最短であればcertificateは5週間ほどで習得できますが、
博士課程まで習得する場合は2~3年かけて学びます。

それほど高くない英語力で短期間でも挑戦できるため、
まずはcertificateから取得しよう、という人におすすめの国は
オーストラリア、ニュージーランド、カナダ、イギリスです。

これらの国にはTESOL資格を取得できる語学学校があるため、
まずは一般英語コースで英語に慣れてからTESOLコースへ移行することもできます。
取得費用の相場は約20~30万円年に3~5回と開始日が決まっているため、
検討する場合は事前にチェックしてください。

 

スポンサーリンク

TESOL以外の英語教授法

世界的にはTESOLがメジャーですが、英語教授法はほかにも存在します。
それがTEFL、TESLです。

・TEFL
Teaching English as a Foreign Languageの略で、
非英語圏における英語教授法

・TESL
Teaching English as a Second Languageの略で、
英語圏における第二外国語としての英語教授法

文章にすると意味が分かりづらいですね。
簡単に言うとTEFLは非英語圏(日本、韓国、フランスなど)で英語を教えられる資格、
TESLは英語圏(アメリカ、イギリス、オーストラリアなど)で英語を教えられる資格です。

言ってしまえば教えられる国の違いがあるだけで、
大きな枠で考えるとTESOLと呼称が違うだけとも言えます。

そして、もう一つ、イギリスのケンブリッジ大学が認定している英語教授法があります。
それがCELTAです。

TESOLと何が違うかと言うと、認定団体が違います。
こちらも英語で英語を教えるという意味では違いはないのですが、
一般的にケンブリッジ大学認定のCELTAの方が難しく、
ステータスも高く評価されることが多いです。
どちらが正しいということはないのですが、TESOLはレクチャー寄り、
CELTAは実践向きと言われています。

 

スポンサーリンク


関連記事

  1. IELTSでハイスコアをとるための教材4選

  2. 中学受験に有利になる英検3級や準2級の勉強法【合格実証済み!】

  3. TOEICの性質を知ればスコアだけでなく使える英語力がつく!

  4. IELTSはネタ帳作りが鍵!

  5. 2020年に向けて「英検」の人気上昇中! 各級の特徴とその対策は?

  6. IELTS Academic Writing テスト対策

PAGE TOP

英語の勉強法

企業の人事部必見!社員の英会話力のつけ方!

世界のメンター

Googleの創業者、ラリー・ペイジ ”Larry PageR…

英語の勉強法

渡辺直美のNY(ニューヨーク)の軌跡と夢と英語!

英語関連インフォ

アメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリアなど人気10カ国への留学のための学生ビ…

海外情報

オーストラリア英語とアメリカ英語の違いは?オーストラリアの文化も知ろう!

海外情報

すぐわかる!入管法改正と外国人労働者問題

英語の勉強法

小さい頃から英語に触れるメリットと英語教育を始めるタイミングや教育方法

海外情報

日本と海外のハロウィンの違いは?世界のハロウィンを覗いてみよう!

世界のメンター

日本を代表する実業家・資産家の孫正義氏のメンター

英会話の基礎

これだけおさえればOK! 使える基本の接客英語フレーズ