fbpx

英会話の基礎

英会話を映画から学ぶ (インセプション)

「一度見ただけでは理解出来ない」、「何度も見て謎を解明したくなる」、
「見るたびに新しい発見がある」のがインセプションではないでしょうか。

独創的な映像美、無重力空間でのアクション、人の夢の世界に入り込み、
他人のアイデアを盗むというスリリングかつ難解なストーリーは、
見る人全員を独特な世界観へ引き込んでいきます。

【広告】会員数50万人突破!25分129円~のマンツーマンレッスンなら「レアジョブ英会話」

主役を務めるのは「タイタニック」、「シャッター アイランド」のレオナルド・ディカプリオ
物語のキーマンとなる重要な役どころを、「ラスト サムライ」の渡辺謙が好演しています。
クリストファー・ノーラン監督の脚本であり、かつてない発想と映像の融合は、
見る人全員を圧巻させ、最後の最後まで視聴者を唸らせるストーリー展開です。

(参照)http://www.imdb.com

■あらすじ

他人の夢の中に潜入し、重要な情報を盗み出すという企業スパイが活躍する時代。
主人公のコブ(レオナルド・ディカプリオ)は、この危険な犯罪分野で
世界屈指の才能を持つ男です。

しかしその才能ゆえに最愛の妻を失い、国際指名手配犯となってしまいます。
そんなコブに、大企業のトップであるサイトー(渡辺謙)からある依頼が舞い込みます。

【広告】会員数50万人突破!25分129円~のマンツーマンレッスンなら「レアジョブ英会話」

その依頼とは、人のアイデアを盗み出すのではなく、ターゲットの潜在意識に入り、
とあるアイデアを植え付ける“インセプション”というものです。

その危険性を知るコブは迷うものの、大きな見返りを条件に承諾します。
そして、ミッションに向け、最強のメンバーを集め、いざ深い夢の中へと潜り込んでいくのです。

スポンサーリンク

■使われている英語

ジャンル: サスペンス、SF
レベル:  中級~上級者

■ストーリーからフレーズを学ぶ

5つの会話シーンからキーワードフレーズをピックアップしていきます。
ストーリーの場面から語彙を学ぶと、イメージで覚えられるため、非常に頭に残りやすいのです。

①殺人容疑の罪を着せられ、逃亡中のコブの会話

(参照)http://www.imdb.com

コブ:I can lie low there, maybe sniff out a job when things quiet down.
事態がおさまるまで身を隠して仕事を見つけるさ

【キーワード】
lie low: 警察から身を隠す
sniff out: 見つけ出す、嗅ぎつける
quiet down: 事態が静まる

②サイトー(渡辺謙)は他人の頭にアイデアを植え付けるという非常に難しい任務をコブ(レオナルド・ディカプリオ)に依頼するが、コブは乗り気ではない

(参照)http://www.imdb.com

サイトー: Can you do it?
やってくれるか?

コブ: Are you offering me a choice? Because I can find my own way to square things with Cobel.
検討の余地があるのか?自分でコベル社を調べて話の辻褄が合っているか調べることができるんだぞ。

サイトー: Then you have a choice.
なら選択肢があるな。

コブ: Then I choose to leave, sir.
なら断る方を選ばしてもらうよ。

【キーワード】
offer (人) a choice: (人)に選択肢を提供する
square things with: ~と事を一致させる
choose to ~: ~を選ぶ

③しかしサイトーは、次のように言ってコブを丸め込む

サイトー:So do you want to take a leap of faith or become an old man, filled with regret, waiting to die alone?
運命にまかせて一か八かやってみるか、後悔を抱えたまま年老いて、孤独に死を待つのか?

※or(それとも)で区切りられている2つの事柄を比べています。

【キーワード】
take a leap of faith: 一か八かの賭けにでる
filled with regret: 後悔を抱えて

④サイトーから、このミッションが成功すれば人生を取り戻す事が出来ると説得され、その保証が出来るのかと尋ねるシーン

コブ: If I could do this, I’d need a guarantee. How do I know you can deliver?
もし成功したら約束を守るという保証が欲しい。それをどう証明するんだ?

サイトー: Assemble your team, Mr. Cobb. And choose your people more wisely.
チームを集めろ、コブ。 賢く選べよ。

【キーワード】
guarantee: 保証
deliver: 提供する
assemble: 集める
wisely: 賢く

⑤アリアドネにミッションに適した設計士かどうかのテストをさせるコブ

(参照) http://www.imdb.com

(アリアドネにメモ帳とペンを渡す)

コブ:You have 2 mins to design a maze that it takes 1 min to solve.
解くのに1分かかる迷路を2分で作れ

※このthatは関係代名詞で、前にあるmazeの説明をしています。

【関係代名詞thatの例文】

●This is the novel that he wrote.
これは彼が書いた小説だ。
●The mountain that we climbed last week was very high.
私達が先週上った山はとても高かった。
●Kyoto is the most beautiful city that I have ever visited.
京都は私が今までに訪れた中で一番美しい街だ。

終わりに

タイトルであるinceptionを辞書で調べると「開始」、「発端」、「学位式」という意味。
inceptionという言葉は日常会話ではあまり使われる事はありませんが、
「the inception of a company: 会社の創業」、「the inception of an idea: アイデアの発端」、
「at the inception of ~: ~の始めに」と使用される事があります。

【広告】会員数50万人突破!25分129円~のマンツーマンレッスンなら「レアジョブ英会話」

それでは、どうして「inception」が映画のタイトルになったのでしょうか
劇中での「inception」は「発端」という意味として使われています。
映画の中で主人公であるコブは、相手の潜在意識にアイデアを植え付けようとします。
相手にアイデアを植えつけるということは、「あるアイデアの発端を作る」、
「ある考えの始まりを作る」ということで、inceptionという題名になったのではないか
と言われています。

果たしてコブは、ミッションを無事成功させ、
幸せな人生を取り戻す事が出来たのでしょうか?

見ている私たちまでも、今生きている世界は現実なのか、あるいは夢なのか
と思わず問いかけてしまうような、何回も見てこそ面白さが分かる大作です。

スポンサーリンク


関連記事

  1. 活きた英語を使うために - How are you?

  2. 海外ドラマから学ぼう!日常会話で使うスラング3

  3. 料理をしながら英語を学ぼう!

  4. 海外ドラマから学ぼう!日常会話で使うスラング(2)

  5. P!nkに学ぶ英語表現

  6. SNSやチャット向けの英語表現!

PAGE TOP

英語の勉強法

企業の人事部必見!社員の英会話力のつけ方!

世界のメンター

Googleの創業者、ラリー・ペイジ ”Larry PageR…

英語の勉強法

渡辺直美のNY(ニューヨーク)の軌跡と夢と英語!

英語関連インフォ

アメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリアなど人気10カ国への留学のための学生ビ…

海外情報

オーストラリア英語とアメリカ英語の違いは?オーストラリアの文化も知ろう!

海外情報

すぐわかる!入管法改正と外国人労働者問題

英語の勉強法

小さい頃から英語に触れるメリットと英語教育を始めるタイミングや教育方法

海外情報

日本と海外のハロウィンの違いは?世界のハロウィンを覗いてみよう!

世界のメンター

日本を代表する実業家・資産家の孫正義氏のメンター

英会話の基礎

これだけおさえればOK! 使える基本の接客英語フレーズ