fbpx

英会話の基礎

SNSやチャット向けの英語表現!

今や、世界中で、emailでのコミュニケーションは時代遅れとなってきており、
既に、FacebookのMessengerやWhatsApp, WeChat, LINEなどで、世界中で瞬時に会話することが主流です。

次世代だけでなく、年配の世代でも、LINEによるグループチャットなどは、さらに増加傾向にあるのです。
同年代の友達との連絡はもちろんのこと、最近では、家族のつながりを強化する重要な役割として、
グループチャットというクローズドなコミュニケーションが増えてきています。

emailという動詞の誕生

emailとはご存知のように、electronic mailの略語です。
日本語では、そもそも、英語を直訳した「電子メール」と呼んでいましたが、
最近ではそのままEメールという方が一般的になっています。

このemailの誕生までは、世界中で手紙を書き、送るということが普通でした。

ちなみに、「手紙を書く」を英語にすると“write a letter” ですね。

そして、書いた手紙を「送る」ことを、“send a letter”といいます。

以前は、手紙を「書く」という動作と、書いた手紙を「送る」という動作は
全く別の行為だと認識されていました。

しかし、技術の発達、特にITの発展にともなって、emailという伝達形式が誕生すると、
“email”という言葉が次第に動詞として使われるようになり、「Eメールを書いて送る」という、
今までの「書く」と「送る」という2つの動作がひとつにまとめられるようになってきました。

それではなぜ、“email” という単語ひとつで、
「書く」と「送る」の両方の動作を表すようになったかといいますと、
それこそ、ITという情報革命によって、メールを書いたあと、
「送る」という動作に全く時間がかからなくなってしまったからです。

つまり、メールを書いた後、「送信」ボタンを押すだけで、
遅くても数秒後には相手の手元に届くため、
「送る」という動作が「書く」という動作に含まれてしまったのです。

【広告】会員数50万人突破!25分129円~のマンツーマンレッスンなら「レアジョブ英会話」

このよく似た表現で、特にテキストメッセージの文化が強かったアメリカでは、
“text”という動詞も頻繁に使われます。
例えば、「あとでテキストメールを送るよ」というのは、
“I’ll text you later.” といいます。

スポンサーリンク

テクノロジーの発展から生まれた他の動詞

昨今のテクノロジーの急速な発展で新たに生まれた動詞はその他にも多くあります。
そのなかでも有名な単語が“google”です。

本来、「google(グーグル)」はITの最先端を走る企業名ですが、
ここの検索エンジンである“google”を世界中の人が使用するようになり、
この単語が動詞として一般的に使われるようになったのです。

あなたも知っている、日本語でいう「ググる」という言葉です。

つまり、“google”とは、「グーグルで検索する」という意味をもち、
例えば、I’ll google it.というように使用します。

最近、日本ではユーチューバーが全盛期ですが、
この“youtube”という言葉も動詞として使われ、
You should youtube it.という風に使います。
その意味は、「それをYoutubeで見たほうがいいよ」です。

また、日本でも多くの方がやっているFacebookですが、
こちらも同じく動詞として以下のような使われ方をするのです。

Facebook me!     「facebookの友達に追加してよ」
I’ll facebook you.   「あなたをfacebookの友達に追加しておくよ」

SNSから生まれた動詞

Facebookと言えば、SNSの代表で、なんと、世界中で約20億人もの人が利用していると言われています。

SNSとはSocial Networking Serviceの略で、
最近ではこの略語が普通に理解され、使われています。
その最たる例として、“SNS”で、「SNSをする」という動詞として、
特に会話表現として使用されることすらあるのです。

【広告】会員数50万人突破!25分129円~のマンツーマンレッスンなら「レアジョブ英会話」

このように、SNSが一般化してくると、当然、SNSの各サービス自体が動詞化します。
日本語でも良く使われる、「ツイートする」という表現は、英語ではI tweet.と言いますし、
若い世代や芸能人が良く利用するInstagramも、
You should Instagram it. (その写真をInstagramに載せるべきだよ)
というような使い方がされています。

現代のコミュニケーションはスピードが命!

以前までよく利用されていたEメールは、比較的、ゆっくりと時間をかけて文章を書けるものでしたが、
SNSやチャットがコミュニケーション手段として主流になってくると、瞬時に言いたいことを伝え、
言葉のキャッチボールをするという風潮になってきました。

そのため、いままでのように単語の全てのつづりをタイプしていると、
時間的にロスが大きくなるため、チャットなどでは、同音を省略したり、
頭文字だけを使用する新しい省略表現が生まれてきました。

例えば、“you too” を “u2″ と表記したり、
“no problem” を “np” と表記したりします。

このような短縮形の表現で、よく使用するものを知っておくと、
今後のコミュニケーションで非常に役に立ちます。

そこで、以下に有名な省略表現をご紹介します。

●How about you? ➡ how bout u?

●How are you? ➡ how r u?

●your ➡ ur

●before ➡ B4

●for you ➡ 4u

●great ➡ gr8

●by the way ➡ btw

●later ➡ ltr

●see you later ➡ c u ltr

●please ➡ pls

●tomorrow ➡ tmrw

スポンサーリンク


関連記事

  1. 英会話を映画から学ぶ (ファインディング ニモ)

  2. これだけおさえればOK! 使える基本の接客英語フレーズ

  3. 英会話を映画から学ぶ (ハリーポッターと死の秘宝PART1)

  4. ちょっと差がつく中上級者の英会話(2)

  5. 英会話の基礎 ~Bar編~

  6. do, make, have, take —どれを使う?

PAGE TOP

英語の勉強法

企業の人事部必見!社員の英会話力のつけ方!

世界のメンター

Googleの創業者、ラリー・ペイジ ”Larry PageR…

英語の勉強法

渡辺直美のNY(ニューヨーク)の軌跡と夢と英語!

英語関連インフォ

アメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリアなど人気10カ国への留学のための学生ビ…

海外情報

オーストラリア英語とアメリカ英語の違いは?オーストラリアの文化も知ろう!

海外情報

すぐわかる!入管法改正と外国人労働者問題

英語の勉強法

小さい頃から英語に触れるメリットと英語教育を始めるタイミングや教育方法

海外情報

日本と海外のハロウィンの違いは?世界のハロウィンを覗いてみよう!

世界のメンター

日本を代表する実業家・資産家の孫正義氏のメンター

英会話の基礎

これだけおさえればOK! 使える基本の接客英語フレーズ