fbpx

英会話の基礎

オリンピックの英語: サッカー編(1)

いよいよ、東京オリンピックもあと3年に迫ってきました。

世界各国から、外国人の応援団や、観光客が多数来日することでしょう。
また、近年は、東京だけでなく、日本中のいたる観光スポットにも
外国人旅行客の姿を見るようになりました。

そんな中、外国人と知り合ったり、話す機会も増えてくるのではないでしょうか。
せっかく、他国の方とコミュニケーションを取れる機会があるのなら、
お互いの共通の話題で会話するのが最も盛り上がる方法のひとつです。

今回はオリンピックの競技でもあり、
世界で競技人口の最も多い「サッカー」について、
英語で会話するための基本的な単語や表現をお伝えしたいと思います。

サッカーは英語ではどう言うの?

~ Soccer それとも Football? ~

一般的に、北米では、サッカーを「Soccer」と呼び、
ヨーロッパや南米などの他の地域では「Football」と呼ばれています。

もし、北米で「Football」というと、それは全く異なったスポーツを意味してしまいます。
そう、アメリカンフットボールのことです。

「Football」というと、サッカーをすぐに連想する方もいらっしゃいますが、
実は、「Rugby Football」や「American Football」もあります。

そして、サッカーの正式名称を本当は、
「Association Football」と言います。

英語圏では、ニックネームで呼ぶことが非常に多く、
人名でもエリザベス(Elizabeth)をベス(Beth)と呼ぶように、
スポーツもニックネームを付けてきました。

例えば、ラグビー(Rugby Football)は「Rugger」と呼び、
サッカー(Association Football)は「Assoc」から「Assoccer」と呼ぶようになっていったのです。
そして、最終的に「As」が取れて、「Soccer」という言葉に変わったようです。

この言葉の起源はイギリスなのですが、不思議とイギリス人は現在、「Soccer」と呼びません。
むしろ、イギリス人に「Soccer」といったら、嫌な顔をされたり、
怒られたりするかもしれないほど嫌っています。

そして、イギリス人は「Soccer」をアメリカの言葉だと主張しますが、
皮肉なことに、実はイギリス人によって作られた言葉なのです。

スポンサーリンク

チームについて(日本代表など)

参照: http://www.jfa.jp

●サッカー日本代表: the Japan national football team
・・・ サッカーブラジル代表: the Brazil national football team
※サッカー日本代表は正確には上記ですが、ほとんどの場合、「Japan」と表記されます。

●日本代表メンバーリスト: Japan national football team roster
・・・ 日本代表チームの18人のリスト: a roster of 18 players for Japan

●会長: chairman
●監督: (head) coach
●監督代行: interim coach
●コーチ: assistant coach
●フィジカルコーチ: fitness coach
●選手: player (football player, soccer player)
●先発メンバー: line-up (starter)
・・・ 正ゴールキーパー: first-choice goalkeeper
●控え選手(サブメンバー): substitutes
・・・ 控えゴールキーパー: understudy goalkeeper
●キャプテン、主将: captain
●開催国: host
●国旗: a national flag
・・・ 日本の国旗: Flag of Japan
・・・ イギリスの国旗: Flag of the United Kingdom
●国歌: a national anthem

スタジアムについて

●サッカースタジアム: stadium
●グランド: pitch
●主審: referee
●副審: assistant referee
●観客: spectator
●応援団(サポーター): supporter

●ファーポスト、遠い方のゴールポスト: far post, back post
●ニアポスト、近い方のゴールポスト: near post
●バックライン: backline
●ペナルティーエリア: box
●ハーフウェーライン: halfway line
●タッチライン: touchline
●ペナルティーエリア: area

選手のポジションについて

★キーパー: A goal keeper / A goalie (GK)

★ディフェンダー: Defender (DF)
●スウィーパー: Sweeper (SW)
特定のマークを持たず、ストッパーの選手が抜かれた時や、カバーリングを行うポジション。
イタリア語でリベロ(libero)といいます。

●ストッパー: Stopper
「阻止する人」の意味する通り、相手FWの選手を1対1でマークし、自由にプレーさせないことを役割とするポジション。

●センターバック: Center Back (CB)
ディフェンスライン中央のゴール前方に位置するディフェンダー。

●サイドバック: Side Back(SB)
左右両サイドに位置するディフェンダーで、攻撃時には中盤の選手を追い越して前線に駆け上がり、ドリブルで切り込んだり、クロスボールを上げたりするポジション。

