fbpx

英語検定

永久資格の英語検定 ケンブリッジ英検とは?

日本で英語学習をしていると、まず目標にあげられるのが
TOEICスコアや英検ではないでしょうか。

「TOEIC700ほしい!」
「英検準1級に合格したい!」
などそれぞれに目標を定められている方も多いかもしれません。

日本ではまだあまり知られていませんが、
世界的には非常に有名な英語検定資格に
「ケンブリッジ英検」というものがあります。

聞いたことがある方も初めて聞いた方もいらっしゃると思います。

今回は世界基準の英検資格のケンブリッジ英検についてご説明いたします。

ケンブリッジ英検とは

1858年にイギリスの名門ケンブリッジ大学が設立した英語検定で、
ヨーロッパを主流として世界中で権威があり、年間受験者数約300万人
約130ヶ国で実施されています。
世界で1万を超える企業・学校が英語力を証明するスコアとして認定しています。

ちなみに日本・韓国などのアジア圏で最もメジャーなTOEICの
全てのプログラムを合わせた受験者数は年間約280万人。
英語が得意とされるヨーロッパ圏で、日本や韓国でいうTOEIC以上に
受験されていることになります。

検定機関はAssociation of Language Testers in Europe=ALTE
(ヨーロッパ語学検定協会)。
主にヨーロッパ諸国を対象とした国際基準の英語能力評価となります。

リーディング、ライティング、リスニング、グラマーのほかに
スピーキングも含めた5つすべてが評価対象となります。

日本人はスピーキングに苦手意識があるため敬遠してしまいがちですが、
この資格のすごいところは一度とると期限なしで
ALTEが認める国際資格になるというところです。

そのためヨーロッパ、オーストラリア、ニュージーランドなどのイギリス英語圏の語学学校では
必ずと言っていいほど「ケンブリッジ英検コース」があり、
多くの留学生がケンブリッジ英検取得のために切磋琢磨しています。

余談となりますが、ケンブリッジ英検コースは日本人が非常に少ないコースになります。
日本人はクラスに1人、多くても2人くらいです。
日本人のいない環境にしたい方はケンブリッジ英検コースに
入学しても良いかもしれません。
(ただし入学には中級以上の英語力は必須です)

スポンサーリンク

ケンブリッジ英検の種類とは

KET・・・いわゆる初級編。英語を使ってコミュニケーションが可能なレベル。
TOEICでは比較しづらいのですが、あえて点数をつけるとすれば
300~400レベル。PET・・・英語圏で海外生活できる人くらいのレベル。
いわゆる日常会話に近いレベル。TOEIC400~500くらい。FCE・・・英語を使って仕事に役立てたいレベル。受験者も一番多い。
TOEIC650~700くらい。CAE・・・会議で英語のプレゼンを率先してでき、
チームをまとめられるくらいのレベル。TOEIC最低700以上。

CPE・・・ほぼネイティブと変わらないレベル。
というよりネイティブでも合格できないこともあるそうです。
(私たちが漢字検定や日本語検定合格できない様なものですね!)TOEIC最低900以上。

履歴書に書いて「お!」と思われるのは最低でもFCE
できればCAEがあれば尚良し!という感じですね。

ケンブリッジ英検はどこで受けられるの?受験料は?

実はケンブリッジ英検は受験料が試験会場によって違います。
平均の受験料は約27,000円くらい。 結構な高額です。
また試験会場も受けたいテストにより定められているのですが、会場も少ない!
例えば受験者が一番多いFCEでさえ全国4地域・7ヶ所しかありません。

参照:Cambridge Assessment English

そして受験頻度も少ない!
東京で行われるケンブリッジ試験も年に4度ほどしかありません。

試験会場は以下から検索できます
http://www.cambridgeenglish.org/jp/find-a-centre/find-an-exam-centre/

ケンブリッジ英検取得に向いている方

・現在の学習に物足りなさを感じている人

・ほかの人が持っていない資格を手に入れたい人

・将来海外就職も視野にいれている人

・外資系でバリバリ英語を使う本格派な英語の仕事をしたい人

・一生残せる英語資格がほしい人

・スピーキングを含めたトータル的な英語能力を伸ばしたい人

なぜ日本ではメジャーではないの?

海外でこれだけメジャーな英語検定資格がなぜ日本では有名でないのでしょうか?
日本人の苦手なスピーキングが必須で日本にはなじみにくい、
試験代が高くTOEICや英検の様に気軽に受験できない、
日本人が発案したTOEICや英検をメジャーにして内需を拡大したいから、
など諸説あります。

まとめ

英語を使う日本企業や日本の大学進学の際に評価を上げたいのであれば、
TOEICの方が有利でしょう。

実際、職安で「英語」と検索すれば、条件ででてくる約7~8割は
TOEICスコアを求められ、ケンブリッジ英検を求められることはまずありません。

海外就職や海外進学、スピーキングを含めた総合英語力としての
英語検定資格を取得したいのであれば、ケンブリッジ英検がおすすめです。

これからの英語学習の目標としてぜひご検討ください!

スポンサーリンク


関連記事

  1. オーストラリアの大学で医療職を勉強したい方の英語対策と学習方法

  2. TOEICで点数が高い人でも英会話はできない?

  3. IELTSはネタ帳作りが鍵!

  4. IELTSを知り、IELTSを攻略しよう!~初級者向き IELTS学習…

  5. IELTSでハイスコアをとるための教材4選

  6. 海外留学 TOEFLとIELTS、どっちがいいの?

PAGE TOP

英語の勉強法

企業の人事部必見!社員の英会話力のつけ方!

世界のメンター

Googleの創業者、ラリー・ペイジ ”Larry PageR…

英語の勉強法

渡辺直美のNY(ニューヨーク)の軌跡と夢と英語!

英語関連インフォ

アメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリアなど人気10カ国への留学のための学生ビ…

海外情報

オーストラリア英語とアメリカ英語の違いは?オーストラリアの文化も知ろう!

海外情報

すぐわかる!入管法改正と外国人労働者問題

英語の勉強法

小さい頃から英語に触れるメリットと英語教育を始めるタイミングや教育方法

海外情報

日本と海外のハロウィンの違いは?世界のハロウィンを覗いてみよう!

世界のメンター

日本を代表する実業家・資産家の孫正義氏のメンター

英会話の基礎

これだけおさえればOK! 使える基本の接客英語フレーズ