fbpx

英会話の基礎

ロンドンで食べておきたい絶品イギリス料理とレストランでのお役立ちフレーズ

「イギリス料理はおいしくない!」
皆さん、このような表現を一度は聞いたことがあると思います。
しかし、それは昔の話!
ロンドンに住んで数年たつ筆者は逆においしくないお店に出会ったことはありません。

そこで今回はイギリスに来たら一度は食べてほしいイギリス料理と
レストランで役立つ英語フレーズをご紹介します。

 

1.英国パブ料理の定番、フィッシュアンドチップス

ロンドン観光したら必ず食べてほしいのは、
イギリス料理の顔と言えるフィッシュアンドチップスです。
これはビールが入った衣に白身魚をつけて高温で揚げたフライと
チップス(イギリス英語でフライドポテトのこと)を一緒の皿に出した料理です。

よく使われるのはcod(タラ)ですが、本場イギリスではそれだけではなく
haddock(モンツキダラ)、 plaice(ツノガレイ)、 skate(エイ)、 salmon(サケ)など
多岐にわたる魚を使ったフィッシュアンドチップスが味わえます。
そして、モルトビネガーをかけていただくのが本場流です。

https://en.wikipedia.org/wiki/Fish_and_chips

 

スポンサーリンク

2.日曜限定の肉料理、サンデーロースト

(参照:https://cookpad.com)

サンデーローストとは、日曜日限定の伝統料理で、家庭やパブでいただきます。
基本的には1つの皿にオーブンで焼いた肉と野菜が乗り、ヨークシャ・プディングと
呼ばれる小さくてふわふわしたパンのようなものが添えられます

肉の種類も牛、豚、ヒツジ、時にはジビエ肉が使われ、
野菜もマッシュしたswede(スウェーデンカブ)、parsnip(白ニンジン)、ブロッコリー、
さやいんげんなどが使われます。
もう一つ特徴的なのは、これらにローストした肉の肉汁から作った
グレイビーソースをかけることです。

https://en.wikipedia.org/wiki/Sunday_roast

 

3.女王が愛したケーキ、ヴィクトリア・スポンジ

(参照:https://cookpad.com)

ヴィクトリア・スポンジは、その名の通り、かつての英国女王ヴィクトリア女王が
アフタヌーンティーをするときのお気に入りのケーキとして知られていました

ふわふわのスポンジケーキにラズベリージャムとバニラクリームが
挟まっているケーキのことを指し、今でもロンドンのカフェには常に売られている
人気のケーキで、そのシンプルさも魅力です。

https://en.wikipedia.org/wiki/Sponge_cake

 

4.イギリスのジャガイモを堪能するならシェパーズパイ

(参照:https://cookpad.com)

ロンドンに住み始めて驚いたのが、ジャガイモのおいしさです。
特にマッシュポテトの滑らかさとクリーミーさは病みつきになります
そんなマッシュポテトを堪能できるメニューがシェパーズパイです。

これは、ひき肉と刻み野菜をトマトやスパイスで煮込んだものに
マッシュポテトをかぶせてパイのようにオーブンで焼き上げた料理です。

もともとはアイルランド発祥の料理ではあったものの、イギリスでも1700年代から
貧しい人々の食料としてジャガイモが普及した際に、お肉とジャガイモで
ボリュームが出るように工夫された料理と言われています。

https://en.wikibooks.org/wiki/Cookbook:Shepherd%27s_Pie

 

5.スコットランド屈指のゲテモノ料理!?ハギス

(参照:https://cookpad.com)

ハギスとは、スコットランドの郷土料理でその作り方にびっくりされてしまう
料理でも有名です。
ハギスとは、羊の臓物をミンチ状にしてスパイスと混ぜたものを、
羊の胃袋に詰めて茹でたものです。

普段、動物の内臓になじみのないヨーロッパの人々は、
こぞってこの料理をゲテモノ料理扱いしていました。
しかし、筆者がエディンバラ旅行で挑戦した際は、
その美味しさに感動してしまいました。
見た目は黒いつくねのようで、マッシュしたジャガイモやカボチャと
一緒にいただきます。

ラードの濃厚さと黒コショウのぴりっとした辛さがビールにとても合う、
一押し料理なのです。

https://en.wikipedia.org/wiki/Haggis

 

レストランで使えるフレーズ

さて、これらのイギリス料理を実際に食べてみたいと思ったあなた。
ぜひ英語で注文してみましょう。

ここでは実際にレストランで実際に使えるフレーズをご紹介します。

①入店時

日本では人数を伝えるだけですが、イギリスでは軽い挨拶から入ると印象がいいです。

Hi, a table for two, please.
こんにちは、2名分の席をお願いします。

Hello, do you have a table free?
こんにちは、席は空いていますか。

すると、スタッフが席に通してくれ、メニューを渡してくれます。

 