★ミッドフィールダー(中盤): Midfielder (MF)
●守備的ミッドフィルダー(ボランチ): Defensive Midfielder (DMF)
特にMFが2列で構成される場合にDFの前、中盤の底に配置されるポジション。 守備的という言葉が使用されているが、攻撃の組立を行なったり重要な役割を担う。 近代サッカーでは、守備ではピンチを未然に防ぎ、攻撃では開始位置になるため、最も重要なポジションとも言われている。 日本では、ポルトガル語でボランチと呼ぶことが多い。

●セントラルミッドフィルダー: Central Midfielder (CMF)
横並びに配置する際に、守備的MFと似た位置でありながら、攻撃の際には攻撃的な位置にまであがるポジション。 日本では、「センターハーフ」を当ポジションとして呼ぶことも多い。

●センターハーフ: Centre Half (CH)
古い呼び名で、MFがハーフバックと呼ばれたころに中央のハーフバックを示すもの。中盤における最後列で完全な守備にまわる時もあれば、セントラル・ミッドフィールダーのように前線に攻撃参加する時もある。

●トップ下: Offensive Midfielder (OMF)
FWの後方、MFの最前方に位置するポジション。 日本では司令塔だと思われがちだけれども、味方へのアシストや、自ら突破を仕掛けゴールを狙うような得点に直結するプレーを主に担う。
Offensive Halfともいう。

●サイドハーフ: Side Midfielder (SMF) (Side Half)
中盤のサイド、右と左に位置するポジション。 両サイドからの攻撃の組み立てやドリブル突破、センタリングといった攻撃面の能力が重視され、ミドルシュートなどを得意とする選手もいる。 日本では、右(左)の中盤、右(左)のハーフともいう。

●ウィングバック: Wing Back(WB)
3-5-2や3-6-1のフォーメーションの時に両サイドに置かれたミッドフィールダーの呼び方。 守備と攻撃両方の役割をこなすため、絶え間なく動き回るタフなポジション。

★フォワード(トップ) Forward(FW)
※フォワードは通常1~3人配置され、1人の場合はワントップ、
2人はツートップ、3人はスリートップと呼ばれる。
●センターフォワード: Center Forward (CF)
フォワードの中でも最前線の中央付近に位置し、最も得点力を重視されるポジション。 ファーストトップ(first top)とも呼ばれる。

●セカンドトップ: Second Top (ST)
センターフォワードよりやや下がり目のポジションで、セカンドストライカー(second striker)とも呼ばれる。

●ウィング: Wing (WG)、(Winger)
スリートップにおいて左右両サイドに配置されるフォワードのポジションでウインガー(winger)とも呼ばれる。

●ストライカー: Striker (ST)
積極的にシュートを撃って得点を狙うFWの選手をstrikerと呼ぶ。 特に得点の多いストライカーをエースストライカー(ace striker)と呼び、背番号9番をつけることが多い。

スポンサーリンク


関連記事

  1. ザ・ビートルズ(The Beatles)から英語を学ぼう

  2. P!nkに学ぶ英語表現

  3. 言いたいのに言えないジレンマ!日本人が良く使う「英語にしにくい日本語表…

  4. 応援ソングから励ましの英語を学ぶ

  5. 活きた英語を使うために - How are you?

  6. ちょっと差がつく中上級者の英会話(2)

PAGE TOP

世界のメンター

アップルの創業者、スティーブ・ジョブズのメンターたち

海外情報

世界各国の面白いクリスマス~変わったクリスマスがいっぱい!~

英語関連インフォ

スヌーピーの英語名言集~こころに響く一言から短文まで~

世界のメンター

Facebookの創設者、マーク・ザッカーバーグ(Mark Zuckerberg…

英語関連インフォ

【子供も歌える!】英語の有名なクリスマスソング 7曲

英語の勉強法

企業の人事部必見!社員の英会話力のつけ方!

世界のメンター

Googleの創業者、ラリー・ペイジ ”Larry PageR…

英語の勉強法

渡辺直美のNY(ニューヨーク)の軌跡と夢と英語!

英語関連インフォ

アメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリアなど人気10カ国への留学のための学生ビ…

海外情報

オーストラリア英語とアメリカ英語の違いは?オーストラリアの文化も知ろう!