fbpx

英語検定

中学受験に有利になる英検3級や準2級の勉強法【合格実証済み!】

中学受験を考えているご家庭なら、少しでも有利にしておきたいですよね。
優遇される資格の一つに英検3級または準2級があります。
小学校でも英語が教科化されたとはいえ、授業では、簡単な文法や単語を
遊びながら学んでいく程度なので、3級や準2級に合格しようと思ったら
それなりの勉強が必要です。

そこで今回は、3級と準2級に合格できる勉強法をご紹介します。

 

~そもそも、英検3級や準2級ってどのくらいのレベル?~

(参照: 日本英語検定協会)

勉強に入る前に、まずは、それぞれの級のレベルと試験構成を
しっかり把握しておきましょう。

○3級
・レベル:中学校卒業程度
[ 問題構成 ]
☆筆記試験(1次試験) 合格ライン6割
①語句の穴埋め問題(単語の4択)
②英作文(単語の並べ替え問題:5問)
③会話の穴埋め問題(2問)
④長文読解(4問)
⑤リスニング問題(5問)

☆面接(2次試験)
・入室(挨拶)
・絵カードの文章の音読
・絵を見て質問に答える
・自分自身に関する質問
・退室(挨拶)

○準2級
・レベル:高校2年生程度
[ 問題構成 ]
3級と同じ

このように、3級は中学校卒業程度、準2級は高校2年生程度と、
どちらも小学生にとっては、難易度が高いので
しっかりと対策していく必要があります。

 

スポンサーリンク

1次試験の対策は?

~語句の穴埋め問題~

この問題は単語と熟語が理解できているかどうかをみる問題です。
対策としては、中学生または高校生用の単語集を購入し、
英日の練習をしてください。

練習する際には、英語を発音し、その後に日本語の意味を言うことを繰り返し、
頭に定着させていくことがおすすめです。

また、問題を解く際には、絶対に当てはまらない選択肢が2つほどあるので
練習の際に、文脈からある程度、絞っていくように心がけましょう。
そうすることで、時間を短縮することができ、余裕を持つことができます。

単語も熟語もそうですが、これらは覚えるしかないので、
楽しそうな表紙の書籍だったり、見やすいレイアウトだったり、
ついついやりたくなるような単語集を買うことが決め手です!
その際には必ず音声が聞ける、CDなどがついていることが必須です。

~会話文の問題~

この問題では、コミュニケーション能力がどのくらいあるかを確認する問題です。
これも絶対に当てはまらない解答が2択ほどありますので、
話の流れから選択肢を絞っていくように練習しましょう。

あと、小学生にとっては会話のパターンを知っておくと有利です。
どういうような会話内容なのかをまず知ることが重要ですので、
問題を解く前に先に日本語訳(会話文)を見て、
内容を理解してから、聞く練習をするのも非常に効果があります。

~英作文の問題~

この問題では、出題された日本語の文章を正しく英訳できるかどうかを問われています。
押さえておきたいのは、カッコ内だけでなく、文全体で意味が通じるように
作文を考えなければいけないというところです。

準2級になるとカッコ直後の単語と組み合わせて熟語になっているという問題も
頻繁に出題されるので注意が必要です。

ここの対策は、多くの問題集をやることで力がつくのですが、
そのやり方は問題を解くのではなく、答えを攻めるというやり方です。

つまり、まず、問題を解かず、答え(正解)を見ます。
そして、日本語と照らし合わせて、その正解な英文を
丸暗記するくらい繰り返すだけです。
日本語から英語を繰り返し、それをこなす問題数を増やすことで、
正確な英文の構造や熟語が頭の中にインプットされていきます。

おそらく、数百個のパターンをやるだけで、3級のみならず、
準2級にも対応できる力がついていくはずです。

この英作文では、配点が高くなっているので、5問中3問は
正解しておきたいところです。

~長文読解~

ここでは、読解力が試されています。
長文を解くときのポイントは、練習時から、問題を先に読んで
何を聞かれているのかを意識する癖をつけることが重要です。

5W1H、「What(何を)」「When(いつ)」「Where(どこで)」「Who(誰が)」「Why(なぜ)」
「How(どのようにして)」の疑問詞を問題文から見つけ出して、
それに対応する、「In(~で)」「Because(なぜなら)」「That is why(そういうわけで)」
「Using by(~を使って)」というような対応するワードを文中から探していくことで
正確な答えを見つけやすくなります。