②注文時

注文の準備ができたら、アイコンタクトや静かに手を挙げて店員を呼びましょう。
日本でのように、大声で「すみませーん!」と呼ぶことはありません。

We are ready to order.
注文の準備ができました。

Could I have (メニューの名前)?
(メニューの名前)をください。

I’ll have the same.
同じものをお願いします。

もし、店員さんに質問がある時は以下のフレーズが使えます。
What is the special for today?
今日の特別メニューは何ですか。

What can you recommend?
おすすめは何ですか。

What is the (メニューの名前) like?
(メニューの名前)はどんな料理ですか。

そして注文が終わったら、
That’s all, thank you.
以上です。ありがとうございます。

と言います。

 

③食事中

ロンドンではミネラルウォーターは有料ですが、
水道水(tap water)であれば無料でもらえるお店が多いです。

イギリスのお水はそのまま飲んでも問題ありませんが、
心配な方はミネラルウォーターを買ったほうがいいかもしれません。
ちなみに、still waterは無炭酸sparklingだと炭酸水です。

Can I have a glass of tap water?
水道水をいただけますか。

Can I have a bottle of sparkling water?
炭酸水を1瓶ください。

そして、食事中に店員さんがときどき、「How’s everything?」などと、
食事が順調かどうか聞きに来ます。

そのようなときは、笑顔で

Yes, that is lovely!
はい、美味しいです。

Everything is great!
全部美味しいです。

など返事をしましょう。

 

④お会計

ロンドンではほとんどのレストランでテーブル会計が行われます。

まずは店員を呼び止めて、

Excuse me, please bring me the bill.
すみません、お会計お願いします。

とお願いします。
するとスタッフが請求書を持ってくるので内容に応じて支払いをします。

チップの文化について、アメリカほどの強制力はありませんが、
請求書にサービスチャージ代が付加されていない場合は、
金額の1割程度を上乗せしてお会計をするのがマナーです。
すでにサービスチャージが請求書にされていたらそのままの額を払います。

ロンドンは割り勘精算に寛大で、その場で自分が食べた分だけを
カードで支払うこともできます。

それをお願いする際は、

Can we pay separately?
割り勘払いしてもいいですか。

Can I pay by credit card?
(割り勘可能と言われた後)クレジットカード払いしてもいいですか。

と言います。

お会計が滞りなく終わったら日本で「ごちそうさまでした」という代わりに、

Thank you, have a good day /evening.
ありがとう、よい日を/夜を!

Thank you, bye!
ありがとう、さようなら!

と言って退店しましょう。

https://www.esolcourses.com/content/topics/food/eating-out/at-the-restaurant.html

おわりに

このように、イギリスには胸を張って勧めたい美味しい料理がたくさんあります。
そんなイギリス料理を本場ロンドンで、英語で注文することができたら
よりお食事が楽しめることでしょう。
皆さんも記事を参考に試してみてください。

 

スポンサーリンク


関連記事

  1. ホームステイで使える英語表現と知っておくべきホームステイ情報

  2. 英会話超初心者のための基礎表現

  3. 映画「ミッション・インポッシブル2」 使える英語フレーズ特集!

  4. こんなに違うの!?知らないと分からない「国名・地名」の英語発音

  5. 【初心者の英会話文法】 英語の5文型は、英会話に本当に必要なの?

  6. カナダやアメリカのスーパーで役立つポイントとレジでの英会話フレーズ!

PAGE TOP

英語の勉強法

企業の人事部必見!社員の英会話力のつけ方!

世界のメンター

Googleの創業者、ラリー・ペイジ ”Larry PageR…

英語の勉強法

渡辺直美のNY(ニューヨーク)の軌跡と夢と英語!

英語関連インフォ

アメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリアなど人気10カ国への留学のための学生ビ…

海外情報

オーストラリア英語とアメリカ英語の違いは?オーストラリアの文化も知ろう!

海外情報

すぐわかる!入管法改正と外国人労働者問題

英語の勉強法

小さい頃から英語に触れるメリットと英語教育を始めるタイミングや教育方法

海外情報

日本と海外のハロウィンの違いは?世界のハロウィンを覗いてみよう!

世界のメンター

日本を代表する実業家・資産家の孫正義氏のメンター

英会話の基礎

これだけおさえればOK! 使える基本の接客英語フレーズ