fbpx

英会話の基礎

これだけおさえればOK! 使える基本の接客英語フレーズ

ワーキングホリデーでも特に人気の「サーバー」の職業。
いわゆるウェイトレスやウェイターの仕事です。
海外の飲食店で働くには英語で接客しなければいけないので、
ちょっとハードルが高く感じてしまう人もいるかもしれません。

【成果コミット型英会話ALUGO】

そこでこの記事では、海外のレストランなどの飲食店で働く際に役に立つ、
絶対に知っておくべき基本の接客英語フレーズをご紹介します。

海外の飲食店だけでなく、日本の飲食店で外国人観光客の方を接客するときにも
使えるので、飲食業界で働いている人は知っておくととても便利ですよ。
ぜひ、参考にしてみてくださいね。

入店時の接客英語基本フレーズ

まずは、お客様が店内に入ってきたときに使えるフレーズからご紹介します。

「いらっしゃいませ!」

Hi there!
Hi, how are you doing today?
Hello, how are you? 

お客様が店内に入ってくるときの英語での接客の仕方は、とってもフレンドリーです。
日本語の「いらっしゃいませ」という直接的な英語の表現は存在しないので、
日常的に誰かに挨拶をするのと同じように挨拶するのが一般的です。

このときの挨拶はお店の印象を決めるので、大きな声と笑顔で、
できるだけ相手の目を見て「ようこそ」という気持ちを表現できるとさらに良いですね。

「何名様ですか?」

How many people?
How many?
How many people are in your party?

レストランに入ってきたお客様に「How many?」と数を訪ねれば、
人数のことを聞かれていると誰でもわかるので「How many?」が言えればOKです。
海外のレストランではサーバーの方から「Two?」などと
人数だけを聞かれることもよくあります。

「こちらへどうぞ。」

Come this way please.
Please follow me.

お客様を席まで案内するときにさらっと言いましょう。

スポンサーリンク

席に案内してからの接客英語基本フレーズ

「こちらがメニューございます。」

Here is the menu.

Here isは「こちらが〜です」という表現です。
海外のレストランでは、注文されたものをお客様に提供するときに
頻繁に使うので覚えておくと良いでしょう。

「お飲み物は何になさいますか?」

Can I get you anything to drink?
Would you like something to drink?

多くの海外のレストランでは、食事のオーダーの前に飲み物の注文を伺います。

「ご注文はお決まりですか?」

Are you ready to order?
May I take your order?
What can I get for you?

どれもオーダーをとるときに使われる言い回しです。
May Iから始める文章は比較的丁寧な表現になります。

提供時の接客英語基本フレーズ

「こちらがあなたのハンバーガーです。」

Here is your hamburger.

Here is ~で料理名を言いながら提供しましょう。

「ごゆっくりどうぞ。」

Please enjoy your meal.
Enjoy your meal.
Enjoy.

【成果コミット型英会話ALUGO】

注文された料理を提供したあとにこの一言を言ってから去ると印象が良いですよ。

「お味はいかがですか?(何か必要なものはありますか?)」

How is everything?
Is everything alright?
Can I get you anything else?

海外のレストランでは、料理を提供した後にお客様の様子を確認するために
声をかけるのが一般的です。

「お済みのお皿をお下げしてもよろしいですか?」

May I take your plates?
Let me take your plates.
Finished?

お皿を下げるときにお客様に確認する一言です。

「お会計はいかがなさいますか?」

Would you like to pay by cash or credit card?
Do you need a machine?

二番目の言い回しも実際によく使われる言い回しです。
「machine」とは機械のことですよね。
この機械というのは、クレジットカードやデビットカードを通す機械のことを指します。
海外のレストランではテーブルで支払いを済ませることが多いので、
クレジットカードで支払いをしたい場合は店員さんがクレジットカードを
通す機械を持ってきてくれます。

「ご来店ありがとうございました。」

Thank you.
Have a nice day!

お客様を店内に迎え入れたときと同じように、お客様を見送るときも
一般的な別れ際の挨拶を行います。
来てくれてありがとう!という気持ちを込めて、
お客様の目を見て笑顔で言えると素敵ですね。

【ファーストフード店】で働く場合によく使うフレーズ

「いらっしゃいませ、何になさいますか?」

Hello, how can I help you?

「かしこまりました。」

OK.

「以上でよろしいでしょうか?」

Anything else?

「こちらでお召し上がりですか?お持ち帰りですか?」

For here or to go?

「合計で1300円になります。」

One thousand three hundred yen, please.

「出来上がりましたら、番号をお呼びいたします。」

We’ll call your number when it’s ready.

「出来上がりましたら、お持ちいたします。」

We’ll bring your order when it’s ready.

「すいません、注文を間違えたようです。」

Sorry, I don’t think I’ve got the right order.

「少しお待ちいただけますか?」

Could you wait for a minutes?

「本当にすいません」

I’m really sorry.

「こちらはサービス券(クーポン)です。」

Here is a coupon.

まとめ

今回は海外のレストランやファーストフードなどの飲食店で使える基本の接客フレーズをご紹介しました。
一つのフレーズに対していくつかの英語の言い回しがありますが、自分が言いやすいフレーズ、覚えやすいフレーズを選んで覚えるとよいでしょう。

どれも実際によく使われているフレーズなので、
日本で海外のお客様を英語で接客するときにも自信を持って使える英語です。

お客様に喜んでもらえるような最高のサービスを提供できるように心がけるとよいですね。

接客の会話で必要な表現をもう少し身につけたいなら…

あなたは、ESP(English for Specific Purposes「特定の目的のための英語」)
の学習法をご存知ですか?
英会話は基本的に、この方法で学ぶことが、最短の効果を生み出します

【成果コミット型英会話ALUGO】

このESPの学習は「ビジネス」や「芸術」、「スポーツ」、「医学」など幅広いジャンルで応用できるのですが、特に使用頻度の高い「接客の基礎やレストランに行った時の会話」などは是非、この学習法でさらっと覚えてしまいたいものです。

もし、この学習法にご興味がある方は、是非以下のサイトをご参考ください。

「Leaner Friendly」

スポンサーリンク


関連記事

  1. 英語で告白!歌詞の中の素敵な愛の言葉を使ってみよう!

  2. SNSやチャット向けの英語表現!

  3. P!nkに学ぶ英語表現

  4. 音楽からの英語勉強法 ― フランク・シナトラ

  5. 英会話を映画から学ぶ (ラブアクチュアリー)

  6. 英語の「of」と日本語の「の」は同じ?

PAGE TOP

英語関連インフォ

アメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリアなど人気10カ国への留学のための学生ビ…

海外情報

オーストラリア英語とアメリカ英語の違いは?オーストラリアの文化も知ろう!

海外情報

すぐわかる!入管法改正と外国人労働者問題

英語の勉強法

小さい頃から英語に触れるメリットと英語教育を始めるタイミングや教育方法

海外情報

日本と海外のハロウィンの違いは?世界のハロウィンを覗いてみよう!

世界のメンター

日本を代表する実業家・資産家の孫正義氏のメンター

英会話の基礎

これだけおさえればOK! 使える基本の接客英語フレーズ

英語の勉強法

TOEICを勉強しながら実践のビジネス英語力を身につける方法とは?

英語関連インフォ

海外駐在するときに必須な英語学習法と駐在のための豆知識!

世界のメンター

【海外で活躍する日本人の愛読書とは?!】柳井正氏 編