さらに長文読解の問題の傾向として1段落に1問答えがありますので、
このことを頭に入れておくと、より効率的に問題を解くことができます。

長文読解の練習は、こちらにも書かれていますので、是非、ご参照ください。
「~英文がスラスラ読める(上達する)ための5つのコツ~」
https://goo.gl/3Zyari
こちらを小学生に合わせてゆっくりじっくりやっていくと次第に読めるようになります。

~リスニング問題~

リスニングの問題も長文読解の問題と同じように、
疑問詞を正確に聞き取る事ができるかどうかがポイントです。

リスニング問題では、文章と問題が2回繰り返して読まれますので
1回目は特に問題文に集中して、何を問われているかどうかを理解し、
2回目で問題文と設問をリンクさせることで、回答率をあげることができます。

ただし、準2級では設問に疑問詞が入っていない問題が出題されため、
問題文をより集中して、意図を理解する必要があります。

 

2次試験:面接の対策は?

2次試験は、1次試験の合格発表があってから後日に行われますので、
1次試験が行われた1週間後に英検の公式HPに出される解答速報で
答え合わせをして、6割くらい取れていたら面接の練習を始めましょう。

~面接の審査基準~

面接では、態度・スピーキングスキル・コミュニケーション能力の3つで審査されます。
注意しなければならないのは、何度も「I beg your Pardon?」と聞き返したり
日本語を使ってしまうと減点になってしまうという点です。
あと、態度(attitude)が意外と重要なので、気を付けてください。

~面接で合格するためのコツ~

① 笑顔で大きな声で一生懸命答える
文法や単語が多少間違っていても、「話そうとしている気持ち」を
態度で伝えるようにしましょう。
出来る限りアイコンタクトを取りながら話すと良いですよ!

② アクセントと区切りを意識する
文章を読む際には、区切り/(スラッシュ)と単語のアクセントを意識して
大きな声で読むようにしましょう。

③ 質問を正確に聞き取って、聞かれたことにだけ答えるようにする
焦ってしまったり、「たくさん話した方が良い」と思って、
聞かれてないことまで話してしまう人がいますが、
それは逆効果になって「問題を理解していない」と判断されてしまう可能性があるので、
聞かれたことだけに正確に答えるようにしましょう。

面接試験は、本番で緊張しないように何度も練習を重ねれば大丈夫です!

 

~まとめ~

小学生が英検3級や準2級に合格するのは、結構、難度の高いことですが、
上記のようにじっくりと対策を立てて、繰り返しトレーニングすれば、
きっと合格できますので、頑張ってください!

 

 

スポンサーリンク


関連記事

  1. 海外留学 TOEFLとIELTS、どっちがいいの?

  2. オーストラリアの大学で医療職を勉強したい方の英語対策と学習方法

  3. TOEICで点数が高い人でも英会話はできない?

  4. 英語力検定試験の種類とCEFR(セファール)

  5. 英検の学習は「授業」や「受験」に有利?

  6. IELTSを知り、IELTSを攻略しよう!~初級者向き IELTS学習…

PAGE TOP

英語の勉強法

企業の人事部必見!社員の英会話力のつけ方!

世界のメンター

Googleの創業者、ラリー・ペイジ ”Larry PageR…

英語の勉強法

渡辺直美のNY(ニューヨーク)の軌跡と夢と英語!

英語関連インフォ

アメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリアなど人気10カ国への留学のための学生ビ…

海外情報

オーストラリア英語とアメリカ英語の違いは?オーストラリアの文化も知ろう!

海外情報

すぐわかる!入管法改正と外国人労働者問題

英語の勉強法

小さい頃から英語に触れるメリットと英語教育を始めるタイミングや教育方法

海外情報

日本と海外のハロウィンの違いは?世界のハロウィンを覗いてみよう!

世界のメンター

日本を代表する実業家・資産家の孫正義氏のメンター

英会話の基礎

これだけおさえればOK! 使える基本の接客英語フレーズ