fbpx

英会話の基礎

「ザ」?「ジ」?迷ってしまう「the」の発音と使い分け!

みなさんご存知の「the」は、文法用語で「定冠詞」と呼ばれるもの。
単語の前に付けると「あの○○」「例の○○」といった、聞き手との共通認識が示されます。

この定冠詞「the」ですが、「ザ」と読んだり「ジ」と読んだり、使い分けがされていますよね。
日本では「母音の前はジ」と広く知られていますが、
実はこのルールが当てはまらないケースも多いんです。

【広告】会員数50万人突破!25分129円~のマンツーマンレッスンなら「レアジョブ英会話」

今回はこの使い分けの謎とネイティブの認識について、見ていきましょう。

 

発音の仕方のおさらい

そもそもきちんとした発音を知らないとよく理解できないと思うので、
本編に入る前におさらいです。
(知っている方は飛ばしてくださいね。)

この記事では便宜上「ザ」「ジ」と書いていますが、このままのカタカナ読みでは
実際の発音とはかけ離れています。

「ザ」は発音記号で書くと[ðə]、「ジ」は発音記号で書くと[ði]。

両方とも、舌の先を上下の前歯で軽く挟んだ状態からカタカナを短く読んでみて下さい。

慣れていないと戸惑うかもしれませんが、ネイティブの話す動画などを見て
感覚を掴んで下さいね。

それでは発音が分かった所で、本題です。

 

スポンサーリンク

母音の前だと「ジ」になる</h2)

基本的には「the」の発音は「ザ」ですが、母音の前は「ジ」になることが多いです。
これはみなさん学校の授業で教わったかもしれませんね。
(注: 「母音」とは、「a e i o u」の5つの音のこと。)

ただここでの母音はアルファベットのことではなく、
「音が母音になっている時」であることに注意が必要。
頭文字は母音でも発音が母音ではない「the university」は「ザ」になりますし、
頭文字が母音でなくても発音が母音になる「the hour」は「ジ」になります。

 

強調したい時も、「ジ」

母音ルールの他にも、「the」という単語の性質ならではの使い分けがあります。
形容詞の最上級を使ったり、特定の名詞を強調したい時の「ジ」です。

この場合は、後に続く単語の頭文字が母音か子音かは関係ありません

通常の用法では「the」の発音は控えめに流れるようにするのですが、
ここでは目立たせるのが目的。
一拍おいて、「ジ」とはっきり発音します。

こうすることで聞き手に「この後の単語に注目してね!」というサインを送るんですね。

 

ネイティブはそこまで気にしていない。最近では使い分けない傾向も。

今回なるべく多くのネイティブの意見に触れようと、
夫や周りのネイティブの意見だけではなく、
動画や英語の記事のコメント欄などにも目を向けてみました。

そこで驚いたのが、「違いがあることすら知らなかった」という意見が
意外とたくさんあったこと。

もちろん話のプロやスピーチをする時などは上のルールを意識するようですが、
実生活では大して気にしていない人が大半なんですね。

英語版Wikipediaにも、「近年のアメリカ英語では強調する用途でのみ「ジ」を使い、
他は母音の前でも「ザ」を使う人が増えている」との記述があります。

英語を学ぶ側にとってはありがたい傾向ですね。

ただ、文頭にある場合などにはっきり発音すれば違いは明らかですから、
やっぱり聞きなれない音の組み合わせには違和感があるようです。

カナダ人の夫に「『ジ』と『ザ』が間違っていたら気になる?」と聞いてみると、
「うーん、『ザ・アップル』はOK、『ジ・チューブ』は違和感がある。理由は分からない。」
となんとも歯切れの悪い回答が返ってきました。

それでもはっきりしていたのが、「間違えても意味が分かるから
別にそこまで気にならない」という点。

この2つ、日本人が思うほど大事な違いではないようです。

 

日本語にも、外国人が首を傾げるルールがある

「なんだか適当で気持ち悪いなぁ」なんて思ってしまう「ザ」と「ジ」の使い分けですが、
日本語にも似たような場面があります。

例えば、連濁と呼ばれるもの。
「とき+とき」→「ときどき」
「いけ+はな」→「いけばな」
「はな+ひ」→「はなび」
というように、2つの単語をつなげた時に濁点がつく現象です。

そしてもう一つ有名なのが、物の数え方。
「いっぽん、にほん、さんぼん(さんほん)、…」
「いっぴき、にひき、さんびき(さんひき)、…」
「いっぽ、にほ、さんぽ(さんぼ)、…」

これらは日本人なら自然に使い分けていますが、
いざ理由を聞かれると考えてしまいませんか?

試しに濁点や半濁点を除いたり加えたりしてみるとスムーズに言えなくなり、
「言いやすさからだったんだな」と分かりますね。

「ザ」と「ジ」の違いも、基本的には「言いやすさ」に重きを置いたもの
意味を変えるわけではないので、混同してもそこまで気にしない
というネイティブが多いんです。

 

結局は、言いやすい方を選べばOK

そもそも文中での「the」は小さく添えるような発音をするため、
「ジ」か「ザ」かはあまり目立ちません。(強調する時は別ですが。)

【広告】会員数50万人突破!25分129円~のマンツーマンレッスンなら「レアジョブ英会話」

英語の発音を練習していく過程で、だんだん「こっちの方が言いやすいな」
というのは掴めてくるもの。
普段の生活ではあまり深く考えず、言いやすい方で発音してしまいましょう。

ライター:ごまさく

参考:
http://www.quickanddirtytips.com/education/grammar/how-pronounce
https://en.wikipedia.org/wiki/The
https://www.englishclub.com/pronunciation/the.htm

 

 

スポンサーリンク


関連記事

  1. これだけおさえればOK! 使える基本の接客英語フレーズ

  2. “How are you ?”の答え方は意外に重要!

  3. ちょっと差がつく中上級者の英会話(1)

  4. ザ・ビートルズ(The Beatles)から英語を学ぼう

  5. 英語での雑談!スモールトークで使える便利な英会話フレーズ

  6. ちょっと差がつく中上級者の英会話(2)

PAGE TOP

英語の勉強法

企業の人事部必見!社員の英会話力のつけ方!

世界のメンター

Googleの創業者、ラリー・ペイジ ”Larry PageR…

英語の勉強法

渡辺直美のNY(ニューヨーク)の軌跡と夢と英語!

英語関連インフォ

アメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリアなど人気10カ国への留学のための学生ビ…

海外情報

オーストラリア英語とアメリカ英語の違いは?オーストラリアの文化も知ろう!

海外情報

すぐわかる!入管法改正と外国人労働者問題

英語の勉強法

小さい頃から英語に触れるメリットと英語教育を始めるタイミングや教育方法

海外情報

日本と海外のハロウィンの違いは?世界のハロウィンを覗いてみよう!

世界のメンター

日本を代表する実業家・資産家の孫正義氏のメンター

英会話の基礎

これだけおさえればOK! 使える基本の接客英語フレーズ