fbpx

英会話の基礎

こんなに違うの!?知らないと分からない「国名・地名」の英語発音

「プラーグ」ってどこかご存知ですか?

私の夫はカナダ人です。海外の話題が大好きな彼。付き合い初めの頃は、最近あったニュースの話をしたり、旅行先を決める時などに地名を言われて「えっ?どこそれ?」となってしまう事が本当に良くありました。

日本の学校の英語の授業では、アメリカ・イギリス・ドイツ・ロシア・中国など日本に馴染みの深い国の英語名くらいしか習わないですし、実際にネイティブとそういった会話をするまで必要性も感じず、この分野はまったくノーマークだったんです。

でも、いざ会話の中で国名などを理解できないと、何となく教養のない人に思われてしまう気がして恥ずかしい思いをしました。「日本語でならちゃんと知っているのに!」と言いたくても既に話題は別の所へ…なんてことも。

「へー、ドイツはジャーマニーって言うんだ。全然違うなぁ。」なんて思った学生時代、もう少し興味を持って他の国名を調べていたら良かったな、なんて思います。

以下に主な「国名・地名」とその英語・発音記号(今回はアメリカ英語で統一しています)、そして参考までに読み方をカタカナで書いています。
(カタカナで英語の発音を正確に表現するのは無理なので、しっかり学びたい場合はweb辞書(weblioなど)の音声機能を使って、実際の発音を聞いてみてくださいね。)

スポンサーリンク

国名

オランダ → Netherland [néðɚləndz](ネザラーンド)※Holland [hάlənd](ホーランド)と言う場合もあります。
ホーランドはオランダと十分近いですが、ネザラーンドは完全に違いますよね。
筆者は最初ピーターパンの話かと思いました…。(ネバーランド)

ギリシャ → Greece [gríːs](グリース)
ギリシャヨーグルトも、英語圏ではグリーク(Greek)ヨーグルトです。

ウクライナ → Ukraine [juːkréɪn](ユークレイン)
パレスチナ → Palestine [pˈæləstὰɪn](パレスタイン)
イスラエル → Israel [ízriəl](イズリエル)
シリア → Syria [síriə](スィリア)

世界情勢を語る時よく出て来るこのあたりの国。知らないと教養のない人扱いに…。
特に上2つが分かりにくいです。

都市名

ウィーン → Vienna [viénə](ヴィエナ)
音楽の都、こちらもかなり違います。最初、ベネチアの事かと思ってしまいました…。

ベネチア → Venice [vénɪs](ヴェニス)
そんなベネチアはこちらです。これはベニスの商人などで馴染みがありますね。

ナポリ → Naples [néɪplz](ネイポルス)
同じくイタリアのナポリも表情がぐっと変わります。
ちなみに、ナポリに行ってもスパゲティナポリタンは食べられません。

フィレンツェ → Florence [flˈɔːrəns](フローレンス)
こちらも多くの人を悩ませるはず。でも「花の都」の意味は保たれていますね。

プラハ → Prague [prάːg](プラーグ)
美しい街です。この人気の旅行先もずいぶん違う発音に。

ミュンヘン → Munich [mjúːnɪk](ミュニック)
「ch」を「ク」と読まずにいられないのが英語圏の方々のようです。

ケルン → Cologne [kəlóʊn](コローン)
迫力満点のケルン大聖堂のあるドイツの大都市も、可愛らしい感じに。

チューリッヒ → Zurich [zˈʊ(ə)rɪk](ズリック)
「ch」を「ク」と読まずにいられないのが英語圏の方々のようです。(その2)

ジュネーバ → Geneva [dʒəníːvə](ジェニーヴァ)
十分近いので聞き取りは何とかなると思うのですが、自分が発音する場合に注意です。

アテネ → Athens [ˈæθɪnz](アセンツ)
ギリシャの首都も、「ア」しか合っていません。

いかがでしたか?

普段から英語で海外の話をしていないと、意外と知らない物が多いのではないでしょうか。
これだけ網羅しておけば、ニュースを見たり新聞を読んだりする時や、ディナーやパーティーでの会話が旅行の話になっても対応出来るはずです。頑張って覚えましょう。

実は日本語の方が「正しい」ケースが多いので、恥ずかしがる必要はなし

ところで、私は冒頭で「教養がないと思われたようで恥ずかしい思いをした」と書きましたが、知れば知る程「日本のカタカナ地名」と「英語の地名」の発音の違いは、英語側に問題がある事が分かってきました。
日本で使われているカタカナの地名は、他の国から伝わった場合を除き、ほぼ現地語に沿った表記になっています。

では英語の方は?と言うと、地名を勝手に読みやすいように変えてしまっている事が多いようです。日本語でも、「スウェーデン」や「スペイン」など英語とほぼ同じ発音の地名は現地語とはかけ離れていることが殆ど。これは英語話者を通して日本に伝わったせいなんです。

英語で会話をする以上、伝わらないと元も子もないですので英語の地名を覚える必要はありますが、間違えたり知らなかったりしても「本来の名前を勝手に変えてるのはそちらです!」と堂々としていましょう。

少しプライドの高い私は、まだ地名に慣れていなかった当初、会話で分からない地名が出て来て聞いたり調べた後などに「ああ、あそこね!日本での名前と英語での名前って全然違うから難しい~。」と「知らないのは英語名であって、その場所自体は知っていますよ!」という地味なアピールをしていました。

今回取り上げたのは地名だけですが、実は英語圏の人々が外国の物を何でもかんでも英語風発音に変えてしまう事って非常に多いんです。
(例えばIKEAは現地語では日本でもおなじみの「イケア」が近いですが、英語読みだと「アイキア」となります。)

グーグル翻訳の音声機能などを使って、英語ネイティブの人と「どっちの発音が現地語に近いかゲーム」をするのも盛り上がるのでオススメですよ。(殆ど日本語が勝ってしまうんですけどね。)

ライター:ごまさく

スポンサーリンク


関連記事

  1. なんでくしゃみすると「ブレスユー!」って言われるの?意味と歴史を解説!…

  2. 英語の「of」と日本語の「の」は同じ?

  3. フォーマルな表現とインフォーマルな表現!

  4. オリンピックの英語: サッカー編(1)

  5. 「ザ」?「ジ」?迷ってしまう「the」の発音と使い分け!

  6. 英会話を映画から学ぶ (ホームアローン)

PAGE TOP

世界のメンター

アップルの創業者、スティーブ・ジョブズのメンターたち

海外情報

世界各国の面白いクリスマス~変わったクリスマスがいっぱい!~

英語関連インフォ

スヌーピーの英語名言集~こころに響く一言から短文まで~

世界のメンター

Facebookの創設者、マーク・ザッカーバーグ(Mark Zuckerberg…

英語関連インフォ

【子供も歌える!】英語の有名なクリスマスソング 7曲

英語の勉強法

企業の人事部必見!社員の英会話力のつけ方!

世界のメンター

Googleの創業者、ラリー・ペイジ ”Larry PageR…

英語の勉強法

渡辺直美のNY(ニューヨーク)の軌跡と夢と英語!

英語関連インフォ

アメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリアなど人気10カ国への留学のための学生ビ…

海外情報

オーストラリア英語とアメリカ英語の違いは?オーストラリアの文化も知ろう!